Acronis

Linux サーバーのバックアップ と 復元ソリューション

Acronis
G2 サーバーバックアップリーダー
2024
企業向け
Acronis Cyber Protect
旧 Acronis Cyber Backup
統合と自動化を通じてエンドポイント保護と、バックアップ と ディザスタリカバリ、および管理の複雑さの軽減をする集中管理サイバープロテクションソリューション。
(最新) EDR

¥5,580/年から

サービスプロバイダー向け
Acronis Cyber Protect Cloud
サイバーセキュリティと、バックアップと復元、そして管理を一体化する統合サイバープロテクションプラットフォームによるシンプル化、サービスの簡略化、そしてコスト削減を実現。 MSP のためのオールインワンソリューション。

柔軟性の高い価格体系

Linux サーバーのクラウドバックアップと DR

  • ディスクイメージング技術
    ディスクイメージング技術
    Acronis AnyData Engine は、ローカルディスク、ネットワークストレージ、そしてクラウドなど、さまざまなバックアップターゲットに完全なイメージを保存します。
  • 自動スケジュールと増分バックアップ
    自動スケジュールと増分バックアップ
    バックアップを自動的にスケジュールし、増分バックアップを実行することで、ストレージの使用量を最適化し、バックアップ時間を短縮します。
  • 多彩なストレージオプション
    多彩なストレージオプション
    Linux サーバーをローカルディスク、ネットワークストレージ、またはさまざまなクラウド環境にバックアップすることで、具体的なバックアップ要件に適応させます。
  • 安全なデータ送信
    安全なデータ送信
    AES-256 暗号化を使用して、転送中およびストレージのデータのセキュリティを確保し、機密情報を保護します。
  • ファイルレベルのアクセシビリティと復元
    ファイルレベルのアクセシビリティと復元
    バックアップから特定のファイルやフォルダを簡単にナビゲートして取得し、正確なデータ復元のための粒度復元オプションを提供します。
  • ハイブリッドプロテクションによるレジリエンスの強化
    ハイブリッドプロテクションによるレジリエンスの強化
    信頼性の高い Acronis Cloud を含む複数のロケーションにバックアップコピーを保存し、不測の事態が発生した場合でもデータの可用性を確保します。
  • 柔軟な復元能力
    柔軟な復元能力
    ベアメタル復元を含め、単一のバックアップからファイル、フォルダ、ボリューム、またはサーバー全体を復元します。
  • クロスプラットフォーム互換性
    クロスプラットフォーム互換性
    さまざまな Linux ディストリビューションとファイルシステム間でのシームレスな互換性を実現し、多様な環境でのスムーズな動作を保証します。
  • 迅速なベアメタル復元
    迅速なベアメタル復元
    災害後のダウンタイムを最小限に抑えるべく、 Linux サーバーを迅速に元のロケーションや、異なるハードウェア、またはバーチャルデスクトップに復元することで、復元プロセスを迅速化します。
  • 柔軟な復元手段
    柔軟な復元手段
    ローカルまたはリモートでのデータの復元や、ポイントインタイムリカバリの活用、そして仮想マシンの即時リカバリなど、さまざまなリカバリシナリオに対応します。
  • クロスプラットフォームのマイグレーション
    クロスプラットフォームのマイグレーション
    Linux システムを仮想環境や異なるハードウェアにシームレスにマイグレーションし、システム管理を簡素化し、柔軟性を高めます。
  • 包括的なデータ保護
    包括的なデータ保護
    ブロックレベルのデータ圧縮を搭載しており、バックアップ速度と、ストレージ要件、そしてネットワークパフォーマンスを最適化します。
  • データのプライバシーを守る安全な暗号化
    データのプライバシーを守る安全な暗号化
    AES-256 暗号化を使用して、転送中および保存時も機密情報を保護し、機密性とインテグリティを確保します。
  • 自動 Recovery Manager
    自動 Recovery Manager
    システム起動時に Acronis Startup Recovery Manager から Linux サーバーのための Acronis バックアップにアクセスすることで、復元プロセスを簡素化します。
  • 信頼性の高いバックアップテストと検証
    信頼性の高いバックアップテストと検証
    バックアップを定期的に検証することで、データのインテグリティと Linux システムの復元可能性を確保し、潜在的なリスクとダウンタイムを最小限に抑えます。
  • バックアップ冗長性の確保
    バックアップ冗長性の確保
    Acronis Cloud とローカルストレージを含む複数のロケーションにバックアップコピーを保存することで、データの可用性とレジリエンスを高め、データ損失のリスクを軽減します。

