Acronis

MSP とビジネス向け Microsoft Azure VM バックアップ と復元ソリューション

Acronis
G2 サーバーバックアップリーダー
2023
企業向け
Acronis Cyber Protect
旧 Acronis Cyber Backup
統合と自動化を通じてエンドポイント保護と、バックアップ と ディザスタリカバリ、および管理の複雑さの軽減をする集中管理サイバープロテクションソリューション。
(最新) EDR

¥100/年から

サービスプロバイダー向け
Acronis Cyber Protect Cloud
サイバーセキュリティと、バックアップと復元、そして管理を一体化する統合サイバープロテクションプラットフォームによるシンプル化、サービスの簡略化、そしてコスト削減を実現。 MSP のためのオールインワンソリューション。

柔軟性の高い価格体系

Microsoft Azure のクラウドバックアップとDR

  • Acronis Active Protection
    Acronis Active Protection
    AI技術で現代のサイバー脅威からデータを守ります。 自動的なランサムウェア攻撃からの復旧を提供し、静的および振舞い検知マルウェア対策で防御を強化し、ゼロデイの脅威に対抗します。
  • ファイルおよびディスクのバックアップ
    ファイルおよびディスクのバックアップ
    アクロニス はファイルレベルのバックアップと完全ディスクバックアップをサポートしています。 ファイルレベルのバックアップでは、特定のファイルやフォルダをバックアップできます。一方で、ディスクレベルバックアップでは、オペレーティングシステム、アプリケーション、データを含むシステム全体をバックアップします。
  • 柔軟なバックアップストレージオプション
    柔軟なバックアップストレージオプション
    アクロニス ホステッドクラウドストレージ、 Microsoft Azure や Google Cloud Storage のようなパブリッククラウド、そして自前のクラウドストレージまたはローカルネットワークストレージにデータをバックアップします。
  • Acronis Instant Restore
    Acronis Instant Restore
    災害発生時には、目標復旧時間(RTO)をほんの数分まで短縮します。 Acronis Instant Restore は、バックアップから直接 VM としてシステムを起動させることが可能で、ダウンタイムを最小限に抑えます。
  • バックアップの暗号化
    バックアップの暗号化
    アクロニス は、転送中および保存時のデータに AES-256 暗号化を使用しています。 この機能により、バックアップのロケーションに関係なく、常にセキュリティが確保されていることを保証します。
  • ランサムウェア対策バックアップ
    ランサムウェア対策バックアップ
    不変ストレージでランサムウェア攻撃からバックアップを保護。 バックアップされたデータは、暗号化や削除することができません。そのため、ランサムウェア攻撃の際に迅速にリカバリすることができます。
  • 増分バックアップ/差分バックアップ
    増分バックアップ/差分バックアップ
    速度とストレージ使用量を最適化するために、増分バックアップ(増分または完全バックアップ以降の変更)または差分バックアップ(最後の完全バックアップ以降の変更のみ)から選択してください。
  • 重複除外
    重複除外
    データの重複を検出してストレージを効率的に管理し、同一データの重複保存を防ぎます。
  • 迅速なベアメタル復元
    迅速なベアメタル復元
    災害後のダウンタイムを最小限に抑えるべく、 VM サーバーを迅速に元のロケーションや、異なるハードウェア、または他のクラウドに復元することで、復元プロセスを迅速化します。
  • 隔離されたネットワーク環境でフェールオーバーをテスト
    隔離されたネットワーク環境でフェールオーバーをテスト
    Acronis は、分離されたネットワーク環境でディザスタリカバリ計画を実行することにより、ディザスタリカバリ計画の効果を検証することを可能にします。
  • ポイントツーサイト VPN 接続
    ポイントツーサイト VPN 接続
    ポイントツーサイト VPN 機能は、ローカルでもクラウド内でも、ファイルへのセキュアアクセスを提供し、災害発生時であっても、データアクセスとセキュアな接続を簡素化します。
  • シームレスなデータマイグレーション機能
    シームレスなデータマイグレーション機能
    Acronis では、 Azure VM 間や クラウド間を含め、あらゆるソースからあらゆる宛先へのシステム全体または特定データのマイグレーションを容易にします。

