効果的な災害復旧のためには何をバックアップする必要がありますか。

すべてです。信頼できる災害復旧のためには、すべてのデータベースとファイルをコピーするだけではなく、それ以上の対応が必要です。サーバー、PC、NAS、SANなどのインフラストラクチャ全体には、重要な本番データが含まれています。完全なリカバリのためには、アプリケーション設定、オペレーティングシステム構成、ブックマーク、およびレジストリデータを取り込む必要があります。ハイパーバイザーとエンドポイントもバックアップする必要があります。CEOのノートブックには多くのサーバーに格納されているデータよりも重要なデータがある可能性があります。

アクロニスの特許取得済みのディスクイメージング技術はすべてのデータを自動的に処理します。アクロニスのバックアップはディスク上のすべてのデータ(空き領域やページングファイルなどの無関係な項目は除く)を取り込みます。

どこにデータをバックアップする必要がありますか。

ストレージの選択は、本番サイクル、コンプライアンス、企業ポリシーなどのさまざまな要因によって異なります。災害復旧の専門家として、3-2-1ルールに従うことを強くお勧めします。つまり、データの3個のコピーを少なくとも2つの種類のストレージメディアに保存し、少なくとも1個のコピーをオフサイトに保存します。

例えば、すべてのWindowsサーバー(ロケーション1)を中央のディスクベースのNAS(ロケーション2)にバックアップし、追加のコピーをオフサイトのクラウドに送信します。

すべてのアクロニスのバックアップ製品はこの3-2-1ルールに対応しています。アクロニスの製品では、複数のコピーを作成して、複数のストレージ保存先に送信できるだけではなく、非常に安全なAcronis Cloudとシームレスに統合しています。これによって、追加の作業を実行せずに、完全なシステムバックアップをオフサイトに送信して管理できます。

どのくらいの頻度でバックアップする必要がありますか。

頻繁にバックアップすると、損失するデータが少なくなることが保証されますが、この方法では必要な記憶領域が多くなります。バックアップの頻度を下げると記憶領域を節約できますが、前回のバックアップから災害が発生した時点までに作成されたデータが失われます。

この不確実性の期間はRPO(目標復旧時点)と呼ばれます。選択肢を評価し、コストの削減とRPOの短縮の間でバランスを見つける必要があります。中小企業の標準的なRPOは24時間(日次バックアップ)です。通常、変更の頻度が高い基幹業務系アプリケーションは数時間ごとにバックアップされます。

Acronis Backup製品には、スマートバックアップ機能があり、このバランスを調整できます。アクロニスの増分バックアップでは、前回のバックアップ以降に発生した変更だけを取り込むため、ストレージ要件が削減されます。また、重複除外ツールと圧縮ツールが組み込まれ、災害回復のニーズで妥協することなく、ストレージおよびネットワークの使用効率を最大化します。

災害復旧計画はテストする必要がありますか。

当然です。災害復旧計画が成功するかどうかは、使用されるバックアップツールだけではなく、ユーザーとプロセスの準備状況にかかっています。理想的には、3か月ごとに(長くても1年に1回)災害復旧手順をテストする必要があります。これらのテストの間とテストの後には、必ず災害復旧計画を修正して拡張してください。

アクロニスはこれらの手順を習得するお手伝いをいたします。優れた操作性だけではなく、ほとんどのアクロニスの製品には簡単な段階的な災害復旧手順が含まれており、バックアップの後には毎回自動的に災害復旧手順が従業員に電子メールで送信されます。

どのくらい迅速に災害からリカバリできますか。

災害復旧処理には時間がかかります。この時間は、災害が発生した時点から運用が完全にリカバリされるまでの時間です。この期間はRTO(目標復旧時間)と呼ばれます。1台のサーバーの場合の標準的な時間は2~24時間です。これよりも大規模なデータセンターの場合には、24~72時間必要な場合があります。会社全体を通常の業務に復元するには、さらに時間がかかる可能性があります。

アクロニスの製品を使用すると、大幅に時間を短縮できます。アクロニスの特許取得済みのイメージングによって設定全体を取り込むため、オペレーティングシステムの再インストール、アプリケーションの再構成、または個別のデータ復元は必要ありません。このような作業はすべて、1つのバックアップを使用して実行されます。また、アクロニスは優れた災害復旧サービスを提供しています。大量のバックアップデータをAcronis Cloudから貴社の施設まで配送することができるため、ネットワークを停滞させることがありません。

完全な災害復旧のためには同じハードウェアをプロビジョニングする必要がありますか。

いいえ。その必要はありません。災害が発生したら、現在の設定と全く同じ交換ハードウェアを探したり購入したりできない可能性があります。

すべてのAcronis Backup製品にはUniversal Restore機能があります。この高度なリカバリ技術によって、システム全体を完全に異なるメーカーまたはモデルのハードウェアに復元できます。従来のような複雑さはありません。物理サーバーを仮想コンピュータに復元することもできます。