How to

試用版はこちら

IDC調査によれば、企業ITオペレーションの組織的な構造と、その機能における根本的な変化は、緊密に絡み合っているとする統計結果が提示されています。

AcronisCyber Protect

ご周知のとおり、現代社会のあらゆる側面がデータで動いており、デジタル資産への依存度は、今後ますます強まっていくでしょう。

adressing cyber protection

IDC は、データセキュリティと可用性を IT トランスフォーメーション戦略の基礎であると見解を述べています。

また、脅威の多様化と高度化に伴い、、ハイブリッド環境におけるデータ保護の管理がより複雑になることも認識しています。さらに、この変革の性質は多様なシステムや場所からのデータの分散と収集を伴うものであるため、ITスタッフのデータの可視性と管理能力の低下を生みだし、それが組織にとって更なる課題となっています。

結果としてマルウェア、ランサムウェア、標的型攻撃がますます高度化し、データの可用性と精度に対する重大な脅威が高まっています。そのため、既存の組織内の防御とプロセスの現状の見直しが極めて重要であると言えます。

93%

の組織が過去3年間の間にサイバー攻撃を経験しました

40%

の回答者がサイバー攻撃の高度さとセキュリティの複雑さについて言及

$250,000

大企業で1時間のダウンタイムが発生した場合の損失

データ保護とサイバーセキュリティはサイバープロテクションとして統合されつつあります

サイバーセキュリティとデータ保護は従来別々の領域で扱われてきましたが、IDCは、それぞれが、相互に補完的であり、かつ機能的に連携した統合ソリューションの登場を予測しています。その結果、IT管理・運用面におけるサイバープロテクションの新しいIT規範が定義されました。サイバープロテクションツールは、単独で使用されるか、または脅威検出ソフトウェアに統合される可能性があります。これらのコンポーネントは、バックアップ、サイト外のディザスタリカバリ、マルウェア検出と対策、侵入検出、暗号化、認証、サイト外やクラウド機能を含むセキュアなティアードストレージで構成されています。

さらに、新しいテクノロジーがサイバープロテクションの鍵となりつつあります。また、多くの場合、攻撃に先行する異常な動作を検出するための人工知能 (AI) や機械学習技術の使用も含まれます。それは、システムがゼロデイ攻撃、つまり、その時点までに発生したことがない危険なエクスプロイトを検出できなければならないためです。既知の脅威シグネチャを待っているだけでは効果がありません。

データストレージと整合性は、ブロックチェーンテクノロジーによって強化されます

さらに、クラウドでのデータストレージとバックアップアーカイブの普及と、データの整合性に対するマルウェア攻撃が同時に発生していることから、データの整合性を保証し、公に証明するためのスケーラブルな手段の重要性が高まっています。企業とその顧客、ビジネスパートナーおよびその他の関係者(例:電子情報開示を追求する訴訟の当事者ら)は、保存またはバックアップされたリポジトリ(パブリックまたはプライベートクラウドなど)に関係なく、データが改ざんされていないこと、保存またはバックアップされたものとストレージまたはバックアップから呼び出したものが同一であることを証明する必要性がますます高まっています。ブロックチェーン技術は、データの真正性を確保するための効果的な技術として台頭しています。

特にエッジコンピューティングとIoTデバイスを通じて、現在収集されている指数関数的に増加するデータと変化するサイバー脅威の状況に効果的に適応するために、IDCはIT組織が以下のアクションを実行してITトランスフォーメーションを効果的に実装するよう推奨しています。

  • IT管理・運用の変革の際に、データセキュリティと可用性に重点を置く、サイバープロテクションセンターを設立すること。
  • データ保護、ディザスタリカバリ、データセキュリティオペレーションを統合することで、より緊密にサイバープロテクション戦略を採用
  • アドオンとして組み込むのではなく、インフラストラクチャアーキテクチャにサイバー保護を設計
  • 自動化とAI/機械学習を活用して、進化する脅威への対応を最大化

アクロニスは、サイバープロテクションソリューションの最前線に位置しています。

Acronis Cyber Protectionプラットフォームは、バックアップ・アズ・ア・サービスを、エンドユーザー、サービスプロバイダーパートナーに提供することができる世界中のクラウドデータセンターのネットワークやオンプレミスのバックアップを提供する機能を包括しています。このソリューションはサーバー、仮想マシン、従来のアプリケーション、クラウドネイティブアプリケーション、エッジおよびモバイルデバイス、そしてこれらの組み合わせをカバーするよう設計されています。これには、ハイブリッドクラウド(オンプレミスからパブリッククラウド)だけでなく、マルチクラウド(パブリッククラウド間)も包括することが可能です。この幅広いアーキテクチャの対象範囲は、環境全体が確実にアクロニスのサイバープロテクションで保護されていることを証明するのに役立ちます。

アクロニスのサイバープロテクション戦略は5つの柱に基づいています。:

Safety(安全性)

信頼性の高いデータが常に利用可能であること。

Accessibility(アクセシビリティ)

保護されたデータが、時と場所を選ばずに利用できること。

Privacy(プライバシー)

データへのアクセスとデータの可視性が認証された人のみに制限されていること。

Authenticity(真正性)

データのコピーがオリジナルと全く同じであることを証明できること。

Security(セキュリティ)

データが脅威や不正行為から保護されていること。

アクロニスはこれらのコンセプトを製品ラインナップ全般で統合

IDCの提言、そしてダウンロード可能なホワイトペーパー(完全版)に従い、アクロニスは、IT組織がグローバルポリシー、ロールベースのデータ管理、および暗号化を通じてサイバープロテクション環境をより適切に制御できるようにソリューションを設計しました。ブロックチェーンテクノロジーを介して認証されたデータの信頼性を備えたアクティブなAIベースのランサムウェア検出、アラート、自動リカバリ等の各機能を使用して、セキュリティが強化されます。最後に、アクロニス製品のアーキテクチャは、シンプルな実装と管理でユニバーサルな拡張デプロイを実現するよう設計されています。これにより、アクロニスは複雑化するデータ保護の取り組みや脅威に対抗するソリューションのプラットフォームを適用することで、従来のデータプロテクションや復元ソフトウェアのベンダーと差別化を図る機会となります。そして、サービスプロバイダーパートナーやエンタープライズ顧客は、その恩恵を受けることになるでしょう。