サービスプロバイダー向けのブロックチェーンベースのファイルノータリゼーション/電子署名ソリューション

Acronis Notary Cloud

Acronis Notary Cloudは、あらゆる規模のビジネス向けのファイルノータリゼーション(公証)、電子署名、ベリファイ(検証)のためのブロックチェーンベースのサービスです。サービスプロバイダー専用に設計され、規制準拠における透明性を実現し、セキュリティリスクを最小化しながら、企業の重要データの整合性を保証します。

迅速な導入

Acronis Data Cloudアーキテクチャによって保証されたシンプルなデプロイメントと管理

信頼できる
ブロックチェーン技術

分散化というブロックチェーンの特性により、詐欺や改ざんのリスクを回避

簡単な販売、アップセル、バンドル

あらゆる規模と業界のビジネスに適したユニバーサルサービス

ノータリゼーションサービス

Webコンソール経由であらゆるタイプのファイルをノータライズ(公証)し、タイムスタンプ、整合性、非改ざん性に関する公的にベリファイ(検証)可能な証明書を提供します。

電子署名サービス

顧客やその関係者は、WebコンソールまたはAPI経由で文書に電子署名しながら、署名のタイムスタンプと整合性に関する公的にベリファイ(検証)可能な証明書を生成します。

ベリファイサービス

ファイルがノータライズ(公証)された後、顧客はいつでもデバイスを使用して、サービスのユーザーインターフェースまたはブロックチェーン台帳から手動でベリファイ(検証)できます。

顧客は次のことができます

基幹業務データの
非改ざん性の保証

第三者によるデータ不変性の証明不要

規制準拠の
透明性を実現

監査を実行するために必要なコストと時間を削減

セキュリティリスク
の軽減

数学的証明に基づくデータセキュリティのレイヤーを追加

Acronis Notary Cloudの詳細

Ethereum
ブロックチェーン

Acronis Notary Cloudは高速で実行される Ethereumブロックチェーン を使用します。その分散型アーキテクチャは、常にベリファイ(検証)が利用可能であり、詐欺や干渉の可能性がないことを保証します。

使いやすい
Webインターフェース

使いやすく直感的なWebインターフェースを備えたAcronis Notary Cloudは、エンドユーザーが短期間で導入することができ、操作性にも非常に優れています。

独立した
ベリファイ(検証)

標準搭載のインターフェースまたはパブリックソース経由でノータライズ(公証)されたファイルをベリファイ(検証)します。ブロックチェーン にアクセスできる全員がいつでもあらゆるデバイスから確認できます。

API経由での
スムーズな統合

Acronis Notary APIは、すべてのアプリケーションとの密接な統合を可能にし、サービスのバックエンドをユーザーインターフェースと連携させることができます。

カスタム
ホワイトラベル

Acronis Notary Cloudは、サービスのインターフェースにホワイトラベルを設定できます。サービス名、ロゴ、URL、配色、電子メール設計などをカスタマイズできます。

Acronis Data Cloud上で提供

Acronis Files Cloud は、これまでになく容易にデータ保護サービスを提供するプラットフォームです。1回のインストールで、プロバイダーと顧客が単一の管理コンソールでバックアップ、ディザスタリカバリ、ファイル同期・共有・ノータリゼーション(公証)・電子署名の各サービスにアクセスできます。需要の高いこれらのオプションサービスによって、プロバイダーは売上を伸ばし、顧客維持率を上げることができます。

詳細

ヘルプ

よくある質問
ブロックチェーンの概要

ブロックチェーンは、ブロックおよびデータレコードが継続的に増加していくリストの原則に基づくテクノロジーであり、暗号法を使用して関連付けが行われ、保護されています。各ブロックには、タイムスタンプやトランザクションデータなど以前のブロックの暗号化されたハッシュが含まれています。

「ブロックチェーン」という用語は、BitcoinやEthereumなどの暗号通貨の基礎技術として使用されているため、一般にも広く知られています。一方で基本的な概念を利用すれば、ブロックチェーンテクノロジーをファイルのノータリゼーション(公証)、電子投票、スマートコントラクトの作成など多岐にわたる用途に活用できます。

このテクノロジーには以下のような主な特長があります。

  • セキュリティ:ブロックチェーンでは、強力な暗号法を使用することで詐欺的行為を排除したトランザクションを作成できます。
  • 分散型アーキテクチャ:ブロックチェーン台帳は複数の組織にまたがって分散しており、特定の個人や団体によって保持されることはありません。またレプリカが追加されることでさらに安全性が強化されます。
  • 過去にさかのぼった改変が不可能: すべてのトランザクションは台帳に1回のみ書き込まれ、その後改変することはできません。
Blockchain As A Serviceとは何ですか?

Blockchain As A Service(BaaS)は、Software as a Service(SaaS)モデルに基づくものです。このアプローチによりユーザーは、インフラの維持と運用に必要なすべてのアクティビティをクラウドサービスプロバイダーの管理に委ねつつ、ブロックチェーンベースのアプリケーションにアクセスして活用できます。

ブロックチェーンベースのデータノータリゼーションとは何ですか?

データノータリゼーションにブロックチェーンベースのサービスを使用すると、ファイルのデジタルフィンガープリントが作成されてパブリックブロックチェーン台帳に保管されるため、あらゆる種類の重要なビジネスデータを自動的にノータライズできます。これにより企業は、データの真正性を独立的に検証することや、データが特定の日時に存在していたことを立証することができます。

電子署名はどのような仕組みになっていますか?

電子署名とは、署名を署名者の情報や文書に署名が付された時間と関連付けるソフトウェアを指します。電子署名では、マウスクリックやタッチパッドの使用によるオンライン署名の有効化により、文書の承認処理の合理化を実現します。

Acronis Notary Cloudを使用して文書に署名するには次の操作が必要です。

  • 任意のファイルをブラウズするかドラッグアンドドロップして選択する
  • メールアドレスを入力して署名者を指定する
  • すべての関係者によるファイルの確認と電子署名を保証する
  • すべての署名を受領後、電子署名のタイムスタンプと整合性を公的手段で検証し、署名とノータリゼーション証明書を取得
クラウドへのバックアップはどのように構成しますか?

クラウドへのバックアップには、有効なクラウドストレージのサブスクリプションが必要です。

新しいバックアップ計画を作成し、[バックアップ先] フィールドで [クラウドストレージ] をバックアップ先として選択します。

クラウドストレージの参照方法、バックアップ内容の確認方法、必要なファイルのダウンロード方法の詳細については、こちらをご覧ください。

 

セルフサービスのサポート

この製品についての役立つ情報は、よくある質問、ナレッジベースビデオチュートリアル、マニュアルにまとめています。疑問点については、これらの資料をご確認ください。  また、掲示板(英語)ではいつでも質問を受け付けています。

テクニカルサポートへのお問い合わせ

有効な製品保守契約またはサブスクリプションをお持ちのお客様には、年中無休のテクニカルサポートを提供しています。テクニカルサポートサイトからお申し込みいただくと、電話、チャット、または電子メールによる迅速なサポートがご利用いただけます。