Сase study

中小企業向けクラウドサービス

インフラストラクチャとスタッフの数が限られている中小企業にとって、ビジネスを行い成長するのに役立つ、手頃な価格のツールにアクセスできるようになるため、クラウドサービスは今日非常に価値があります。 クラウドへの移行や、小規模ビジネス向けのクラウドソリューションが、どのように利益をもたらすかを検討している中小企業の所有者にとって、クラウドとは何かを理解することから始めることが有益です。 あなたが中小企業向けのクラウドソリューションを提供するマネージドサービスプロバイダならば、最も価値をもたらすことが何かを知ることは重要です。

AcronisCyber Cloud

最初に少しコンピューティングとクラウドの本質から始めましょう。 次に、中小企業向けのどのクラウドソリューションが人気があるのか、およびIT管理サービスプロバイダー(MSP)が中小企業向けの追加のクラウドソリューションを管理するために果たす役割について検討しましょう。

クラウドコンピューティング

インターネット以前のコンピュータの時代を振り返ってみると、ビジネスはビジネスアプリケーションを実行するハードウェアとソフトウェアに頼っていました。 それは複雑で費用がかかり、インストールと設定からアプリケーションの実行と保護に至るまで、部門全体を管理する必要がありました。 アップデートとテストはさらに頭痛の種でした。 あらゆる規模の企業が、新しいものを活用することはもちろん、ベースラインアプリケーションの構築と維持に苦労していました。

Cloud Solutions for Small Businesses

現在まで話を進めると:クラウドコンピューティング自分のデータを保存する必要がないことを意味します。 データは保存され、ネットワーク経由でいつでもアクセス可能です。 クラウド自体は、非常に安全な物理的な場所(データセンター)であり、オフィスから離れた場所にあり、それには無数のネットワークサーバーがあります。 ベンダーのサポートを活用することで、これらのハードウェアおよびソフトウェアリソースを外部委託することができます。必要なのは、主要なツールにアクセスし使用するインターネット接続だけです。 ユーザーは、自分のお気に入りのWebブラウザを開いて目的のアプリにログインし、必要に応じてカスタマイズして、仕事に取り掛かるだけです。

中小企業向けのクラウドソリューションは、個人や大企業向けとは異なる

クラウドコンピューティングは、当然のことながら、個人や大企業と中小企業では異なる意味があります。 これは、ターゲットユーザーのニーズが、実際に必要なインフラストラクチャから必要なクラウドソリューションまで、さまざまなためです。

この結果、さまざまなニーズに対応するために利用できる3つの主要なクラウドコンピューティングオプション:サービスとしてのインフラストラクチャ(IaaS)、サービスとしてのプラットフォーム(PaaS)、およびサービスとしてのソフトウェア(SaaS)があります。 クラウドサービスモデルをピラミッドのように考えると、IaaSは重要なインフラストラクチャを可能にする基盤となります。PaaSは次の層または中間層であり、開発者は利用可能なインフラストラクチャに基づいてアプリケーションを構築できます。 SaaSは最上位にあり、最終的にはエンドユーザーにソフトウェアを提供します。SaaSソリューションは、ボックス内ソリューションと見なせます。 中小企業向けのクラウドソリューションは通常、SaaSソリューションです。

中小企業向けのSaaSクラウドソリューションの一般的な例

インターネット経由で配信されるサービスや製品は、クラウドソリューションと見なされますが、中小企業向けの主にSaaSに焦点を当てたクラウドソリューションか、企業に既製のソフトウェアやサービスへのアクセスを提供しています。 中小企業に人気のあるクラウドソリューションには、Google G Suiteアプリ、Microsoft 365アプリ、Dropbox、Hootsuite、Shopify、MailChimp、Squarespaceなどがあります。 もちろん、中小企業向けのクラウドソリューションは、生産性を高めたり、マーケティングや販売を可能にしたりするのに役立つ、これらのよく知られた人気のソリューションを超えたものです。

たとえば、中小企業向けのクラウドバックアップソリューションは、中小企業向けの最高のクラウドストレージソリューションの1つを持つことと同じくらい非常に重要です。 その理由は、サイズに関係なく、今日のビジネスは指数関数的に増加する量のデータに対処しなければならないため、ビジネスと利益を実行することは非常に重要です。中小企業向けの高度なクラウドソリューションでそのデータを保護することは必須です。

中小企業向けクラウドソリューションの管理

クラウドの利点は、上記のような多くの重要なビジネスサービスがすぐに利用可能で、最小限の管理しか必要ないことです。 今日では、多くのITベンダーがサブスクリプションライセンスを提供しているため、中小企業はクラウドソリューションを「レンタル」して、定期的な更新(ソフトウェアの機能強化)を定期的(月ごと、年ごとなど)に行えます。このアプローチは、初心者を念頭に置いて構築されたクラウドベースのマーケティングおよびセールスツールにとって特に有益です。

とは言っても、中小企業向けのクラウドソリューションでは、有効化か/または管理に特別な支援が必要になる場合があります。 多くの場合、これらにIT要素があります。 これらの例を考えててみてください:

  1. 中小企業向けの安全なクラウドバックアップソリューションは不可欠ですが、クラウドバックアップの構成要素については多くの取り違えがあります。たとえば、Dropbox、Google Driveなどのツールは、中小企業向けのクラウドバックアップソリューションとして誤解されがちです。これらのソリューションはファイルの同期と共有の機能を提供しますが、バックアップソリューションは提供しません。
    Pro Tip: 従来のデータ保護とは、データ障害が発生する前に、中断した場所から復元するために、必要なすべてのものを復元できるバックアップおよび復元機能を備えていました。 ビジネスに適したクラウドバックアップソリューションの特定と管理には、IT管理サービスプロバイダ(MSP)が必要なことがあります。
  2. オンプレミスのハードウェアからクラウドソリューションへのITの移行は時間がかかる場合があり、多くの場合多段階の作業なので、中断やダウンタイムを回避するための計画を実行する必要があります。 そこで、IT管理のサービスプロバイダ、またはクラウド移行に精通したサービスプロバイダが登場します。
  3. 進化し続ける多様なIT環境を考えると、複雑なITシステムの統合はすべてのビジネスにとって重要で、データとサービスは異なる場合がありますが、ビジネスを円滑に運営するためには、各要素がまとまって機能する必要があります。スモールビジネスはこの複雑さを理解し管理することが課題となりますが、MSPは特定のクラウドベースのデータ統合ツールを活用することが役に立ちます。

MSPは中小企業に不可欠なクラウドソリューションの提供に役立つ

前述のように、クラウドのおかげで中小企業は、多くのソリューションにすぐにアクセスできるようになりましたが、クラウドへの移行は必ずしも容易ではなく、主要なITサービス(中小企業向けのクラウドバックアップなど)も見逃してはいけません。 マネージドサービスプロバイダーは、中小企業向けのクラウドソリューションを提供することができますが、これはビジネスの将来への移行の支援だけでなく、ビジネスの継続にも役立ちます。

たとえば、パブリッククラウドツールは包括的なバックアップソリューションを提供していないため、完全なサービスとしてのバックアップ(BaaS)ソリューションの提供が重要です。 不可欠なこととは、それがMSPが競争し成長することを可能にするもので、かつMSPは独自のクラウドストレージを提供できる力があるということです。

ローカルクラウドストレージは、中小企業にとって重要なサービスです。 これらのことを考慮してください:中小企業向けの他のクラウドソリューションでは、待ち時間と速度はそれほど重要ではありません。 しかし、データ保護サービス(バックアップと復元)を提供する際には、ネットワークのパフォーマンスは非常に重要です。 つまり、中小企業向けのローカルクラウドストレージの提供が、MSPにとって利益率の高い機会を提供する、インデマンドサービスであることを意味します。

MSPは、中小企業向けの他の主要なITクラウドソリューションに対する洞察がある

クラウドサービスは、BaaSを最初のステップとして、MSPが中小企業により多くの価値を提供する絶好の機会を与えます。 災害復旧(DR)のような追加サービスはさらに進んでいます。 ターンキーデータ保護プラットフォームを使用し、MSPは次のような複数のオンデマンドサービスにすばやくアクセスします。

  1. 災害からの復元。 バックアップはリカバリに対して安定したアプローチを提供しますが、ディザスタリカバリ(DR)は重要なシステムをほぼ即座に稼働させます。 Acronisのようなサービスソリューション(DRaaS)として、最適なディザスタリカバリを利用するMSPは、ITシステムをクラウドにスピンアップしてリモートで実行するために「スイッチオン」します。 この戦略により、復旧時間が大幅に短縮され、従来のシステムが復元されるまでビジネスシステムをリモートで機能がします。 ユースケースには、人的ミス、ソフトウェアおよびハードウェアの障害、マルウェア攻撃、自然災害によるローカルデータの損失などが含まれます。
  2. ファイルの同期と共有。 スタンフォード大学の調査によると、ビジネスの顧客は、特に在宅勤務を許可している企業では生産性が大幅に向上し、さらにコストを削減できるため、ファイルの保存場所の選択、柔軟性、制御が求められます。 しかし、Dropboxのような市場のトップは、1つのクラウドストレージオプションを通して同期と共有を提供するだけです - 彼ら自身の。 ファイル同期を可能にし、妥協のないセキュリティと共有できるMSPは、顧客がすべてのプラットフォーム(電話、タブレット、Mac、Windows)にわたって完全なデータ管理を保証します。
  3. 3. ブロックチェーンベースのデータ認証サービス。 法律実務、会計事務所、医療機関などのニッチな中小企業は、規制を遵守する必要があるため、データの完全性に関しては特に厳しいニーズがあります。 ビジネスに不可欠なデータを認証する機能など、中小企業の顧客にニッチなクラウドサービスを提供することは魅力的です。セキュリティリスクを軽減し、コンプライアンスの透明性を実現し、他のサードパーティソリューションに対する必要性を排除します。

最終的な結論

中小企業向けの、革新的なクラウドバックアップソリューションの中には、企業が事業を運営してインフラストラクチャを拡張し、その成長の援護を容易にします。後者の場合、目的を達成するための適切なクラウドソリューションを特定するには、マネージドサービスプロバイダーが大いに役立ちます。

Related articles

How toGoogle Cloud Platform:その概要、使用方法と他のサービスとの比較