プレスセンター

サイバープロテクション大手のアクロニスが NIOフォーミュラEチームの公式パートナーに

※本リリースは2018年10月8日にロンドンで発表されたプレスリリースの抄訳です。

スイスとシンガポールに拠点を置くサイバープロテクションおよびハイブリッドクラウドストレージのスペシャリストであるアクロニスは、ABB FIA Formula E チャンピオンシップに参加するNIOフォーミュラEチームとの合意により、複数年の公式パートナー契約を締結したことを発表いたします。

同契約は、12月15日にサウジアラビアの首都リヤド郊外に位置する都市、ディルイーヤ(Ad Diriyah)の市街地サーキットで開幕するシーズン5から複数シーズンに及びます。アクロニスはこれにより、バックアップディザスタリカバリファイルの同期と共有のソリューションといった同社のサイバープロテクション製品群をNIOフォーミュラEチームに提供します。

アクロニスはAIも活用することにより、NIOフォーミュラEチームが予測分析能力を強化させる一助となります。これにより、彼らがレース中のあらゆる出来事に対応できるようチーム力を向上させ、より積極的にレースに臨めるよう支援していきます。

NIOのスタッフは、既知および未知のサイバー脅威からエンドユーザーを守るソフトウェアセットを組み込むことにより、アイデアや情報を共有し、協力して働くことができます。また、ナレッジデータは、安全にバックアップされるだけでなく、完璧に保護されます。

アクロニスは2003年の設立以来、大きな成長を遂げました。今日では、世界で500万人を超える個人ユーザーと50万社の企業から信頼を得ています。中でも注目に値するのが、世界のブランド価値ランキングTOP100(The Top 100 Most Valuable Brands)のうち、79社がアクロニスのソリューションを利用していることです。

安全なバックアップやAIベースのランサムウェアプロテクション、ブロックチェーンベースのデータ認証という主要な革新的技術により、サイバープロテクションとクラウドストレージの基準を着実に打ち立てたアクロニスは、あらゆる規模のITインフラと、あらゆる環境にあるデータやアプリケーションおよびシステムをすべて保護します。

アクロニスのプレジデントであるジョン・ザニ(John Zanni)は次のように述べています。「アクロニスの技術は、モータースポーツチームの多忙なライフスタイルに最適です。サイバープロテクションの5つのベクトルである、「安全性」、「アクセシビリティ」、「プライバシー」、「信頼性」、「セキュリティ」のすべてをカバーし、レース中でもファクトリーでも、データ管理において比類ない柔軟性を発揮します。我々は、モータースポーツ界で最も革新的なチームの1つと提携できることを誇りに思うとともに、これらから素晴らしいパートナーシップを築き上げていくことを楽しみにしています」

NIOフォーミュラEチームの代表である、ジェリー・ヒューズ(Gérry Hughes)は次のように述べています。「サイバーセキュリティとディザスタリカバリソフトウェアの世界的リーダーであるアクロニスを我がチームのパートナーとして迎えられたことを光栄に思います。我々は今、市街地レースという熾烈な世界にデータの予測分析能力という新しいメカニズムを取り入れたところで、アクロニスとの提携はより広範なNIOの事業にまで及んでいます。アクロニスはまさに、真のグローバルパートナーであり、この度の提携を誇りに思います」

詳しい情報については以下をご覧ください。
https://motorsport.tech/formula-e/nio-acronis-partnership



アクロニスについて

アクロニスは、革新的なバックアップランサムウェア対策ディザスタリカバリストレージ企業向けファイル同期・共有ソリューションによって、サイバープロテクションハイブリッドクラウドストレージの標準を確立します。AIベースのActive Protectionテクノロジーブロックチェーンベースのデータ証明、独自のハイブリッドクラウドアーキテクチャにより強化されたアクロニスの製品は、物理、仮想、クラウド、モバイルのワークロードおよびアプリケーションを含む、あらゆる環境のあらゆるデータを保護します。

アクロニスは2003年にシンガポールで設立され、現在世界中で500万人以上の個人ユーザーと、世界のトップ企業100社のうち79社を含む50万社以上の企業に信頼されています。


11039