Solutions

Acronis Cyber Protect
企業向け

統合と自動化により、エンドポイントプロテクション、バックアップ、ディザスタリカバリ、および管理を合理化する一元化されたサイバー保護ソリューション。

Acronis Cyber Protect Cloud
サービスプロバイダー向け

サイバーセキュリティ、データ保護、管理を統合したサイバー保護プラットフォームによるシンプル化と、サービスを合理化し、コストを削減します。

お客様の声 4.8

  • 高度な機能を提供する素晴らしいソリューション

    バックアップのサイバープロテクション。 あらゆるサイバー攻撃からバックアップを保護する必要がある企業にとって最適なソリューションであり、完全なバックアップとセキュリティを備えたパッケージです。

    Akbar Q 氏
    インフラストラクチャエンジニア
    Rate Rate Rate Rate Rate
    Rate Rate Rate Rate Rate
    4.5
  • 優れた操作性

    このソフトウェアは驚くほど操作が簡単です。 カスタマーのすべてのサーバーとクラウドサービスをバックアップするために使用しています。 とても簡単に復元することができます。

    James.H 氏
    Verified Acronis user
    Rate Rate Rate Rate Rate
    Rate Rate Rate Rate Rate
    5
  • Acronis Cyber Protect はストレスなく利用できます

    極めて精巧に設計されているため、統合が非常に容易で、マシンをストレスなくロールアウトできます。 導入したすべてのサイトにわたって、 1 つのペイン上に多くの情報が表示されます。

    Martin V. 氏
    シニアエンジニア
    Rate Rate Rate Rate Rate
    Rate Rate Rate Rate Rate
    5

実績のある保護機能を貴社のビジネスに

CRN Security 100 List
CRN Security 100 List
AV-TEST participant and test winner
AV-TEST participant and test winner
ICSA Labs endpoint anti-malware certified
ICSA Labs endpoint anti-malware certified

よくある質問

FAQ

  • Linux に最適なバックアップツールは何ですか?

    Linux サーバーに最適なバックアップツールといえば、 Linux サーバーのための Acronis バックアップが群を抜いています。 革新的な Acronis AnyData Engine を搭載することで、データのキャプチャと復元を容易に行うための包括的なソリューションを提供しています。 保護する対象が個々のファイルや、フォルダ、またはシステム全体のいずれであっても、 Acronis バックアップはわずか数クリックでシームレスなプロセスを実現します。

    100 を超える特許を持つ Acronis AnyData Engine により、仮想と、物理、クラウド、およびモバイルなどの環境全体でデータのキャプチャと、保存、復元、制御、およびアクセスを行うことができます。 この高度なエンジンでは、特許取得済みのディスクイメージング技術を活用し、オペレーティングシステムと、アプリケーション、設定、およびデータを含むイメージベースのバックアップを作成できます。 Acronis バックアップの柔軟性は復元にも及んでおり、互換性の問題を心配することなく、同じハードウェアや、異なるハードウェア、あるいはベアメタルマシンにイメージを復元することができます。

    特筆すべき機能の1つは、増分バックアップと差分バックアップのサポートです。これは、前回のバックアップ以降の変更点のみをキャプチャすることで、時間を節約し、ストレージスペースとネットワークパフォーマンスを最適化します。 さらに、ブロックレベルのデータ圧縮機能が内蔵されているため、バックアップのボリュームが削減され、速度が向上し、ストレージ要件が最小限に抑えられ、ネットワーク負荷が軽減されます。 軍事グレードの AES-256 暗号化により、データは転送中および保存時も保護されるため、機密情報が不正アクセスから守られることを保証します。

    Linux サーバーのための Acronis バックアップは、直感的なインターフェイスを備えているため、 IT の専門知識がほとんどないユーザーでもインストールと設定を簡単に行うことができます。 このソリューションは、幅広い Linux ディストリビューションと、ファイルシステム、そしてストレージメディアをサポートしており、あらゆる規模のビジネスにとって汎用性の高い選択肢となっています。 Red Hat Enterprise Linux や、 Ubuntu 、 SUSE Linux Enterprise Server 、またはその他の一般的なディストリビューションをお使いの場合でも、 Acronis バックアップは完全な互換性を実現します。