Solutions

Acronis Cyber Protect
企業向け

統合と自動化により、エンドポイントプロテクション、バックアップ、ディザスタリカバリ、および管理を合理化する一元化されたサイバー保護ソリューション。

Acronis Cyber Protect Cloud
サービスプロバイダー向け

サイバーセキュリティ、データ保護、管理を統合したサイバー保護プラットフォームによるシンプル化と、サービスを合理化し、コストを削減します。

お客様の声 4.8

  • 高度な機能を提供する素晴らしいソリューション

    バックアップのサイバープロテクション。 あらゆるサイバー攻撃からバックアップを保護する必要がある企業にとって最適なソリューションであり、完全なバックアップとセキュリティを備えたパッケージです。

    Akbar Q 氏
    インフラストラクチャエンジニア
    Rate Rate Rate Rate Rate
    Rate Rate Rate Rate Rate
    4.5
  • 優れた操作性

    このソフトウェアは驚くほど操作が簡単です。 カスタマーのすべてのサーバーとクラウドサービスをバックアップするために使用しています。 とても簡単に復元することができます。

    James.H 氏
    Verified Acronis user
    Rate Rate Rate Rate Rate
    Rate Rate Rate Rate Rate
    5
  • Acronis Cyber Protect はストレスなく利用できます

    極めて精巧に設計されているため、統合が非常に容易で、マシンをストレスなくロールアウトできます。 導入したすべてのサイトにわたって、 1 つのペイン上に多くの情報が表示されます。

    Martin V. 氏
    シニアエンジニア
    Rate Rate Rate Rate Rate
    Rate Rate Rate Rate Rate
    5

実績のある保護機能を貴社のビジネスに

よくある質問

FAQ

  • Azure VM のバックアップソリューションとは?

    ネイティブバックアップは Microsoft Azure に組み込まれている機能であり、 Azure 仮想マシン(VM)などの他のデータソースに対して信頼性の高いバックアップと復元機能を提供するように設計されています。 これにより、ユーザーが OS や、システムの状態、およびすべての接続されたディスクを含む VM 全体をシャットダウンせずにバックアップできるようにします。

    この機能は、 Azure のスナップショット技術を使用して、 VM の時点でのバックアップを取ります。 バックアップデータは復元サービスの格納域に保管され、復元ポイントの組み込み管理と簡単な復元をサポートし、組み込みの監視とアラート機能を提供します。

    ただし、 Azure VM バックアップはある程度のデータ保護を提供しますが、すべてのエンタープライズレベルのバックアップ要件を完全に満たすとはかぎりません。 高度なレポートや、粒度レベルの復元、および複数のバックアップタイプ(ファイルまたはディスクバックアップ、増分または差分バックアップなど)のサポートといった機能は存在しません。 さらに、ランサムウェア対策のような高度なセキュリティ機能や、複雑なディザスタリカバリ能力も提供していません。 このような理由から、高度なデータ保護と管理機能を包括的に提供する Acronis のような堅牢なサードパーティのソリューションを使って、ネイティブな Azure VM バックアップを補完することにはメリットがあります。
  • Azure のビルトインバックアップソリューションは、サードパーティのバックアップ と 復元ソフトウェアよりも優れていますか?

    Azure の仮想マシン(VM)内のネイティブバックアップソリューションは、 VM の完全バックアップと、スケジュールされたバックアップ、ポイントインタイム復元、および Azure の信頼性の高いストレージインフラストラクチャの使用など、いくつもの基本的な機能を提供します。 ですが、具体的なニーズによってはこれらの機能だけでは不十分な場合があるため、 Acronis のようなサードパーティのソリューションを補完する必要があるかもしれません。
    理由は以下のとおりです:

    粒度の高いバックアップと復元: Azure のネイティブ VM バックアップは、主に仮想マシン全体のバックアップに焦点を当てています。 それに対して、 Acronis はより高い粒度を提供しており、特定のファイルまたはフォルダや、ディスク/ボリューム、そしてシステムの状態および設定をバックアップすることができます。

    アンチマルウェア: Azure のネイティブバックアップは、高度な脅威保護機能を提供していません。 Acronis は AI ベースの技術を統合し、ランサムウェアとマルウェアからバックアップを保護するための先進的な防御を提供製品としています。これにより、現代のサイバー脅威からバックアップのインテグリティを守ります。

