2021年09月03日 — 4 分で読めます
Acronis
2021年09月03日 — 4 分で読めます
Acronis Cyber Protect Cloudの新機能-2021年8月
MSPは顧客のデータのセキュリティ、管理および整合性をサポートしながら、生産性と優れたユーザーエクスペリエンスを維持する必要があります。これらは大きな責任ですが、アクロニスは定期的な製品アップデートと受賞歴のあるサイバープロテクションソリューションの画期的な新機能により、パートナーの皆さまの課題解決を支援します。 今月、アクロニスはデータの可視性と管理を強化するAcronis Cyber Protect Cloudの新機能の公開を発表し、無償で提供される新しいリモートアクセスツールAcronis Cyber Desktopをご紹介いたします。 ハードではなくスマートに働く 2021年8月にリリースされたAcronis Cyber Protect Cloudには、サービスプロバイダー向けの新機能がいくつか含まれており、管理プロセスを合理化し、セキュリティを強化し、顧客に提供する価値をより明確に示すことができるように設計されています。        WindowsおよびmacOSのネットワーク保護フォルダパスを差別化 WindowsまたはmacOSのいずれかのネットワークフォルダ保護復元パスを個別に指定することにより、単一の保護計画でWindowsとmacOSの両方のワークロードを保護することができます。        顧客向けエグゼクティブサマリーレポートのための直感的なセクション管理 エグゼクティブサマリーレポートは効率的に顧客にサービスの価値を示すことができます。レポート内のセクションの追加や命名、順序変更により、顧客のビジネス組織をより的確に表します。      電子署名の中で使用されたリンクの視認性と管理を強化 ユーザーは、Advanced File Sync and Shareの電子署名機能のためのリンクをより効率的に管理できるようになりました。これにより、共有されたリンクを表示、編集、削除できるようになりました。また、リンクの種類や有効期限ごとに履歴が表示されるようになりました。 今回のアップデートでは、Acronis Cyber Desktopも導入されています。直感的なリモートサポートおよびリモートアクセスツールツールであるAcronis Cyber Desktopは、クライアントがエンドポイントに物理的に存在しない場合でも、離れた場所から迅速かつ容易に顧客をサポートすることで、効率を最大限に高めることができます。   リモート環境で問題を診断・解決し、顧客の生産性をサポート お客様のビジネスに最も適したスケジュールで無人のデバイスにアクセスすることにより、クライアントの効率性と自社の効率性との両方を向上 Acronis Cyber Desktopは現在、Windows、macOS、Linuxなど、さまざまなプラットフォームやOSで利用可能です。 今月リリースされた新機能の詳細についてはリリースノートをご覧ください。また、What’s New ページ では、Acronis Cyber Protect Cloudの今後の最新の機能追加および強化についてご紹介しています。