    災害が発生した場合でも、 Linux サーバーのための Acronis バックアップは迅速な復元を可能にします。 Linux サーバーを同じロケーションや、異なるハードウェア、あるいは仮想デスクトップに数分以内に復元することができます。 ローカルでもリモートでもデータを迅速に復元できるため、ビジネス継続性を確保し、ダウンタイムを最小限に抑えることができます。 Acronis が提供するハイブリッドプロテクションにより、バックアップコピーを Acronis Cloud を含む複数のローカルおよびクラウドのロケーションに保存することができ、さらなる保護レイヤーを提供します。

    結論として、 Linux サーバーのための Acronis バックアップは、そのシームレスな統合と、自動化された機能、柔軟な復元オプション、および堅牢なデータ保護機能により、 Linux 用の最高のバックアップツールとしての地位を確立しています。 中小企業でもエンタープライズでも、 Acronis バックアップは Linux サーバーのデータの安全性とレジリエンスを保証する拡張性の高いソリューションを提供します。 今すぐ Linux サーバーのための Acronis バックアップの性能と信頼性を体験し、重要なデータを確実に保護しましょう。
  • Linux サーバーでバックアップすべきファイルは何ですか?

    Linux サーバーのバックアップに関しては、バックアップに含める必要のあるファイルを特定し、優先順位をつけることが極めて重要です。 具体的なファイルはサーバーの目的や構成によって異なりますが、常にバックアップを考慮すべき重要なファイルがあります。

    第一に、サーバーの設定ファイルを優先しましょう。 これらのファイルには、サーバーの動作や機能を定義する重要な設定やパラメータが含まれています。 このようなファイルの例としては、 Web サーバー(Apache または Nginxなど)や、データベースサーバー(MySQL または PostgreSQLなど)、その他のサーバーソフトウェアの設定ファイルなどが挙げられます。

    次に、システムファイルとディレクトリのバックアップが不可欠です。 これらには、ルートディレクトリ(/)とそのサブディレクトリが含まれます。これにはオペレーティングシステムの重要なコンポーネントが格納されています。 システムファイルをバックアップすることで、致命的な障害や破損が発生した場合に、サーバーを機能的な状態にリカバリする能力を確保できます。

    アプリケーションファイルとデータベースもバックアップに含める必要があります。 これらのファイルは通常、特定のディレクトリに存在し、サーバー上で実行されるさまざまなアプリケーションのための重要なデータや設定を保持しています。 例えば、 Web サイトのファイルや、コンテンツ管理システム、 Eメールサーバーのデータ、またはサーバー上で実行されているその他のカスタムアプリケーションやサービスなどがあります。

    さらに、貴重なユーザーデータを保護するために、ユーザーファイルとホームディレクトリをバックアップする必要があります。 これらのディレクトリには、重要な文書や、個人的なファイル、そしてユーザー固有の設定などが含まれていることがよくあります。 バックアップにそれらを含めることで、誤って削除したり、ハードウェア障害やその他のデータ損失が発生したりしてしまった場合でも、個々のユーザーデータを確実に復元することができます。

    バックアップする特定のファイルやディレクトリは、サーバーの役割や目的によって異なる可能性があることは注目に値します。 例えば、ファイルサーバーは共有データディレクトリのバックアップを優先し、データベースサーバーはデータベースファイルのバックアップに専念します。 Linux サーバーのセットアップに関連する特定のファイルやディレクトリについては、システム管理者または IT 専門家に相談することをお勧めします。

    結論として、 Linux サーバーをバックアップする場合、設定ファイルや、システムファイル、アプリケーションファイル、そしてユーザーデータなど、重要なファイルを優先的にバックアップすることが極めて重要です。 このような重要なファイルをバックアップ戦略に含めることで、予期せぬデータ損失やシステム障害が発生した場合でも、サーバーとその貴重なデータを確実にリカバリすることができます。
  • どうすれば Linux サーバーをバックアップできますか?