    バックアップの種類とストレージオプション: Azure では、 VM の完全バックアップと Azure のストレージに限定されています。 Acronis は、複数のバックアップタイプ(差分バックアップと増分バックアップ)や柔軟なストレージオプション(Acronis Hosted Storage や、 Google Cloud Storage または Microsoft Azure などのパブリッククラウド、そして自前のクラウドストレージまたはローカルネットワークストレージ)を提供しています。

    データの重複除外: Azure のネイティブバックアップは同一のデータを2回以上保存しないことで、ストレージ要件を削減できるデータの重複除外を提供していません。 Acronis はこの機能を提供し、ストレージスペースを節約して、ネットワーキングの負荷を軽減します。

    バックアップ暗号化: Azure は基本的なデータ暗号化を提供していますが、 Acronis は転送中および保存時のデータに対して一歩進んだ AES-256 データ暗号化を提供し、データセキュリティを強化しています。

    通常、サードパーティ製のソフトウェアのレポートとアラートの機能の方がより堅牢であり、バックアップの状況と全体的なセキュリティ姿勢についてより良い理解を提供します。 さらに、それらのサービスは多くの場合、マルチクラウドとハイブリッド環境のサポートを提供するため、多様なITインフラストラクチャを持つビジネスにとって重要です。

    ディザスタリカバリに関して、 Azure のビルトイン機能は基本的なものであり、多くのビジネスでは十分ではない可能性があります。 対して、サードパーティ製のソフトウェアは、包括的なディザスタリカバリオプションを提供し、組織化された復元プロセスと、自動化されたフェールオーバーとフェールバック、そしてディザスタリカバリ計画の定期的なテストを可能にします。

    結論として、 Azure のネイティブ VM バックアップサービスは基本的な保護を提供するので、一部のビジネスにとっては十分かもしれません。 ですが、多くのビジネスにとっては、サードパーティのソリューションが提供する高度で包括的な保護と復元の機能が不足しています。

    Acronis のような包括的なソリューションを Azure VM のネイティブバックアップに追加することで、データを完全に保護し、規制遵守を満たし、バックアップの管理における柔軟性と効率性を向上させることができます。

    選択をする前に、特にビジネス継続性とディザスタリカバリ戦略を考慮に入れて、具体的にニーズを評価することが重要です。
  • どうすれば Azure VM サーバーをバックアップできますか?(Acronis Cyber Protect を使用して)

    Acronis Cyber Protect を使用して Azure VM サーバーをバックアップするには、いくつかの手順を守る必要があります:

    Acronis Cyber Protect を導入する: まだ導入されていない場合は、 Azure VM に Acronis Cyber Protect エージェントを配置する必要があります。 これは Acronis Cyber Cloud の管理ポータルを通じて実施できます。

    バックアップ計画を作成する: それぞれのニーズに合ったバックアップ計画を作成してください。 バックアップの種類(フルシステムや、ディスク/ボリューム、または個々のファイル/フォルダ)を選択し、バックアップが実行される頻度を指定し、暗号化や継続的データ保護のような詳細設定を設定することができます。

    バックアップ計画を適用する: バックアップ計画を作成したら、それを Azure VM に適用する必要があります。 これはバックアップ計画作成画面から直接行うことができます。または、デバイスダッシュボードから適切なバックアップ計画を選択することで行うこともできます。

    バックアップを実行する: 計画を適用後、バックアップはスケジュール設定に基づいて自動的に実行されます。 必要に応じて、いつでもバックアップを手動スタートすることもできます。

    バックアップを監視する: Acronis Cyber Protect の監視とレポートの機能を使用して、バックアップの進行状況と、ステータス、および潜在的な問題を追跡します。 これにより、バックアップが正常に作成され、保存されるようになります。

    バックアップをテストする: バックアップを定期的にテストし、データの完全性と復元の成功を確認します。 Acronis Cyber Protect を使用すると、バックアップをドライブとしてマウントして内容を参照したり、安全かつ隔離された環境でシステムの完全なリカバリを実行したりすることができます。

    いつでも組織のバックアップと復元に関するポリシーに従うことが大切です。より具体的な詳細や手順については、 Acronis Cyber Protect の公式文書を参照してください。


    (Acronis Cyber Protect Cloud 付属):

    Acronis Cyber Protect Cloud を使用して Azure VM サーバーをバックアップするには、次の手順に従ってください:

