Acronis
Cloud Storage

安全なオフサイトクラウドバックアップで堅牢なデータ保護とディザスタリカバリを

クラウドの安心感

  • すばやく簡単にデプロイ

    すばやく簡単にデプロイ

    Acronis Cyber Protectでサブスクリプションを購⼊して、必要なクラウドストレージの容量を選択し、アクロニスデータセンターへのバックアップを始めましょう。
  • 3-2-1戦略をサポート

    3-2-1戦略をサポート

    データ保護に重要なのは3-2-1戦略です。Acronis Cyber Cloud Storageを追加するだけで、同じ簡単な⼿順でローカルとクラウドにバックップを実⾏でき、災害があっても確実に復元できるようになります。
  • テープの失敗なし

    テープの失敗なし

    テープバックアップを使用する中小企業の75%が毎年テープでの障害を経験しているのに、ビジネスを危険にさらす必要はありますか?(出典:Redmond Magazine)信頼できる、サイト外、クラウドバックアップを選択してください。

グローバルデータセンターネットワーク

データを任意のロケーションで運用管理きるようにし、各社のニーズに適合するよう⽀援を提供します。世界中にデータセンターを設置することで、お客様のコンプライアンス、データ主権、パフォーマンス要件に対応します。

Acronis クラウドデータセンター
Google Cloud Platform
Microsoft Azure

サポートが必要ですか?

  • データのセキュリティはどの程度確保されますか?

    アクロニスデータセンターにアクセスできるのはデータを保存した本人だけです。アクロニスデータセンターは、アクロニスアカウントに基づいて、すべての受信データを識別します。バックアップや復元の対象が1つのファイルであるか、マシン全体であるかに関係なく、保存した本人だけがデータにアクセスできます。

    データは送信前に暗号化されます。Acronis Cloud Storageは、政府が承認したAES-256暗号化を使用してソースでデータを暗号化します。

    データにはパスワードを設定した本人だけがアクセスできます。メタデータも暗号化。ユーザーのシステムとAcronis Cyber Cloudの間の管理通信はすべて、SSL暗号化によるセキュアなチャネル経由で実行されます。

    ティアIVで設計されたSSAE-18準拠のデータセンターでは、データのすべての側面がいつでも完全にセキュアです。

  • データの安全性はどの程度確保されていますか?

    データセンターインフラストラクチャ
    高可用で冗長化されたインフラストラクチャは、関連するリスクを最小限に抑え、単一障害点を排除するように設計されています。Acronisは、インフラストラクチャのすべてのハードウェア層で冗長性を高めるために、ニーズプラス1(N+1)のアプローチに従います。これによりハードウェア層のコンポーネントで障害が発生した場合でも、Acronisのお客様に影響することはありません。データセンターの電力システムは、インフラストラクチャ全体に24時間年中無休で無停電電源装置を提供するように設計されています。データセンターは、少なくとも2つの独立した電源から電力を供給されています。自動無停電電源装置の使用は、電力線を切り替える場合に発生する電力サージから保護し、ディーゼル発電機への切り替え中に電力サポートを提供します。

    信頼性の高いAcronis Cloud Storageに保存されたバックアップ
    データはAcronisの最先端Software-Definedストレージに保存されます。このストレージは、アクロニスの特許取得済みの技術を利用し、リードソロモン符号によるデータチャンク分割、優れた冗長性とエラー訂正を実現しています。Acronis Cloud Storageには、データを安全に、安心して保存できます。

    製品のヘルプ

    問題が発生した場合は、FAQナレッジベース(KB)、ビデオチュートリアル および製品関連文書 に用意された本製品に関する資料をご覧ください。加えて、掲示板 をご利用いただけます。

    テクニカルサポート

    有効な製品保守契約またはサブスクリプションをお持ちのお客様には、24 時間年中無休のテクニカルサポートを提供しています。テクニカルサポートサイトでは、電話、チャット、または電子メールによる迅速なサポートをご利用いただけます。

    申し訳ありません。ご利用のブラウザはサポートされていません。

    現在ご利用のブラウザのバージョンは、弊社の新しいウェブサイトと互換性がないようです。ただし、この問題は簡単に解決できます。ウェブサイトを正しい状態でご覧になるには、ブラウザをアップデートしてください。