プレスセンター

ディザスタリカバリ、データプロテクションを実現する統合ソリューション、「Acronis Backup & Recovery 11」を発売

~Windows/Linux、物理、仮想、異種環境が混在するハイブリッド環境など多様化・複雑化する企業 IT に対応し、最適なソリューションをワンストップで提供~

【2011年10月21日付 プレスリリース】

物理環境、仮想環境、クラウド環境に対応し使いやすさを追求したバックアップと復元のソリューションを提供するリーディングカンパニーであるアクロニス社(本社:米国マサチューセッツ州/日本:東京都港区、代表取締役 村上 督、以下:アクロニス)は、ディザスタリカバリ、データプロテクションなどを、単一のプラットフォームで実現する統合ソリューション「Acronis Backup & Recovery 11」を本日発表し、2011年11月1日(火)より提供を開始します。((注) パッケージ版のリリースは、2011年11月10日(木)となります。)

2011年3月に東日本を襲った大震災以降、災害・障害対策に関する企業の意識は劇的に変化し、多くの企業では、事業継続の観点から、バックアップ、ディザスタリカバリ戦略の見直しや再策定が積極的になされています。今回リリースを行う Acronis Backup & Recovery 11 では、これらの課題やあらゆる規模の企業と多様化する IT 環境に対して、ディザスタリカバリ、データプロテクションを単一のプラットフォームで実現する総合ソリューションを提供することで、業界、規模を問わず企業の事業継続計画を支援します。さらに、Acronis Backup & Recovery 11 は、旧バージョン Acronis Backup & Recovery10 の機能とメリットを踏襲しながら、新機能と各種機能強化を行いました。

「Acronis Backup & Recovery 11」の主な新機能・機能強化

<ハイブリッド環境への対応>

1. 異機種への復元対応機能強化

  • バックアップを実行した環境とは異なる環境、機種への復元が可能。旧製品では、Windows 環境のみの対応でしたが、Acronis Backup & Recovery 11 では Linux 環境にも対応。
  • 今回初めて復元プロセスをスキップして Universal Restore* 処理のみ実行することが可能。
    * Universal Restore:サーバやワークステーションを異なるハードウェアまたは仮想コンピュータにおいて復元することができるアドオンモジュールです。

2. VMware ESX 仮想マシンのオフホスト、LAN フリーバックアップ

  • オフホスト方式:仮想ホストをバックアップ負担から解放。
  • LANフリー方式:業務ネットワークからバックアップトラフィックを排除。

3. Microsoft Hyper-V クラスタ対応

クラスタ構成における仮想ゲストマシンの保護が可能。

4. 複数仮想マシンの同時バックアップ

最大 10 台までの仮想マシンの同時バックアップに対応。仮想ホストのシステムリソースを考慮し同時バックアップ数を設定することでバックアップウィンドウの短縮が可能。

<データ増大への対応>

5. 重複除外機能強化

ファイル/ブロックレベルで重複するデータを除外し、最大 90% のストレージ容量の削減を実現。ターゲットにバックアップデータを転送する前に重複データを除去することができ、ネットワークトラフィックの軽減による通信効率を向上させます。新たにファイルバックアップの重複除外もブロックレベルで行い、64 ビットアーキテクチャを採用し、Acronis Backup & Recovery 11 では、旧バージョンより、最大約 50% のパフォーマンス改善を達成しています。

6. ステージング

  • データを複数の段階に分けてバックアップするステージング機能(最大 4 回まで)を搭載。
  • 信頼性向上のための、別ディスク、テープ、WAN 越えコピーなど、別ロケーションへの自動コピーの作成、また、二次バックアップ保存先としてテープを利用(D2D2T)という点で、ディスクへの長期保存に伴うコスト削減を支援。

7. テープ対応強化

  • 長期保存やオフサイト保存に最適なテープへの対応を強化。Acronis RSM を使用するため、Windows RSM 搭載の有無に関わらずバックアップ対象となる様々なシステムに対応。
  • テープデバイスへのリード/ライトを実行しない時は、他ソフトウェアによるテープデバイスの使用が可能。また、バックアップ計画を用いて、簡単にバックアップ保存先にディスクを指定し、任意の保持期間経過後に、テープデバイスへ移動するステージング運用も可能。

8. カタログ作成と検索

  • バックアップデータにインデックスを付けることにより、データを検索し、復元したいアイテムとロケーションを容易に特定することが可能。
  • ファイル名やファイルサイズ、ファイル作成/更新日での検索や、バックアップ完了後にカタログ作成が可能。
  • 管理サーバが管理する格納域をまたいでのグローバル検索に対応。

