WBD 第5週 (ATI for PCまたはMac)

適切なソリューションの選択

ここでは、最初の4つの記事で指摘した重要な点を簡単にまとめます。

  1. PCとMacユーザーは、過去数十年間にデータ量の爆発的な増加を経験しました。この傾向はこれからも続くと予想されます。コンピュータには最も大切な資産であるデジタルライフ全体が保存されています。
  2. ウイルス対策ソフトウェアとバックアップソフトウェアの両方が必要です。ウイルス対策ソフトウェアはウイルスとハッカー攻撃からデータを保護しますが、ユーザーエラー、ハードウェア故障、損失、盗難、自然災害、ソフトウェアエラー、ソフトウェアのアップグレードまたは更新時に発生しうる問題からはデータを保護することができません。
  3. ハードディスクドライブは一般に認識されるよりも壊れやすいものです。最近の研究によると、4台中1台のドライブが3年以内に故障することが示されています。
  4. ディスクイメージバックアップは推奨されるバックアップ方法です。ファイルベースのバックアップソフトウェアのように、ディスクイメージバックアップでは、個別のファイルとフォルダをバックアップして復元できます。ファイルベースのバックアップソフトウェアとは異なり、オペレーティングシステム、アプリケーション、ブラウザ履歴、環境設定、設定、ブックマーク、デバイスドライバなど、システム上のすべてをバックアップして復元することもできます。また、選択したファイルとフォルダまたはシステム全体を復元できます。さらに、迅速にコンピュータをベアメタル状態に復元できます。これは、コンピュータが破壊、盗難、損失した場合に特に有用です。
  5. 1個のバックアップコピーでは十分ではありません。アクロニスの3-2-1ルールに従うと究極の保護を実現できます。これは、3個のデータコピーを作成し、2個を異なるメディアに配置し、1個のコピーをオフサイト(クラウド)に保管することです。同様に重要なのは、定期的にバックアップして、何か起こった場合に、失うデータの量を最小化することです。