Acronis
Files Connect

Windows環境のMacユーザー向け Windows・NAS 接続とファイル検索

他企業の活用事例

Acronis Files Connect は、Windowsサーバー上で実行され、WindowsおよびNASファイルにシームレスに接続して、検索の実行を可能にする、AFPファイル共有およびフルコンテンツ検索ソリューションです。

サイバープロテクションソリューション
  • TTS Group
    TTS GroupはMacの接続性の問題をAcronis Files Connectで解消

    正確なファイルとフォルダの検索で10分かかっていたものが2秒に短縮

  • SGS Packaging
    SGS Packaging Europeは、シームレスなMac/Windows統合を実現

    Acronis Files Connectは、英国のパッケージ専門企業がコアビジネスに集中しながら、時間とコストの削減を図るための支援を提供

  • MalmbergはMac/Windowsのアクセシビリティを拡大
    MalmbergはMac/Windowsのアクセシビリティを拡大し、生産性を加速

    オランダの教育関連出版社は、拡大を続けるストレージとアクセシビリティのニーズにAcronis Files Connectで対応

複数のシステムで機能

  • AFPとSMBの接続とファイル共有の検索

    AFPとSMBの接続とファイル共有の検索

    ネイティブAFPボリュームとして、またはSMBプロトコルを介して、WindowsファイルサーバーおよびNAS上のファイル共有に接続してマウント
  • インデックスのリアルタイム更新

    インデックスのリアルタイム更新

    ファイル共有の変更を継続的に監視し、検索インデックスをきめ細かく更新して、他のファイルサーバーまたはNAS上のリモートコンテンツにインデックスを付ける場合でも、影響を受けるのは最近変更されたファイルだけです
  • コンテンツのSpotlight検索

    コンテンツのSpotlight検索

    MacのSpotlight検索とサーバーサイトのインデックスがリンクされ、ネイティブのWindows SearchサービスまたはAcronis Content Indexingがシームレスに統合されます
  • Windows URLショートカットのスマートな処理

    Windows URLショートカットのスマートな処理

    ボリュームプロパティを使用してWindows URLをMacエイリアスに変換
  • アーカイブファイルのインテリジェントな処理

    アーカイブファイルのインテリジェントな処理

    検索インデックスからファイルシステムアーカイブの「スタブ」ファイルを検出して除外します。これにより、ファイル共有がHSM/ファイルシステムのアーカイブソリューションで管理されていても、Spotlight検索がファイル共有で有効になります
  • DFSコネクト

    DFSコネクト

    Macクライアントアプリケーションを介してDFS名前空間をMacユーザーに公開
すべての機能を表示

Files Connect

Windows環境のMacユーザーを支援

Works on multiple systems

Servers

  • Windows Server 2016
  • Windows Server 2012 R2
  • Windows Server 2008 R2
  • Windows Server 2019

Macs

  • macOS 10.7 or later

Looking for help?

よくある質問

  • AFPファイル共有の仕組みとは?

    Network Reshareを使用すると、Acronis Files Connect AFPファイルボリュームがインストールされたサーバーを中継してネットワーク上の他のサーバーやNASデバイスにアクセスできます。Macクライアントは、標準のAFPファイル共有プロトコルを使用してAcronis Files Connectに接続し続け、Acronis Files ConnectはSMB/CIFSファイル共有プロトコルを使用して、ファイルサーバーやNASへのMacユーザーのアクセスを中継します。そうすることで、MacユーザーはAFPファイル共有とほぼ即時のNetwork Spotlightフルコンテンツ検索のすべての利点を保持しながら、従来はSMB/Windowsファイル共有を通じてのみ利用できたリソースにアクセスできるようになります。

  • Acronis Files Connectはクラスタ化構成を認識しますか?

    Acronis Files Connectは、アクティブ/アクティブクラスター構成で実行できるクラスター対応アプリケーションです。Acronis Files Connectクラスターを設定するには、Microsoft Cluster Serviceを実行しているサーバー、Microsoft Cluster Server(MSCS)を使用します。Acronis Files Connectの複数のインスタンスは、単一のサーバーノード上で実行できます。複数の仮想サーバーを構成することにより、負荷管理のメリットが得られます。サーバーノード上でAcronis Files Connectの複数のインスタンスを実行すると、各インスタンスが他のインスタンスと独立して実行されるため、信頼性が高くなります。

  • アップグレードする方法は?

    保守契約が有効な場合、現在のライセンスキーを使用して、アクロニスWebサイトのこちらからAcronis Files Connectアップグレードインストーラーをダウンロードできます。6つの簡単な手順に従うだけで新しいバージョンを利用できます。
    メンテナンス契約が有効ではないものの新機能の利用を希望し、過去2年間で契約が失効した場合は、メンテナンス更新を購入することができます。これにより、新しい契約期間中は、アップグレードが常に無償になります。
    メンテナンス契約が2年以上前に失効した場合、Acronis営業部へ問い合わせ、アップグレードのオプションについてご相談ください。

  • DFSはエンタープライズライセンスプログラム年間サブスクリプション ライセンスでどのようにサポートされていますか?

    Acronis Files Connectサブスクリプション(ELP)ライセンスには、Network Reshare機能が含まれています。この機能を使用して、AFPでDFS名前空間のルートにアクセスできるようになります。このオプションでは名前空間が1つのAFPファイル共有として表示されるため、ユーザーはDFS名前空間のコンテンツを表示するこの単一のAFP共有に接続するだけで済みます。そして、WindowsのDFSブラウジングエクスペリエンスと同様に、任意のDFSターゲットファイルサーバーを参照できます。

  • どの種類のライセンスをどのような方法で注文できますか?

    「Cluster Server」、「エンタープライズライセンスプログラム」、年間サブスクリプション、または「教育」ライセンスをご利用の場合はアクロニスまでお問い合わせください。

  • Acronis Files Connectサーバーに接続できるMacとモバイルクライアントの数はいくつですか?

    Acronis Files Connectライセンスには、特定のクライアント数が含まれています。たとえば、Acronis Files Connectの100クライアントライセンスを所有しているとします。このライセンスでは、100台のMacがファイルサーバーにアクセスできるようになります。また、100のモバイルユーザーがファイルサーバーにアクセスできるようになります。これらの2種類のクライアントには、別々のライセンス定義があります。したがって、100クライアントライセンスでは、90台のMacコンピュータと75のモバイルユーザーがAcronis Files Connectサーバーに接続できます。「モバイルユーザー」は1ユーザーとして定義され、そのユーザーは最大3台のモバイルデバイスからファイルサーバーにアクセスできます。スマートフォンとタブレットを持っている場合は、問題なく両方を使用できます。

    製品のヘルプ

    問題が発生した場合は、ナレッジベースビデオチュートリアル および製品関連文書に用意された本製品に関する資料をご覧ください。

    テクニカルサポート

    有効な製品保守契約またはサブスクリプションをお持ちのお客様には、24 時間年中無休のテクニカルサポートを提供しています。テクニカルサポートサイトでは、電話、チャット、または電子メールによる迅速なサポートをご利用いただけます。

    申し訳ありません。ご利用のブラウザはサポートされていません。

    現在ご利用のブラウザのバージョンは、弊社の新しいウェブサイトと互換性がないようです。ただし、この問題は簡単に解決できます。ウェブサイトを正しい状態でご覧になるには、ブラウザをアップデートしてください。