    Acronis Cyber Protect Cloud を設定する: まず、 Acronis Cyber Protect Cloud にアカウントを設定する必要があります。 これは、 Acronis の Web サイトにアクセスし、アカウントを登録することで行うことができます。

    Acronis エージェントを導入する: アカウントを持っている場合、アクロニス エージェントを Azure VM のサーバーに配置する必要があります。 保護したい VM を選択し、 Acronis Cyber Protect Cloud コンソールからアクロニス エージェントを配置することで、 Azure Portal から行うことができます。

    バックアップ計画を作成する: エージェントを配置後、 Acronis Cyber Protect Cloud のアカウントにログインし、「デバイス」タブに移動します。 使用している Azure VM サーバーを選択し、「バックアップ計画を作成する」をクリックしてください。 ここでは、バックアップの頻度や、保持ルール、そしてストレージのロケーションを含むバックアップの設定をカスタマイズできます。

    バックアップタイプと宛先を選択する: Acronis Cyber Protect Cloud は、マシン全体や、ディスク/ボリューム、ファイル/フォルダ、またはシステムの状態など、複数のバックアップタイプをサポートしています。 お客様のニーズにあったものをお選びください。 バックアップ先も選択することができます。 これは Acronis クラウドや、自前のローカルストレージ、または Azure のストレージのような他のパブリッククラウドにすることができます。

    バックアップを実行し、監視する: 使用している Azure VM のサーバーに計画を適用してください。 バックアップは、スケジュール設定に基づいて実行されます。 必要に応じて、手動でバックアップを開始することもできます。 バックアップの状態を確認するには、 Acronis Cyber Protect Cloud の監視とレポートツールを使用してください。

    バックアップをテストする: データを必要時に復元することができるように、定期的にバックアップをテストすることが重要です。 Acronis は、セキュリティの高い環境で個々のファイルまたはシステム全体をリカバリすることができます。

    これらの手順に従うことで、 Acronis Cyber Protect Cloud を使用して、 Azure VM のサーバーを堅牢で信頼性の高いバックアップで保護することができます。 より具体的な指示が必要な場合や問題に遭遇した場合は、公式の Acronis 文書またはサポートを参照してください。
  • 災害発生時に、 Azure VM のデータをリカバリすることは可能ですか?

    災害発生時には、 Azure のデータリカバリ能力がビジネス継続性を確保する上で重要です。 Azure が提供するネイティブバックアップソリューションと、 Acronis Cyber Protect のようなサードパーティのバックアップソリューションの両方がデータ復元のオプションを提供していますが、ディザスタリカバリ(DR)のためのサードパーティのバックアップソリューションを使用することには大きな利点があります。

    Azure でのネイティブバックアップ: Azure VM には、スケジュールされたバックアップと、増分バックアップ、および Azure Recovery Services 格納域のオフサイトストレージなどの基本的バックアップ機能を組み込んだビルトインバックアップソリューションが含まれています。 このネイティブバックアップを使用すると、データを直接 Azure VM またはオンプレミスのインフラストラクチャに復元することができます。
    いくつかのデータ復元オプションが提供されていますが、包括的なディザスタリカバリに関しては制限があります。 主にデータバックアップに焦点が当てられており、効率的な DR 操作に必要な高度な機能が不足しています。 自動フェールオーバー機能や、集中管理、または堅牢なディザスタリカバリ戦略に必要な高度なセキュリティ対策は提供していません。