    Linux サーバーのバックアップは、データの安全性と復旧性を確保するための重要なタスクです。 Linux サーバーを効果的にバックアップするには、以下の重要な手順に従ってください:

    1. 重要なデータの特定: バックアップが必要なファイルや、ディレクトリ、そしてデータを特定する。 これには、設定ファイルや、システムファイル、アプリケーションファイル、ユーザーデータ、およびサーバーのセットアップに固有のその他の重要なデータが含まれます。

    2. バックアップ方法の選択: 要件に応じて適切なバックアップ方法を選択する。 オプションには、ディスクイメージングと、ファイルレベルのバックアップ、またはその両方の組み合わせがあります。 ディスクイメージングはサーバー全体のスナップショットを作成しますが、ファイルレベルのバックアップは特定のファイルやディレクトリを対象とします。 バックアップ速度と、ストレージ容量、そしてリ復元の要件などの要素を考慮して方法を選択します。

    3. バックアップメディアの選択: ニーズに最適なバックアップメディアやストレージデバイスを決める。 オプションには、ローカルディスクや、ネットワークストレージ、外付けドライブ、そしてクラウドストレージなどがあります。 より確実に保護するために、バックアップの複数のコピーを異なるロケーションに保存しておくことをお勧めします。

    4. バックアップスケジュールの設定: 一貫性のあるデータ保護を保証するために、定期的なバックアップスケジュールを設定する。 データの変更率とサーバーの重要性に基づいて、バックアップの頻度を決定します。 定期的にスケジュールを見直し、必要に応じて調整してください。

    5. バックアッププロセスの自動化: バックアップソフトウェアや ツールを活用し、バックアッププロセスを自動化する。 これらのツールは、増分バックアップや、圧縮、暗号化、そしてスケジュール機能などの機能を提供します。 これらのツールはバックアッププロセスを簡素化し、人的ミスを最小限に抑え、一貫性のあるデータを保証します。

    6. バックアップのテスト: 定期的にテスト復元を行い、バックアップのインテグリティと復元可能性を検証する。 この手順により、バックアップが有効であることが保証され、データ損失やシステム障害が発生した場合でも信頼することができます。

    7. オフサイトバックアップの実装: 局地的な災害やハードウェア障害から守るために、オフサイトバックアップの実装を検討する。 これには、バックアップをリモートロケーションでレプリケーションしたり、クラウドストレージサービスを利用したりすることが含まれます。 オフサイトバックアップにより追加の保護レイヤーを設け、ビジネス継続性を確保します。

    8. バックアップの監視と維持: 定期的にバックアッププロセスを監視し、エラーや中断なくスムーズに実行できるようにする。 バックアップログを定期的に確認し、期限切れのバックアップの完全削除やストレージ使用率の最適化などのメンテナンスタスクを実行します。

    以下の手順を踏むことで、 Linux サーバーに強固なバックアップ戦略を確立することができます。 データ要件やビジネスニーズの変化に対応するために、バックアップ計画を定期的に見直してアップデートすることを忘れないでください。
  • Acronis Cyber Protect で Linux サーバーをリモートバックアップするにはどうすればいいですか?

    Acronis Cyber Protect を使用してリモートから Linux サーバーをバックアップするには、次の手順に従ってください:

    1. Acronis Cyber Protect のインストール: まず、バックアップする Linux サーバーとリモートバックアップ先の両方に Acronis Cyber Protect ソフトウェアをインストールする。 両方のシステムがソフトウェアの要件と互換性を満たしていることを確認します。

    2. バックアップソースの設定: Linux サーバー上で Acronis Cyber Protect ソフトウェアを起動し、リモートでバックアップするファイルや、ディレクトリ、またはシステム全体を選択する。 必要に応じて、圧縮や、暗号化、そしてバックアップスケジュールなどのバックアップの設定をカスタマイズします。

    3. リモートバックアップ先の設定: バックアップを保存するリモートバックアップ先を指定する。 これは、ネットワーク接続されたストレージデバイスや、クラウドストレージ、または別のリモートサーバーから選択できます。 適切なアクセス権限とリモートバックアップ先への接続性があることを確認してください。

    4. バックアップオプションの設定: 要件に基づいてバックアップオプションを微調整する。 Acronis Cyber Protect は、増分バックアップと、差分バックアップ、そしてバージョニングなどの機能をサポートしています。 これらのオプションをカスタマイズして、ストレージの使用とバックアップの速度を最適化します。

    5. リモート管理の有効化: Acronis Cyber Protect のリモート管理機能を有効にし、バックアップアクティビティをリモートで監視・管理する。 これにより、バックアッププロセスの制御と、ログの確認、そしてメンテナンスタスクの実行をリモートロケーションから実施することができます。

    6. バックアップとリカバリのテスト: リモートバックアップのインテグリティと復元可能性を確認するために、定期的なテストを実施する。 リカバリープロセスをテストし、必要なときにデータを正常に復元できることを確認します。 このステップにより、バックアップ戦略の有効性が確保されます。

