プレスセンター

企業向け次世代バックアップ・災害復旧製品のAcronis Backup & Recovery 10、 Server for Windows/ Server for Linux/ Workstationのパッケージ版を発表

~バックアップ・災害復旧および購入時の複雑性の簡素化を実現~

アクロニス・ジャパン株式会社(東京都港区、代表取締役:村上督)は、本日、エンタープライズ市場で定評あるバックアップ・災害復旧製品群のうち、特にニーズが高い「Acronis Backup & Recovery 10 Server for Windows」、「Acronis Backup & Recovery 10 Server for Linux」、「Acronis Backup & Recovery 10 Workstation」の3製品のパッケージ版を各販売代理店を通じて販売開始いたします。アクロニスは、本パッケージ版にソフトウェア、ライセンス、初年度保守を集約したため、従来ソフトウェアとライセンスを別々に購入する必要があった通常ライセンスに比べ、購入時の複雑性の簡素化を実現し、低価格で提供します。

2009年11月の発売以来、エンタープライズ系の多くのお客様に導入・ ご支持いただいてきた本製品は、MicrosoftおよびLinuxベースの任意のサーバやワークステーションに対して、独自の最先端ディスク・イメージング・テクノロジによるバックアップの実行、独自のベアメタル・テクノロジによる障害発生前の動作状態への完全な復元を実現します。本製品は、オペレーティング・システムまたは個別アプリケーション、アップデート、設定、データなどを含むハードディスク全体をバックアップ及び復元の対象としています。

 初年度AAS保守を含む1ライセンスあたりの各製品価格は以下のとおりです。
Acronis Backup & Recovery 10 Server for Linux ¥117,600 (税別)
Acronis Backup & Recovery 10 Server for Windows ¥117,600 (税別)
Acronis Backup & Recovery 10 Workstation ¥9,600 (税別)

アクロニスはこれからも日本市場において当社バックアップ製品のエンタープライズ市場における更なる浸透と導入を精力的に推進すると共に、当社販売パートナーと連携し、顧客サポート体制を強化する予定です。



アクロニスについて

アクロニスは、革新的なバックアップランサムウェア対策ディザスタリカバリストレージ企業向けファイル同期・共有ソリューションによって、サイバープロテクションハイブリッドクラウドストレージの標準を確立します。AIベースのActive Protectionテクノロジーブロックチェーンベースのデータ証明、独自のハイブリッドクラウドアーキテクチャにより強化されたアクロニスの製品は、物理、仮想、クラウド、モバイルのワークロードおよびアプリケーションを含む、あらゆる環境のあらゆるデータを保護します。

アクロニスは2003年にシンガポールで設立され、現在世界中で500万人以上の個人ユーザーと、世界のトップ企業100社のうち79社を含む50万社以上の企業に信頼されています。


3651