    サードパーティのバックアップと Acronis Cyber Protect: Acronis Cyber Protect は、包括的なサイバープロテクションソリューションであり、伝統的なバックアップを超えて、バックアップと、アンチマルウェア、その他のセキュリティ機能を 1 つのソリューションに統合します。 効果的なディザスタリカバリを可能にする方法は以下のとおりです:
    高度なデータ復元: Acronis Cyber Protect は、迅速で信頼性の高い復元オプションを提供します。 Instant Restore と Universal Restore のような機能を使用すると、システム全体または特定のファイルやアプリケーションを迅速にリカバリすることができ、ダウンタイムを減らし、データ損失を最小化することができます。
    自動化されたディザスタリカバリ: Acronis Cyber Protect には、フェールオーバーやフェールバックなどの自動化されたディザスタリカバリ機能が含まれています。 これらの機能は、災害発生時にスタンバイ環境へのシームレスな移行を可能にし、サービスの運用を中断せず、サービスの停止を最小限に抑えます。
    集中管理: Acronis Cyber Protect は、集中管理コンソールを提供しており、これにより、複数の Azure VM や他の環境にわたるバックアップと復元操作を 1 つのインターフェイスから管理および監視することができます。 このため、管理が合理化され、ディザスタリカバリ戦略の管理が簡素化されます。
    強化されたセキュリティ: Acronis Cyber Protect は、バックアップと高度なセキュリティ対策を組み合わせています。これには、アンチマルウェア、ランサムウェア対策、および暗号化が含まれます。 これらのセキュリティ機能は、バックアップと、復元、および日常の操作中にデータを保護し、データ侵害のリスクの低減してデータのインテグリティを確保します。
    柔軟性と互換性: Acronis Cyber Protect は、バックアップストレージオプションにおける柔軟性を提供し、 Acronis クラウドや、 Azure のようなパブリッククラウド、またはローカルストレージにバックアップを保存することができます。 また、物理的なものから、仮想環境、クラウド、モビリティ環境まで、幅広いプラットフォームをサポートしており、多様な IT インフラストラクチャに包括的な保護を提供します。
    専門的なサポートとガイダンス: Acronis は、ディザスタリカバリのニーズに対応するための専門的なテクニカルサポートと専門知識を提供しています。 そのチームは、顧客の具体的な要件に合わせて効果的な DR 戦略を設計し、実装するのを支援できます。これにより、 Azure データの最適な保護が確保されます。

    つまり、 Azure のネイティブバックアップソリューションは基本的なバックアップ機能を提供しますが、 Acronis Cyber Protect のようなサードパーティのバックアップソリューションは、ディザスタリカバリシナリオに特化した包括的な機能セットを提供するということです。 高度な復元オプションや、自動フェールオーバー、集中管理、強化されたセキュリティ、そして専門的なサポートを備えたサードパーティのバックアップソリューションが、災害時の Azure データ復元に対してより堅牢で信頼性の高いソリューションを提供します。
  • Azure VM をバックアップする必要がありますか?

    はい、 Azure 環境、特に Azure 仮想マシン(VM)や他の重要なデータは、バックアップすることを強く推奨します。 Azure は高可用性のためのインフラストラクチャの冗長性とデータレプリケーションを提供しますが、デフォルトでは包括的なバックアップと復元機能は提供していません。 以下は、 Azure をバックアップするべき主な理由です:

    データ損失の脅威: データの破損と、誤削除、およびその他のヒューマンエラーにより、 Azure 内でのデータ損失を引き起こす可能性があります。 バックアップがあることで、データ損失やビジネスの破壊を最小限に抑え、復元できるデータのコピーを保持していることを確認します。これにより、永久的なデータ損失を防止し、ビジネス停止を最小限に抑えることができます。

    悪意あるアクティビティに対する保護: ランサムウェア攻撃のようなサイバーセキュリティの脅威は、 Azure を使用している組織を含め、あらゆる組織にとって常に存在するリスクです。 定期的なバックアップによって保護層を追加し、身代金を支払うことなく、また長期的な影響を受けることなく、データをクリーンな状態にリカバリすることを可能にします。

    コンプライアンスおよび法的要件: 多くの業界では、データの保持と保護に関して特定のコンプライアンスおよび法的義務があります。 バックアップを実装することで、これらの要件を満たし、コンプライアンス監査や法的要求をサポートするための信頼性の高いデータ復元メカニズムを設定することができます。

    Azure の停止と障害の軽減: Azure の堅牢なインフラストラクチャにもかかわらず、サービスの停止と障害が発生することがあります。 オフサイトのバックアップを保持することで、 Azure 特有の問題に影響を受けないデータの独立したコピーを確保することができます。 これにより、迅速にサービスを復元し、ビジネス継続性を維持することができます。

    粒度復元オプション: 包括的なバックアップソリューションを使って Azure 環境をバックアップすることで、さまざまなレベルの粒度復元を実行することができます。 リカバリするものが個々のファイルや、フォルダ、アプリケーション、または VM 全体であっても関係なく、バックアップは必要に応じて特定のコンポーネントをリカバリできる柔軟性を提供します。

    柔軟性と移植性: バックアップは、オンプレミスのインフラストラクチャや他のクラウドプラットフォームなど、異なる環境にデータとアプリケーションを復元する柔軟性を提供します。 このポータビリティは、あなたが単一のプロバイダーに固定されず、変化するビジネスのニーズに適応したり、必要に応じて代替プラットフォームにマイグレーションしたりできることを保証します。