    7. バックアップ活動の監視: バックアップアクティビティを定期的に監視し、スケジュール通りにエラーなく実行されていることを確認する。 Acronis Cyber Protect は、バックアップの状態や潜在的な問題を知らせる監視ツールと通知機能を提供します。

    8. メンテナンスとアップデート: 最新のパッチとアップデートで Acronis Cyber Protect のソフトウェアとバックアップインフラを常に最新の状態に保つ。 定期的にバックアップ戦略を見直し、変化する要件とビジネスのニーズに基づいて最適化してください。

    以下の手順を実行することで、 Acronis Cyber Protect を使用して Linux サーバーをリモートからバックアップできるようになります。 本ソフトウェアの包括的な機能とリモート管理機能により、 Linux サーバーのデータを保護し、ビジネス継続性を確保するための信頼性の高い効率的なソリューションを提供します。
  • どうすればサーバーを自動バックアップできますか?

    サーバーのバックアップ処理を自動化するには、以下の手順に従ってください:

    1. バックアップソリューションを選択: 自動バックアップをサポートし、サーバーの要件を満たすバックアップソリューションを選択する。 スケジューリングと、自動化オプション、およびサーバーのオペレーティングシステムとの互換性などの機能を確認してください。

    2. バックアップ頻度の決定: サーバーのバックアップ頻度を決定する。 データの変更率やサーバーの重要性などの要素を考慮してください。 一般的なオプションには、日単位と、週単位、そして月単位のバックアップがあります。

    3. バックアップスケジュールの設定: バックアップソフトウェアまたはツールを設定して、定期的なバックアップスケジュールを作成する。 バックアップの頻度と、希望する時間、およびバックアップの特定の日または間隔を指定します。 バックアップのスケジュールが重要なサーバー運用と競合しないことを確認してください。

    4. バックアップ範囲の定義: 自動バックアップに含めるファイルや、ディレクトリ、そしてシステムコンポーネントを決定する。 これには、重要な設定ファイルや、システムファイル、アプリケーションデータ、そしてユーザーデータなどが含まれます。 サーバーのセットアップに関連する適切なファイルとディレクトリを選択したことを確認してください。

    5. バックアップオプションの設定: バックアップの設定をカスタマイズして、ストレージの使用量とバックアップのパフォーマンスを最適化する。 オプションには、圧縮と、暗号化、増分バックアップ(変更点のみをバックアップ)、そして差分バックアップ(前回の完全バックアップ以降の変更点をバックアップ)などがあります。 これらのオプションをサーバーの要件と利用可能なリソースに基づいて調整してください。

    6. バックアップ先の選択: 自動バックアップを保存するバックアップ先を指定する。 これはローカルディスクや、ネットワークストレージ、外付けドライブ、またはクラウドストレージから選択できます。 選択した保存先に十分なストレージ容量と適切なアクセス権限があることを確認してください。

    7. バックアップとリカバリのテスト: 自動バックアップのインテグリティと復元可能性を確認するために、定期的なテストを実施する。 この手順により、バックアップが有効であることが保証され、データ損失やシステム障害が発生した場合でも信頼することができます。

    8. バックアップステータスの監視 :自動バックアッププロセスを定期的に監視し、スケジュール通りにエラーなく実行されていることを確認する。 バックアップソリューションが作成するバックアップログと、通知、そしてダッシュボードを監視し、バックアップの状態や潜在的な問題について常に情報を得ることができます。

    9. メンテナンスとアップデート: 最新のパッチとアップデートでバックアップソフトウェアとバックアップツールを常に最新の状態に保つ。 定期的にバックアップ戦略を見直し、変化する要件とビジネスのニーズに基づいて最適化してください。 自動バックアップソリューションの効果を確認するために、定期的な見直しを検討すしてください。

    以下の手順を踏むことで、サーバーのバックアッププロセスを自動化し、定期的かつ信頼性の高いデータ保護を実現できます。 自動バックアップにより、データ損失のリスクを最小限に抑えることができ、サーバーの重要なファイルやデータを手動で操作しなくても定期的にバックアップされるので安心です。

申し訳ありません。ご利用のブラウザはサポートされていません。

現在ご利用のブラウザのバージョンは、弊社の新しいウェブサイトと互換性がないようです。ただし、この問題は簡単に解決できます。ウェブサイトを正しい状態でご覧になるには、ブラウザをアップデートしてください。