ハイブリッドクラウドアーキテク チャとは何か(そしてどのように 機能するのか)?

現代のビジネスITは、より速く、より複雑で、常に利用可能な 接続を求めています。マネージドサービスプロバイダ(MSP) にとって、ハイブリッドクラウドアーキテクチャは、これらの クライアントの要求を満たすための簡単で効率的、かつ安全な 手段を提供します。しかし、ハイブリッドクラウドストレージ ソリューションから得られるメリットがあるにもかかわらず、 ハイブリッドクラウドのアプローチとハイブリッドクラウドの 

AcronisCyber Protect Cloud

それでも、ここ数年でハイブリッドクラウドサービスの人気が高まっています。2015 年から2016年の間にハイブリッドクラウドの普及率は3倍に伸び、昨年のIBMの調査で は、98%の企業が近々複数のハイブリッドクラウドの利用を計画していることが明ら かになりました。残念ながら、同じ調査では、これらの企業の半数以上が、効果的な マルチクラウド管理のためのツールやプロセスが不足していることも指摘されていま す。 

これは、ハイブリッドクラウドアーキテクチャへの関心が高い一方で、ハイブリッド クラウドに対する理解が追いついていないことを示唆しています。データ管理に対す るハイブリッドクラウドのアプローチを基本的に理解し、ハイブリッドクラウドサー ビスがMSPと顧客に適しているかどうかを判断するために、このクイック概要ガイド をご確認ください。

ハイブリッドクラウドとは何ですか? 

ハイブリッドクラウドの定義は、ベンダーがこの用語を造語し、それが何を意味する のか、何に関係するのかを選択したために、長年にわたって変化してきました。しか し今日では、ハイブリッドクラウドアーキテクチャの定義はより強固なものとなって います。 

ハイブリッドクラウド 
ハイブリッドクラウドとは、パブリッククラウドとプライベートクラウドを組み合 わせたコンピューティング環境のことで、データやアプリケーションをパブリック クラウドとプライベートクラウドの間で共有することができます。コンピューティ ングや処理の需要が変動した場合、ハイブリッドクラウドコンピューティングを利 用することで、企業はオンプレミスのインフラストラクチャをパブリッククラウド にシームレスに拡張してオーバーフローに対応することができますが、サードパー ティのデータセンターからデータ全体にアクセスする必要はありません。企業は、 基本的なコンピューティング・タスクや機密性の低いコンピューティング・タスク ではパブリッククラウドの柔軟性とコンピューティング・パワーを活用しながら、 ビジネス・クリティカルなアプリケーションやデータを企業のファイアウォールの 後ろで安全にオンプレミスで維持することができます。 [Microsoft Azure]

ハイブリッドクラウドのメリット 

24時間一貫してデータにアクセスしたいという顧客のニーズが高まり、ダウンタイム のコストが1時間あたり25万ドルに達し、データの移行が従来のデータセンターから 離れていく中で、ハイブリッドクラウドを構成するリソースの組み合わせは非常に貴 重なものとなっています。これらのハイブリッドクラウドのメリットには、データス 

トレージの多様化によるサイバーセキュリティの強化、データ展開とITサービスの柔 軟性の向上、他のクラウドアーキテクチャオプションと比較した場合の大幅なコスト 削減の可能性などがあります。 

ハイブリッドクラウドストレージの多様化 

ハイブリッドクラウドアーキテクチャにより、MSPはパブリッククラウドやプライ ベートクラウドを含む多様なプラットフォームの組み合わせを取り入れることができ ます。幅広いハイブリッドクラウドストレージのオプションを提供することで、より 幅広い顧客を惹きつけ、新しい市場セグメントへの扉を開き、場所やデバイスの種類 に関係なく、すべての顧客のデータセキュリティとアクセシビリティを確保すること ができます。 

ハイブリッドクラウドソリューションの柔軟性 

最も評価されているハイブリッドクラウドのメリットの1つは、その柔軟性です。 MSPにとって、ハイブリッドクラウドのアプローチは、必要なときに必要な場所にリ ソースを提供する一方で、常時稼働の機能に必要な費用を最小限に抑えることを可能 にします。「クラウドバースト」として知られるハイブリッドクラウドサービスは、 プライベートクラウドとパブリッククラウドを構成して、IT需要の増減により効率的 に対処し、サービスの中断を減らしたり、排除したりします。 

ハイブリッドクラウドのコスト削減

MSPがハイブリッドクラウドソリューションに切り替える際に見過ごせない要素は、 複数のソリューションとそれに付随するハードウェア、トレーニング、メンテナンス 時間を単一のハイブリッドクラウドアーキテクチャに置き換えることで得られるコス 
ト削減です。ハイブリッドクラウドの複雑さがコスト増につながると考える人もいま すが、使いやすさとスケーラビリティの向上により、ハイブリッドクラウドのコスト と総所有コスト(TCO)を低く抑えることができる。 

ハイブリッドクラウドサービスの仕組 みとは? 