    拡張データ保護: Azure は一部のビルトインバックアップ機能を提供していますが、すべてのデータソースを対象としていない場合や、クロスプラットフォームのバックアップや、暗号化、または包括的な復元オプションのような高度な機能を提供していない可能性があります。 Acronis Cyber Protect Cloud などのサードパーティのバックアップソリューションを使用することで、より幅広いデータソースをカバーし、高度なデータ保護機能を提供する、より堅牢で豊富な機能のバックアップサポートを提供できます。

    結論として、 Azure は信頼性の高いクラウドインフラを提供していますが、データ損失と、サイバー攻撃、コンプライアンス要件、そしてサービスの停止に対抗するためには、 Azure 環境のバックアップが不可欠です。 包括的なバックアップ戦略を実装することで、 Azure リソースの管理におけるデータの可用性と、回復性、そして安心感を確保できます。
  • アクロニス は Microsoft Azure からデータをバックアップ・復元できますか?

    はい、 Acronis は Microsoft Azure からデータをバックアップ・復元することができます。 Acronis は、 Azure 環境専用に設計された包括的なバックアップと復元機能を提供しています。 Acronis を使用することで、 Azure のインフラストラクチャ(Azure 仮想マシン(VM)やその他のデータソースを含む)を保護し、データ損失やシステム障害が発生した場合でもデータの可用性と回復性を確保することができます。

    Acronis は、 Microsoft Azure からのデータのバックアップおよび復元のための以下の機能を提供しています:

    1. Azure VM のバックアップ: Acronis は、オペレーティングシステムや、アプリケーション、そしてデータを含む完全な Azure VM をバックアップすることを可能にします。 このため、 Azure のワークロードに対する包括的な保護が確保され、データ損失や VM の故障が発生した場合に、 VM を以前の状態に復元することができます。

    2. 柔軟な復元オプション: Acronis は柔軟な復元オプションを提供しており、データや VM を元の Azure 環境に復元する、またはオンプレミスのインフラストラクチャや他のクラウドプラットフォームなどの代替ロケーションに復元することができます。 この柔軟性により、特定のニーズと運用要件に合わせて復元戦略を適応させることができます。

    3. 粒度復元: Acronis は粒度復元を可能にしており、 Azure のバックアップから個々のファイルや、フォルダ、または特定のアプリケーションのデータを復元することができます。 このレベルの粒度は、データ復元プロセスを効率化し、必要なデータのみを選択的にリカバリすることでダウンタイムを削減します。

    4. 増分バックアップと差分バックアップ: Acronis は、バックアップの効率を最適化し、ストレージ要件を削減するために、増分バックアップと差分バックアップの技術を利用します。 初回の完全バックアップ後、 2 回目以降のバックアップは、最後のバックアップ以降に行われた変更のみをキャプチャします。これにより、バックアップ時間とストレージ消費を最小限に抑えます。

    5. 暗号化とセキュリティ: Acronis は、転送中および保存時のデータに対して AES-256 暗号化を提供することで、データセキュリティを確保します。 この暗号化により、バックアップ中や、転送中、およびストレージ中にデータを保護し、バックアップされたデータにアクセスして復元できるのは承認された当事者だけであることを保証します。

    6. 集中管理と監視: Acronis は集中管理と監視機能を提供し、 Azure VM 全体でバックアップアクティビティを簡単に設定と、スケジュール、そして監視することを可能にします。 この集中管理のアプローチでバックアップ管理を簡素化し、バックアップ環境の包括的なビューを提供します。

    Acronis を活用することで、 Microsoft Azure からのデータを確実にバックアップし、復元することができます。これにより、データ保護と、回復可能性、およびビジネス継続性が確保されます。 Acronis の堅牢な機能と包括的なバックアップ能力は、 Azure の配置に対する堅牢なバックアップと復元ソリューションを求める組織にとって信頼できる選択肢となります。

申し訳ありません。ご利用のブラウザはサポートされていません。

現在ご利用のブラウザのバージョンは、弊社の新しいウェブサイトと互換性がないようです。ただし、この問題は簡単に解決できます。ウェブサイトを正しい状態でご覧になるには、ブラウザをアップデートしてください。