Tutorial

最適なクラウドストレージを見つけるための5つのキーポイント

スマートフォンが運転方向を指示したり、企業のサーバーに格納するビジネスのファイルでも、データへの依存は絶えず進化し続けています。 その成長の展望では、IDC(インターネット・データ・センター)は2025年までに世界的なデータの10倍の増加があると見積もっています。

私たちの信頼するデータが増えれば、それだけ多くのデータを保存する必要があります。 課題は、安全でアクセスしやすくすることです。 オンラインストレージはそのタスク実行に最適な方法ですが、最適なクラウドストレージを見つけるためのオプションを評価する方法を知っている人はほとんどいません。

良いニュースとしては、5つの質問に基づいてベンダーを調査することで、個人データと企業データの両方について、ニーズに合ったクラウドストレージサービスを簡単に見つけられます。

ちょっと待って...クラウドストレージとは何?

簡単に言うと、インターネット接続を介してアクセスし、サーバーのネットワークにデータをオフサイトで保存する方法です。 ファイルやフォルダをコンピュータ、または外付けハードドライブやネットワーク接続ストレージ(NAS)のような別のローカルストレージデバイスに保存するのではなく、データを他の場所にあるサーバーネットワークにアップロードします。

インターネットからアクセスできるので、インターネット対応のデバイスであればいつでもどこからでもクラウドからファイルを検索できます。

cloud storage

確実かつ安全に、そして手頃な価格で便利なアクセスを提供する、最高のクラウドストレージプロバイダーを選択するために、次の5つの質問に留意することをお勧めします。

1. クラウドストレージサービスは何をしていますか?

すべてのベンダーが同じではないので、自分がどのサービスを受ける資格があり、データがどのように処理されるのかを正確に知りたいと思うでしょう。 つまり、サービスを申し込む前に、各会社のサービスレベル契約(SLA)を慎重に確認する必要があります。 それは契約の条件を明らかにし、クラウドプロバイダーから期待できるサービスのレベルを明確に確立します。

SLAには、クラウドサービスプロバイダーのネットワークから期待できる可用性のレベルも詳しく記載されていて、これは重要です。いつでも、どこからでもデータセンターにアクセスして、そこがオフラインになっているために接続できないことを確認したくはないでしょう。

可用性については後で詳しく説明しますが、高品質のベンダーが自社のSLAで毎月の可用性を誇らしげに宣伝していることを覚えておいてください。

クラウドストレージ VS クラウドバックアップ

これまでクラウドストレージは、どこからでも自分のデータに便利にアクセスしたい人のためのものでしたが、クラウドバックアップはあなたのデータのバックアップをオフサイトに保存していたので、簡単にシステムを復元できました。

Acronis True Imageは、ファイルの同期機能と共有機能をオンラインバックアップと組み合わせることで、ユーザーのニーズを最大限に引き出せます。

2. どのように私のデータを安全に保つのか?

ハードウェア障害、ランサムウェアの感染、自然災害、または偶発的な削除によって元のファイルが失われた場合に備えて、クラウドストレージは遠隔地にあるため、データに追加の保護レベルが与えられます。 しかし、ベンダーはサーバー上のファイルをどのように保護しているのでしょうか。

Keeping your data safe

データがサーバーネットワーク上にある間、クラウドプロバイダーはそのデータを安全に保つための対策を講じる必要があります。 データセンターをどのように保護しているのかを調べましょう。 データセンターの保安員は24時間365日現場にいますか? サーバールームのビデオ監視はありますか? データセンターへの物理的なアクセスをどのように制御しますか? たとえば、アクロニスのデータセンターでは、アクセスするためにバイオメトリック認証とセキュリティトークンベースの認証の両方が必要です。

ファイルのデータセンターへの転送も安全でなければならないので、検討するクラウドストレージサービスは堅牢性を提供しなければなりません。 データがクラウドに転送され、クラウドに保存する場合は、それによってデータが保護されます。 個人キー暗号化とは、ユーザーが自分のキーとパスワードを設定して、サーバーネットワーク上にあるときにベンダーでさえファイルを復号化できないようにします。

ビジネスに最適なクラウドストレージをお探しですか?