ハイブリッドクラウドは、パブリッククラウドとプライベートクラウドを組み合わせ て、データを環境間でシームレスに移動できるようにします。この相互接続性は、ま ずデータの仮想化によって可能になり、次にアプリケーション・プログラミング・イ ンターフェース(API)、仮想プライベート・ネットワーク(VPN)、ワイド・エリ 
ア・ネットワーク(WAN)などの接続ツールやプロトコルによって可能になります。 

hybrid cloud network

ハイブリッドクラウドアーキテクチャを構成する環境には、それぞれメリットと用途 があります。これらをすべて1つのハイブリッドクラウドに統合したり、特に大規模な データを扱う場合はマルチクラウド環境にしたりすることで、ITインフラストラク チャと顧客のデータ、アプリケーション、およびシステムの両方について、データの 安全性、アクセシビリティ、プライバシー、認証性、およびセキュリティをより確実 に管理できるようになります。 

このようにMSPとクライアントの両方のデータの制御が強化され、上述した他のハイ ブリッドクラウドの利点があるため、インフラストラクチャは非常に大きな成長を遂 げています。実際、来年までには90%の組織がハイブリッドクラウドのインフラスト ラクチャ管理を採用し、ハイブリッドクラウドの市場規模が驚異的な成長を遂げると ガートナーは報告しています。 

それでも、クラウドコンピューティングの世界を探求し始めている、あるいはクラウ ドコンピューティングの提供を拡大しようとしているMSP組織にとって、どのクラウ

パブリッククラウドとプライベートク ラウドとハイブリッドクラウド 

クラウドソリューションに投資し、顧客データを新しいクラウドストレージに移行す ることを選択することは、特に「クラウド」という抽象的な概念がより具体的になる と、威圧的になることがあります。パブリッククラウド、プライベートクラウド、お よびハイブリッドクラウドの違いを理解することは、MSPビジネスにとって最良の選 択をするための鍵となります。 
しかし、最終的には、顧客に何を提供したいのかによって、組織に適したクラウドソ リューションを見つけることができるかどうかが決まる。クラウド導入の選択肢には それぞれ長所と短所があり、ハイブリッドクラウドサービスの利点はあっても、すべ ての人に適した単一のソリューションはありません。 

 Public cloudPrivate cloudHybrid cloud
 Public cloudPrivate cloudHybrid cloud
Ideal App TypesPublic clouds are ideal for CRMs, email tools, online office apps, collaboration apps, and HR apps.Private clouds are ideal for supporting R&D, analytics, supply chain management, ERP, and BI apps.Since hybrid cloud services combine both cloud types, all app types can be safely stored and accessed.
TenantsPublic clouds are open to an unlimited number of cloud tenants.Private clouds are dedicated to your organization.Hybrid clouds have a mix of tenant structures, allowing for customizable data movements.
Storage LocationOff-premises. Cloud service providers own and manage public clouds and you access them online.On-site or off-premises. Private clouds can be hosted in your data center or at a cloud service provider’s data center.On-site or off-premises. Hybrid cloud architecture incorporates resources in your environment and in third-party data centers.
SecurityPublic clouds offer reduced security and control. As a result, they may not comply with your regulations.As the only organization accessing your private cloud, you maintain complete security and control over your stored data and apps.Hybrid cloud security offers a blend of security and accessibility, enabling you to control where specific data is stored and accessed.
FlexibilityPublic cloud infrastructure is concrete, but due to its online accessibility, it offers highly flexible sharing and collaboration.Private clouds are designed to meet your specific IT needs. It can be customized further at any time for improved flexibility.Hybrid cloud solutions provide the best of both worlds, empowering you to take advantage of both public and private clouds.
Potential CostsPublic clouds are often free, freemium, or pay for what you use. The provider manages all maintenance costs.Private clouds represent a comparatively expensive solution, both for initial deployment and ongoing maintenance.Hybrid cloud costs are relatively affordable in terms of TCO through high scalability that can keep compute costs low.

Final Thought: Is the Hybrid Cloud for You?

For modern MSPs, hybrid cloud solutions represent a valuable addition to service portfolios. Today, your customers run nearly 80% of their workloads in the cloud with even more growth on the horizon.

To support these organizations and attract more businesses to your customer base, hybrid cloud architecture offers a wealth of advantages that will enable your customers to protect all of their data and applications, while saving money, maximizing resource usage, and elastically scaling as your customers grow.

That said, the hybrid cloud approach is not something that you should dive into without careful consideration. Many hybrid cloud vendors provide a highly robust, but highly complicated solution that can lead to significant demands for training and investment to ensure successful deployment and maintenance. In some instances, this will prove to be more of a burden to your organization than a boon.

Acronis Cyber Cloud: Hybrid Cloud Cyber Protection Platform

With Acronis Cyber Cloud, you can protect any customer's private, cloud, or hybrid environment. This single solution ensures that you and your customers gain access to hybrid cloud backup, disaster recovery, AI-based ransomware protection, file sync and share, and blockchain-based file notarization and e-signature services, all seamlessly managed from a single console.

Explore how the Acronis Cyber Cloud platform can help you differentiate your organization, deliver the top quality hybrid cloud solutions your customers demand, and earn more. For full details of the platform and the opportunity to request a free trial or a custom quote, you can learn more here.