プレスセンター

アクロニス、日本での展開から8周年を記念、クラウドビジネスの目覚ましい成長を記録

 アクロニスの日本法人が国内企業に新しい機会を創出し、その結果としてアクロニスのクラウドビジネスが大幅に成長

次世代データ保護におけるグローバルリーダであるアクロニス・ジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 大岩憲三、以下アクロニス)は、日本市場への進出から8周年を迎えました。その間に顧客数は大幅に増加し、アクロニスのクラウドビジネスも顕著な成長を見せています。
アクロニスの顧客サービスを重視する姿勢と、世界最速で最も完全かつ技術的に発展したデータ保護製品の提供が、日本におけるアクロニスの成長を促進させてきました。日本におけるアクロニスのクラウドビジネスの対前年比は、200%を超えることが予測され、販売パートナーも2016年末までに1,200社に到達する見込みです。また、2016年11月に六本木ヒルズの新しいオフィスに移転し、スタッフも今後数か月で倍に増員する予定です。

国内企業とのパートナーシップにより、アクロニスはサービス管理機能を国内のサービスプロバイダーに移管することができ、アクロニスがエンドユーザーにフォーカスしたハイブリッドバックアップアーキテクチャが、プロバイダーから顧客へのデータ保護サービスの提供を実現します。国内のパートナーおよびサービスプロバイダーをサポートすることで、アクロニスはエンドユーザーのニーズを把握することができ、最も効果的な方法でデータ保護サービスを提供することができます。データ保護サービスは、国内の取引先およびサービスプロバイダーに、大きなビジネスの成長機会を与えます。2016年9月に発行されたCisco社提供のIDCレポート「Cloud Going Mainstream」によると、日本でのクラウド普及率は前年から153%増加し、74%の企業が現在ハイブリッドクラウド戦略を追求しています。同レポートには、日本でのプライベートクラウドの支出が、今後2年で23%増加すると見込まれていることも記載されています。

しかし、こうした機会にも、それぞれ独自の課題が伴います。デジタルデータは、マルウェア感染、ランサムウェア、盗難、およびハードウェア障害に対して脆弱であり、データを作業できる状態に復元する確実な方法は、バックアップしかありません。
2016年に入ってから、アクロニスは日本におけるデータ保護のニーズに対応するデータ保護製品群をリリースしました。これらの製品群には、Acronis Backup 12、Acronis Backup Cloud、Acronis Monitoring Service、Acronis Storage、Acronis Notaryなどが含まれます。いずれも、新しいハイブリッドクラウドアーキテクチャを基盤として、IT環境全体のデータ保護および復元をサポートし、ユーザーは保護されたデータを完全に管理することができます。

独立系のテストラボ組織によると、コア製品であるAcronis Backup 12は、小規模の企業にとって最速かつナンバーワンのデータ保護テクノロジーであることが確認されています。Acronis Backup 12はMicrosoftのインフラストラクチャおよびアプリケーションに対して、最も広範なデータ保護を提供します。これには、Microsoft Exchange、Office365、SharePoint、Active Directory、Windows Server、Windows PC、Hyper-V、Azureが含まれるほか、Azure Stackも市場にリリースされ次第、サポートされます。また、Acronis Backup 12はResilient Change Tracking(RCT)を使用したHyper-Vを含む、今後登場予定のMicrosoft Windows Server 2016リリースをサポートする、初の商用ソリューションです。

スピードとイノベーションを重視するアクロニスは、増加する日本顧客のデータ保護のニーズに対応するため、新しいテクノロジーの開発に引き続き取り組んでいきます。
 

アクロニスとスクーデリア・トロ・ロッソ
#1, Fast and Innovation — アクロニスとF1に共通する要素は以下のとおりです。

#1:個人ユーザー向けバックアップ、中堅中小企業向けバックアップ、クラウドサービスプロバイダー向けバックアップサービス基盤
Fast:最も近い競合製品の約2倍高速、3クリックでインストール完了、15秒で復元
Innovation:Instant Restore™、CloudRaid™、Notary™など、競合製品とアクロニスを差別化する次世代のテクノロジー

これらの快挙を記念し、アクロニスはF1日本グランプリで、パートナーと顧客向けに一連のイベントを開催しました。このレースは、アクロニスがスクーデリア・トロ・ロッソと長期のパートナーシップを2016年7月に締結してから7回目のF1グランプリです。スクーデリア・トロ・ロッソは、アクロニスと同様、高速であり、技術革新とチームワークを世界中で促進しています。

アクロニスの設立者でCEOを務めるSerguei Beloussov (セルゲイ ベロウゾフ)は次のように述べています。「私たちはパートナーをサポートできることを誇りに思い、F1グランプリの開催時に、当社が達成したさまざまな快挙を祝福したいと思います。レーシングチームは、迅速なイノベーションと新しいテクノロジーの開発のために、収集したデータを非常に効率良く使用しています。当社のスクーデリア・トロ・ロッソに対する支援は、日本と世界各国の取引先および顧客のために最も優れたデータ保護製品を開発することにつながります。」

スクーデリア・トロ・ロッソのチーム代表であるFranz Tost (フランツ トスト)氏は、次のように述べています。「人々はデジタルな世界に取り囲まれています。私たちの成功が軌道に乗るかどうかは、データの可用性に左右されるため、データ保護は私たちのビジネスにとって欠かせない要素です。アクロニスの日本での快挙を祝福すると同時に、完全なデータ保護を求めるどんな企業や組織にも、アクロニスのテクノロジーをお勧めしたいと思います。」



アクロニスについて

アクロニスは、革新的なバックアップランサムウェア対策ディザスタリカバリストレージ企業向けファイル同期・共有ソリューションによって、サイバープロテクションハイブリッドクラウドストレージの標準を確立します。AIベースのActive Protectionテクノロジーブロックチェーンベースのデータ証明、独自のハイブリッドクラウドアーキテクチャにより強化されたアクロニスの製品は、物理、仮想、クラウド、モバイルのワークロードおよびアプリケーションを含む、あらゆる環境のあらゆるデータを保護します。

アクロニスは2003年にシンガポールで設立され、現在世界中で500万人以上の個人ユーザーと、世界のトップ企業100社のうち79社を含む50万社以上の企業に信頼されています。


9685