プレスセンター

アクロニス、ブロックチェーン技術のイニシアチブの立ち上げとサービスプロバイダおよび企業向けのデータ信憑性ソリューションのプロトタイプ提供開始を発表

ブロックチェーン技術を適用して「改ざん防止」データ保護ソリューションを提供するアクロニス
当リリースは2016年5月25 日に米国で発表されたリリースの抄訳をベースにしています。

マサチューセッツ州バーリントン、2016年5月25日 - ハイブリッドクラウドデータ保護におけるグローバルリーダーであるアクロニスは、本日、データ保護のためのブロックチェーン技術のアプリケーションを開発する戦略的イニシアチブを発表しました。アクロニスは、「改ざん防止」データストレージとブロックチェーンを利用してデータの信憑性、プライバシー、コントロールを保証する検証可能な同期/共有ソリューションの提供を当初のおもな目的とした専門の研究開発チームを構成してきました。画期的なブロックチェーン技術は、異なる参加者や参加組織にわたって分散してデジタルイベントの記録を提供するものであり、世界中の企業および組織に向けて幅広いデータ保護の新しい利用ケースを切り開く可能性を秘めています。

データ保護の大きな可能性を示すブロックチェーン
今日のデジタル世界に存在する資産の多くは、所有者や本物であるかを定義して追跡することが困難であり、コストもかかります。ブロックチェーンはこの問題を解決するために、あらゆる種類のデータやトランザクションの信憑性とセキュリティを全世界的に確保します。そのため、一元化されたシステムのコストや複雑さが軽減し、さらにデータの「改ざん防止」を可能にします。ブロックチェーンを利用すれば、データやトランザクションは、システムの参加者間の合意ルールによってのみ更新でき、新しいデータの入力時にそのデータを消去することはできません。

ブロックチェーン技術を適用して「改ざん防止」データ保護を可能にするアクロニス
アクロニスは、現在の利用ケースを追求、開拓するという照準を絞った独自のアプローチによって、特定のデータ保護の問題を解決するためのブロックチェーン活用方法を調査しています。個人や企業がオリジナル情報の整合性を維持しなければならない利用ケースに対して、ブロックチェーンによってデータやトランザクションを改ざんから保護するという方法を使用できます。

たとえば、アクロニスは現在、データストレージソリューションおよびファイル同期/共有ソリューションを、ブロックチェーン技術によっていつでもデータの整合性を監視して有効性を保証できるように拡張しています。ブロックチェーンを利用して改ざんから保護できるデータには、資産や診療の記録、株式譲渡、裁判関連の一連の証拠文書、警察のビデオや防犯カメラの記録、IT監査の対象になる長期的なアーカイブ、さらに複数の個人や組織が大量のデータおよび情報を安全に保存、交換できる共同事業体のデータストレージなどが挙げられます。

ブロックチェーンを利用したアクロニスのデータ認証「プロトタイプ」の提供開始
当イニシアチブの一環として、アクロニスはプロトタイプソリューションを公開し、パートナーのサービスプロバイダやエンドユーザーに対して、データ保護におけるブロックチェーン技術の高い能力を紹介しています。このプロトタイプでは、ブロックチェーンを利用して、タイムスタンプと信憑性の証明によってデータを検証し保護する例を示しています。アクロニスはこのプロトタイプを公開することで、ブロックチェーン技術のデータ保護の潜在的な利用ケースに関する情報を集めることを目指しています。データ保護におけるブロックチェーンの市場ニーズや可能性をより深く理解するため、参加者の皆様には名前と連絡先情報の提供をお願いしています。

詳細情報やプロトタイプの利用については、こちらをクリックしてください。

「ブロックチェーンの可能性はビットコイン取引に到底収まるものではなく、従来のシステムよりも大幅に低コストでデータ保護と信憑性を実現できます」と、ブロックチェーン技術のプロバイダであるEthereumの共同創立者Vitalik Buterin氏は述べています。「ブロックチェーン技術を自社のソリューションに適用することにより、アクロニスは私どもの知る限り、この革新的な技術によってデジタル記録やトランザクションに新たなレベルのデータ保護をもたらす最初のデータ保護ベンダーとなります」

「ブロックチェーンの可能性を最大限引き出せれば、データ保護に対してこれまでにないレベルのデータの信憑性、プライバシー、コントロールを確保できるようになります」と、アクロニスの共同設立者で最高経営責任者(CEO)であるSerguei Beloussovは述べています。「実際のアプリケーションを公開することで、ブロックチェーンが持つ力と潜在的な利用ケースを理解していただけます。アクロニスのソリューションが皆さまの助言を得て、データ保護におけるこの技術の多大な潜在能力を解き放つことができると確信し、そのことを嬉しく思います」

アクロニスについて
アクロニスは、バックアップ、ディザスタリカバリ、セキュアアクセスソリューションによって次世代データ保護の標準を確立します。コアテクノロジーであるAnyDataエンジンを活用し、仮想、物理、クラウド、モバイルといったさまざまな環境のシステム、ファイル、アプリケーションを対象に、容易かつ安全で、包括的なバックアップとセキュアアクセスを実現します。 2003 年の設立以降、アクロニスは、世界145か国の500万人以上の個人ユーザーと50万社以上の企業ユーザーのデータを保護しています。100件以上の特許を保有したアクロニスの製品は、移行、クローン作成、レプリケーションを含むさまざまな機能を備えています。 詳細については、http://www.acronis.comをご覧ください。また、最新情報など、ソーシャルメディアでも提供しております。

Twitter:https://twitter.com/acronis_japan.
Facebook : http://www.facebook.com/acronisjapan



アクロニスについて

アクロニスは、革新的なバックアップランサムウェア対策ディザスタリカバリストレージ企業向けファイル同期・共有ソリューションによって、サイバープロテクションハイブリッドクラウドストレージの標準を確立します。AIベースのActive Protectionテクノロジーブロックチェーンベースのデータ証明、独自のハイブリッドクラウドアーキテクチャにより強化されたアクロニスの製品は、物理、仮想、クラウド、モバイルのワークロードおよびアプリケーションを含む、あらゆる環境のあらゆるデータを保護します。

アクロニスは2003年にシンガポールで設立され、現在世界中で500万人以上の個人ユーザーと、世界のトップ企業100社のうち79社を含む50万社以上の企業に信頼されています。


9384