Microsoft AzureでAcronis Backup 12.5をテストするために必要なもの

記事

アクロニスはこのたび、Acronis Backup 12.5を発表し、正式リリースの数週間前に多くのユーザーが新しいデータ保護テクノロジーをテストできるよう、一般公開しました。

テストする方法は多数ありますが、その際、利用できる予備のハードウェアがない場合は、Microsoft Azureを使用することもできます。Azureを使用されたことがない方には特におすすめします。Microsoftでは、新しくアカウントを作成するすべてのユーザーに30日間の無料試用版を提供しています。ぜひ、この特典をご利用ください。

Acronis Backup 12.5の主要機能のテストに必要なのは、1台のコンピューターまたは仮想マシンだけです。ただし、グループユーザーロール、その他の高度な機能をテストするには、2台以上の仮想マシンが必要になります。

  1. Microsoft Azureの新規アカウントを作成する方法
  2. Microsoft AzureでWindowsおよびLinuxの仮想マシン(VM)を作成する方法
  3. Microsoft AzureでAcronis Backup 12.5インストールのポートを開く方法
  4. Acronis Backup 12.5をWindows VMにインストールする方法
  5. Windowsサーバーを既存のAcronis Backup 12.5 クラスターに追加する方法
  6. Acronis Backup 12.5をLinux VMにインストールする方法

Acronis Backup 12.5は簡単にテストできます。表示される内容に沿って設定するか、公式の評価ガイドをご覧ください。リリースノートユーザーガイドを参照したり、アクロニスのフォーラムコミュニティに参加したりすることもおすすめします。

フィードバックはすべてAcronisBackup12Beta@acronis.comに送信できます。