Windows 11のバックアップについて、これだけは知っておきたいこと

Acronis
Acronis Cyber Protect Home Office
以前は Acronis True Image

Windows 11では、コンピュータのバックアップイメージを作成することができますが、他のサードパーティバックアップソリューションのように幅広い機能を提供するわけではありません。ここでは、Windows 11の環境を完全に保護するために知っておくべきことを説明します

データバックアップの仕組みは?

バックアップシステムの中には、ドキュメント、ファイル、フォルダーのみをバックアップするものもありますが、Windows 11 の「バックアップと復元」やAcronis Cyber Protect Home Officeなどのバックアップソリューションは、オペレーティングシステム(OS)、データ、アプリケーションを含むフルイメージのバックアップを提供します。最初のバックアップを実行すると、ソフトウェアがシステム全体を複製します。その後のバックアップは通常、増分または差分バックアップで、前回のバックアップ以降のデータ変更のみを取得するため、時間とストレージスペースの両方を節約することができます。

Windows 11のリカバリーシステム、これでいいのでしょうか?

簡単に言えば、「あたり」です。お使いのオペレーティングシステムに関係なく、データ、アプリケーション、OSを含むシステム全体のフルイメージバックアップを作成することをお勧めします。サイバー攻撃、ソフトウェアやハードウェアの故障、人災や自然災害、停電、デバイスの盗難、ファイルやフォルダ、データの誤削除など、不測の事態が発生した場合でも、システム全体を復旧でき、データ損失を被ることはありません。

Windows 11のリカバリーシステム、これでいいのでしょうか?

Windows 11では、PCをバックアップする方法が2種類用意されています。

●       バックアップと復元はフルイメージバックアップを作成しますが、フルイメージを復元するオプションのみを提供します。Microsoft では、Windows 11 の回復システムを使用して回復ドライブを作成することを推奨しています。これは、後で Windows 11 システムに問題が発生した場合、回復ドライブを使用して Windows 11 を再インストールできるようにするためです。

●       ファイル履歴では、選択したファイルやフォルダのバックアップと復元を行うことができます。

フル イメージと選択したファイルやフォルダを復元する柔軟性が必要な場合は、データを適切に復元するために両方の Windows 11 オプションを使用するか、フル ディスク イメージを作成して PC 全体の復元のためのイメージ全体または選択したファイルおよびフォルダをダウンロードできるサード パーティ ソリューションを検討できます。

Windows 11には、クラウドにファイルをバックアップするオプションがないことや、3-2-1バックアップルールに従う簡単な方法がないことなど、他の制限もあります。ホームユーザーにとってさえ、この制限は重要です。当然のことながら、バックアップはPCと同じ場所に保存するべきではありません。火災や洪水でコンピュータが破壊された場合、ローカルのバックアップも破壊される可能性が高くなります。

ローカルバックアップとクラウドバックアップの両方が必要?

少なくとも、ローカルとクラウドの両方のバックアップを作成し、維持する必要があります。ローカル バックアップを使用すると、選択したファイルやフォルダを簡単にすばやく復元できます。また、クラウド バックアップを使用すると、ローカル バックアップが危険にさらされたり破壊されたりした場合でも、ファイルやフォルダを確実に復元することができます。業界の専門家は、すべてのPCユーザーが3-2-1バックアップルールに従うことを推奨しており、より詳細な要件を提供しています。

Windows 11の3-2-1バックアップルール

3-2-1バックアップルールとは、本番用とバックアップ用の2つのメディアと、クラウドなどのオフサイトに保存された1つのデータの合計3つのコピーを常に持つべきというものです。このルールに従うことで、何が起こっても常にバックアップコピーがあることを確認することができます。

有償バックアップソフトとWindows 11のネイティブバックアップ

最新のサードパーティバックアップソリューションは、Windows 11のネイティブバックアップと比較して、以下のような利点があります。

●       柔軟なリカバリ オプションを備えたフルイメージ バックアップ。最新のバックアップ ソリューションでは、フル イメージ バックアップを作成し、フル イメージまたは選択したファイルとフォルダを回復できるため、Windows 11 のバックアップ機能の両方を使用する時間と労力が節約できます。