なぜわざわざやり直さなければならいのでしょう? ビジネスソリューションを探しているのであれば、プロのネットワークの仲間にどのようなサービスを使用しているか、そしてそれらを推奨するかどうかを尋ねることから始めます。 信頼できる同僚からいくつかの提案を収集したら、ベンダーと話をするときに情報に基づいた見通しがつきます。

クラウドストレージプロバイダを評価する際には、企業顧客の数を尋ねましょう。 企業の数(ユーザー数ではない)と、その企業が自分の会社と同じような規模の多くの企業をカバーしているかどうかを調べます。 また、同様のデータニーズを抱えているため、自分の業界の顧客の数を調べることもできます。

3. 私が必要な時に、使えますか?

クラウドストレージサービスを委託していルものが、会社の重要な文書なのか貴重な家族の写真どうかは関係ありません。どちらの場合も、ファイルが必要なときにベンダーがまだ存在することを知っておく必要があるため、会社の短期的および長期的な可用性を評価します。

短期的には、必要に応じて彼らが技術サポートを提供していることを知りたいでしょう。 SLAはサポートの詳細を提供するべきですが、あなたが選ぶクラウドベンダーがテクニカルサポートが年中無休で提供しているか確認しましょう。

長期的には、廃業する可能性が低いベンダーを選択しましょう。会社の存続可能性と長く存続できるかを判断するには、2つの簡単な方法があります。

確立された安定した顧客基盤を持つベンダーを考慮しましょう。あなたのようなビジネスや家族のニーズを常に満たしているプロバイダーは、生き残るために必要な基盤を持っている可能性が高いです。しかし、彼らが顧客を失っていないかどうかを確かめるために少し掘り下げて調べることも必要です。

より信頼できる選択肢は彼らの財政状態を調べることです。彼らの年次報告書を検討することができるので上場企業ならば単純ですが、確立された非公開企業でさえオンラインですぐに調査できます。実績、顧客基盤、ビジネスモデルを確立していない新しい会社には注意してください。さもないと、クラウドのカバーが突然途切れる可能性があります。

4. 私のデータはどこにありますか?

ファイルを保存しているデータセンターの場所を知る理由はいくつかあります。 はじめに、データセンターが海外ではないことを求める業界のコンプライアンス要件があるかもしれません。

data centers

場所もデータ転送速度に影響を与える可能性があります。近い場所のデータセンターでは、データのアクセスが速くなります。地球の反対側にあるデータセンターの場合、アップロードとダウンロードの速度が遅くなります。近い場所でアクセスする、データセンターを提供するクラウドバックアッププロバイダーを見つけたいと思うでしょう。
、さらにもっと良いのはデータセンターの場所を選択できるプロバイダーです。

5. 必要な資格がありますか。

クラウドストレージ契約を締結する前に、検討する必要がある認定のカテゴリがいくつかあります。

データのセキュリティは、上記の理由から重要です。そのため、最も安全性が高いことを証明できるベンダーを選択してください。 データセンターに最高の運用管理およびセキュリティ管理が施されている企業は、SSAE-18またはSAS 70 type II認証を取得しています。 ISO 27001認証は、クラウドサービスベンダーが情報セキュリティ管理の国際規格を満たしていることを証明できます。

クラウドへのアクセスは決して中断されません。選択したベンダーは、冗長性のある電力と環境を管理するためのデータセンターを設置して、可用性を一定に保つ必要があります。 SLAはあなたが期待する可用性のレベルを列挙するでしょうが、データセンターがTier IV認証を提供している利用可能な最高ランクのベンダーに検索を限定できます。

最後に、あなたの業界が規制要件を要求している場合は、クラウドプロバイダが適切な認定を受けているかどうかを尋ねましょう。 ヘルスケア企業は、Health Insurance Portability and Accountability Act(HIPAA)のコンプライアンス基準を満たすベンダーを必要とします。

最終的な結論

データ使用量の急増と保持しなければならないファイルのサイズのために、あらゆる規模の家族や企業は、便利で安全で手頃な価格のストレージソリューションを必要としています。

その結果、ここ数年で数え切れないほどのクラウドストレージ会社が増えました。 Acronisのように堅牢なクラウドサービスを提供することを証明されたベンダーもあれば、基本的なサービスを提供しているか、新しい会社を設立しようとしているベンダーもあります。

ベンダーの潜在的なサービスレベル、セキュリティ、可用性、場所、および認証を評価することで、家族やビジネスのデータが安全にクラウドに保存されるだけでなく、現在から未来まで
いつでも、必要なときにアクセスできるようになります。