2021年8月20日
プレスリリース

アクロニス、法人向け製品をサブスクリプションライセンスへ移行

サイバープロテクションのグローバルリーダーであるAcronisの日本法人であるアクロニス・ジャパン株式会社(本社: 東京都港区、代表取締役社長:嘉規 邦伸、以下アクロニス)は、2021年10月1日から、法人向け製品の販売をサブスクリプションライセンスへ移行いたします。これに伴い、2021年9月30日をもって、法人向け製品の永続ライセンスの新規販売は終了いたします。

アクロニスは、データ保護とサイバーセキュリティが一体となった統合型のサイバープロテクションソリューションに注力しており、この度の移行によって、増え続ける最新のサイバー脅威に晒される企業や組織に、常に最新の技術とソフトウェア、技術サポートを提供することが可能になります。ユーザーは、IT調達の主流となりつつあるサブスクリプションライセンスを利用することで、以下のメリットを享受しながら事業に集中することができるようになります。

サブスクリプションライセンスのメリット

  • 最新の脅威に対して常に最新の技術を適用して対応可能:企業を標的にした深刻なサイバー攻撃が増える中、セキュリティの問題を回避するためには常に、最新の技術と最新のソフトウェアバージョンを利用することが重要です。
  • 容易な購買管理とスケーラビリティ: 少ない初期投資ですぐに製品を利用でき、バージョンアップライセンスの購入や別途の保守契約が不要になるため予算管理が容易になります。また、事業における需要に応じて柔軟にスケールアップまたはスケールダウンすることができます。
  • 設備投資(CAPEX)の低減が可能:予測可能な事業運営費(OPEX)として計上することができ、資産扱いとなる設備投資費(CAPEX) の低減が可能です。

なお、この移行の影響を受けるのは、以下の対象製品に関連した、新規および既存顧客に対する「永続ライセンスの新規販売」のみとなり、現在有効なライセンスの保守契約については、アクロニス製品サポートライフサイクルポリシーに準じ、引き続き更新いただくことが可能です。サポート対象バージョンについては「アクロニス製品サポートライフサイクルポリシー」に準じます。

対象製品

  • Acronis Cyber Backup
  • Acronis Files Connect
  • Acronis Cyber Files

また、これにあわせて最新のサイバープロテクションソリューションであるAcronis Cyber Protectのサブスクリプションライセンスを標準価格から10%~60%引きの割引価格でご購入いただけるキャンペーンを実施いたします。
■Acronis Cyber Protect 製品情報:
https://www.acronis.com/ja-jp/products/cyber-protect/
■キャンペーン詳細:
https://access.acronis.com/t/eqtxwu0l(既存ユーザー*1
https://access.acronis.com/t/4zz0vzbd(新規ユーザー)

*1 Acronis Cyber Backup 15永続ライセンスの既存ユーザー



アクロニスについて:
アクロニスは、マネージドサービスプロバイダー(MSP)、中小企業(SMB)、およびエンタープライズ企業のIT部門向けに、ネイティブに統合されたサイバーセキュリティ 、データ保護、およびエンドポイント管理を提供するグローバルなサイバープロテクション企業です。アクロニスの効率性に優れたソリューションは、最小限のダウンタイムで最新のサイバー脅威を特定、防止、検出、対応、修復、復元し、データの完全性とビジネスの継続性を確保するように設計されています。 アクロニスは、多様で分散したIT環境のニーズを満たす独自の機能により、MSP向けに市場で最も包括的なセキュリティソリューションを提供しています。

アクロニスは2003年にシンガポールで設立されたスイス企業です。アクロニスは、世界中に45の拠点を擁しており、Acronis Cyber Protectソリューションは150カ国に26言語で提供され、2万社を超えるサービスプロバイダーで利用されており75万社を超える企業を保護しています。
プレス連絡先:
Katya Turtseva
VP of Communications