●       クラウド バックアップ。クラウドにバックアップするオプションには、3 つの利点があります。

○       3-2-1 バックアップ ルールに簡単に従うことができます。

○       クラウド バックアップは、火災や洪水で PC やローカル バックアップが破壊される可能性がある場合でも安全です。

○       ローカルバックアップとは異なり、クラウドバックアップはPCを標的としたサイバー攻撃から保護されます。

サイバー攻撃を受けた場合、ローカルのバックアップも危険にさらされる可能性があることを常に念頭に置いてください。

●       Microsoft 365のプロテクション。Windowsネイティブバックアップのもう一つの欠点は、Microsoft 365アカウントをバックアップする方法が提供されていないことです。Microsoft のサーバーは完全に保護され、安全であるという前提ですが、ここ数年、障害、セキュリティ侵害、攻撃が Facebook、Amazon、Google などの最大のグローバル組織をも標的にしています。データを安全に、サードパーティの独立したサーバーに、データを暗号化して保存し、ソフトウェアの提供者でさえもファイルにアクセスできないようにする必要があります。Windows 11 バックアップのための完全に安全で暗号化されたサードパーティバックアップソリューションは、あなた以外の誰もあなたのプライベートファイルにアクセスできないという保証を提供します。

●       モバイルデバイスのプロテクション。 最新のサードパーティバックアップソリューションは、Windows PC 以外も保護することができます。一部のソリューションでは、iPhone や Android デバイスのバックアップも可能です。

●       サイバー攻撃からのプロテクション。Windows 11に搭載されたWindows Defenderは、サイバー攻撃からPCを保護することができますが、Windowsのバックアップ機能とは別物です。先に述べたように、PCが攻撃されて危険にさらされた場合、ローカルのバックアップもそうなっている可能性が高い。あるいは、最近のサードパーティのバックアップソリューションには、人工知能(AI)ベースのサイバーセキュリティが搭載されており、ゼロデイ脆弱性による攻撃であっても、マルウェア、ランサムウェア、クリプトジャッカーが被害を与える前にリアルタイムで攻撃をブロックし、不慮の感染や不要なサイバー攻撃を貴重なデータから遠ざけることができます。さらに重要なこととして、万が一、攻撃を受け、PCが危険にさらされた場合でも、最新のソリューションでは、影響を受けたファイルを自動的に復元することができます。

Acronis Cyber Protect Home Office:Windows 11 PCのバックアップ、リカバリ、プロテクション

Acronis Cyber Protect Home Office(旧Acronis True Image)は、ディスク障害からランサムウェア攻撃まで、今日のあらゆる脅威からWindows 11 PCとバックアップデータを保護するために必要なすべてを提供します。バックアップとサイバーセキュリティを1つに統合した独自の機能により、時間を節約し、複数のソリューションを管理することで生じるコスト、複雑性、リスクを低減します。

Acronis Cyber Protect Home Office の詳細については、こちらをご覧いただき、無料でお試しください。

※このブログは2022年7月4日付英文ブログ Windows 11 backup: How to backup Windows 11の抄訳です。

Acronis
Andy Kerr
シニア・プロダクト・マーケティング・マネージャ - バックアップ/リカバリ
Andy Kerrは、サイバーレジリエンス業界で12年以上の経験を持ち、特にバックアップとディザスタリカバリに重点を置いた熟練したマーケティングの専門家です。アクロニスのシニアプロダクトマーケティングマネージャーとして、ビジネスデータ保護の課題とそれを克服するための最適なソリューションについて、貴重な洞察を得ています。複雑なITソリューションをわかりやすい概念に変換するAndyの並外れた能力により、組織はデータセキュリティの課題が増大する中で成功することができます。

アクロニスのその他の情報