<その他>

9. バックアップ計画のインポート/エクスポート

スタンドアロンエディションでも複数マシン間でバックアップ計画の配布や流用が可能。

10. UEFI のサポート

UEFI モードでインストールしたシステムのバックアップとシステムの起動を含む復元が可能(2 TB 以上の起動ディスクのバックアップにも対応)。

Acronis Backup & Recovery 11 の製品名と特長 

<スタンドアロン型ソリューション>

  • Acronis Backup & Recovery 11 Workstation
    Windows ワークステーションのローカル管理向けで、対象コンピューターより起動し、簡単操作でバックアップが可能。中小規模の企業コンピューター環境において高いパフォーマンスを発揮。
  • Acronis Backup & Recovery 11 Server for Windows
    Windows サーバのローカル管理向けで、対象サーバの OS やアプリケーション、データを含めた全体のバックアップが可能。簡単操作と少ない作業工程で、すぐにデータ保護を実現。
  • Acronis Backup & Recovery 11 Server for Linux
    Linux サーバのローカル管理向けで、Linux サーバのバックアップを Windows 版と同一のわかりやすい GUI で簡単に実現。コマンドでの操作要らずで、Linux に慣れていない方でも簡単に利用が可能。

<集中管理型ソリューション>

  • Acronis Backup & Recovery 11 Advanced Workstation
    ネットワーク上にあるワークステーション向けの集中管理ソリューションで、管理用コンピュータより、リモート操作でネットワークに接続された複数台のコンピュータの一括操作が可能。
  • Acronis Backup & Recovery 11 Advanced Server
    ネットワーク上にあるワークステーションとサーバ向けの集中管理ソリューション。Windows/Linux サーバが混在している環境で管理用サーバよりリモート操作にてバックアップが可能。
  • Acronis Backup & Recovery 11 Virtual Edition
    Acronis Backup & Recovery 11 Advanced Server の機能に加え、VMware、Microsoft Hyper-V、Citrix Xen Server、Parallels など、仮想環境保護や仮想化への移行に特化した機能や拡張を搭載。
  • Acronis Backup & Recovery 11 Advanced Server SBS Edition
    Microsoft Windows Small Business Server に対し、低価格でパフォーマンスの高いバックアップが可能。
     

出荷開始日

  • 日本語版ライセンス受注開始日: 2011年11月1日(火)
  • 日本語版パッケージ版ならびにメディアパック受注開始日: 2011年11月10日(木)

参考価格(ライセンス版) ※ 価格には消費税が含まれておりません。

<スタンドアロン型ソリューション>

  • Acronis Backup & Recovery 11 Workstation: ¥9,600
  • Acronis Backup & Recovery 11 Server for Windows: ¥117,600
  • Acronis Backup & Recovery 11 Server for Linux: ¥117,600

<集中管理型ソリューション>

  • Acronis Backup & Recovery 11 Advanced Workstation: ¥12,000
  • Acronis Backup & Recovery 11 Advanced Server: ¥150,000
  • Acronis Backup & Recovery 11 Virtual Edition: ¥380,000
  • Acronis Backup & Recovery 11 Advanced Server SBS Edition: ¥58,000

販売体制

本製品の販売はディストリビュータであるソフトバンク BB 株式会社、ダイワボウ情報システム株式会社、株式会社ネットワールド、及び各リセラー企業を通して行います。販売価格に関しましては、当社ディストリビュータまたはリセラーまでお問い合わせください。

アクロニスでは、今後さらに販売体制を強化し、お客様に最適なサポート体制を構築する予定です。



アクロニスについて

アクロニスは、革新的なバックアップランサムウェア対策ディザスタリカバリストレージ企業向けファイル同期・共有ソリューションによって、サイバープロテクションハイブリッドクラウドストレージの標準を確立します。AIベースのActive Protectionテクノロジーブロックチェーンベースのデータ証明、独自のハイブリッドクラウドアーキテクチャにより強化されたアクロニスの製品は、物理、仮想、クラウド、モバイルのワークロードおよびアプリケーションを含む、あらゆる環境のあらゆるデータを保護します。

アクロニスは2003年にシンガポールで設立され、現在世界中で500万人以上の個人ユーザーと、世界のトップ企業100社のうち79社を含む50万社以上の企業に信頼されています。


4570