How to

DRaaS - その内容と販売方法

<サービスとしてのディザスタリカバリ、またはDRaaSソリューションを使用すると、企業はサードパーティのクラウド・プロバイダーのインフラストラクチャ(コンピュータ、ネットワーク、ストレージなど)を活用し、重要なデータやアプリケーションを迅速に復旧できます。 DRaaSは、オフサイトのデータセンターでシステムを稼働させて、インスタントリカバリサービスを提供します。

AcronisCyber Cloud

ディザスタリカバリとバックアップの違いとは?

バックアップは復元への着実なアプローチを提供しますが、ディザスタリカバリはビジネスが危機に瀕している場合も、実行し続けることを保証します。 ディザスタリカバリ(DR)は、事業継続性を維持するために、復旧速度に焦点を当てた特殊なソリューションで、一方バックアップは、たとえ少し時間がかかっても、データを確実に取り戻し信頼できるデータ保護を提供します。

DRaaSはどのように機能しますか?

クラウドコンピューティングは、サービスとしてのディザスタリカバリ、または物理的や仮想サーバーの、サードパーティ製の複製とホスティングを可能にし、人為的または自然災害が発生した場合にフェイルオーバーを提供します。 プロセスに含まれる主な手順は次のとおりです。

1. 複製 - 実際の環境からデータを複製し、その環境をリモートでホストできるサードパーティに送信します。

注:ほとんどの組織には両方に依存するインフラストラクチャがあるため、複製には仮想サーバーと物理サーバーの両方を含める、または「ハイブリッド」ソリューションを提供することが重要です。 さらに、データが頻繁に追加や変更されるユースケースでは、フェイルオーバー中のデータ損失を回避するために、ソリューションは定期的なデータスナップショットをができる必要があります。

2. フェイルオーバー - 災害時にエンドユーザーのデータへのアクセスをサードパーティのホストに移動するプロセス。

注:RaaSソリューションでは、停止時間がビジネスに悪影響を及ぼす可能性があるため、スピードが最も重要です。

3. フェイルバック - サードパーティのホストの環境からエンドユーザーの環境にデータを戻すプロセス。

注:フェールバックが完了したらすぐに、レプリケーションプロセスが再開されていることを確認しましょう。 そうすることで、継続的な保護が確実に再開されます。

DRaaSが顧客に与える利益とは?

今日の企業はダウンタイムを決して許さないため、DRaaSは、通常のプロセスが復元している間も、企業が遠隔操作できるように重要な橋渡しをします。 自然災害は、一般にDRaaSの必要性と関連していますが、最も一般的な5つのユースケースは次のとおりです。

1.オンプレミスでの停電
2.ネットワーク障害
3.ソフトウェア、ITシステムエラー 4.オンプレミスデータセンターの障害(停電によるものではありません)
5.セキュリティ関連(マルウェア攻撃)

コストのかかるダウンタイム(財務上と企業の評判の両方の損害)を回避し、ビジネスの競争力を維持とコンプライアンスを維持するには、迅速な復旧が不可欠です。 つまり、マネージドサービスプロバイダからのサービスとしてディザスタリカバリをアウトソーシングすることで、顧客は複雑で時間のかかる、ディザスタリカバリオーケストレーションを回避できます。

サービスプロバイダーにとってのDRaaSのメリット

サービスプロバイダーは、基本的なITサービスを顧客に提供していますが、ビジネスを成長させるためには解約を減らすか、顧客の定着率を高めることが不可欠なことが研究によってわかっています。 今日のサービスプロバイダは、革新的なクラウドベースのデータ保護ソリューションを提供することでそれを実現できます。 サービスとしてのバックアップが出発点です。 お客様が危機的な状況でダウンタイムを回避し、重要なシステムを迅速に復旧できるようにすることは、不可欠な追加のソリューションです - そしてそれにはサービスとしてのディザスタリカバリが必要です。

ターンキーソリューションを扱うサービスプロバイダは、このサービスを自社製品に簡単に追加できます。CAPEXもハードウェアも不要なので、サービスプロバイダはスイッチを切り替え流だけでDRaaSを提供できます。

一方、自然災害以外にもDRが顧客に効果的な場合が多いため、DRaaSを提供するサービスプロバイダは、危機に対する顧客の信頼を強化しつつ、新たな収益源を活用できます。

ダウンタイムの費用

予算レポートには、インフラストラクチャ費用(スタッフからITハードウェアまで)などのコストを評価するために必要な情報と、収益を生み出すチャネルが含まれています。 企業は、継続して実行しなければならない基本要件を確立するために数値を実行する必要があります。

プロのヒント:企業はすばやく復旧するためにより多くの費用を費やす必要があるため、事前に復旧階層 - 最も重要なものから最小のものまでを設定することが重要です。

ディザスタリカバリサービスの費用

従量課金制のサービスでは、サービスとしてのディザスタリカバリは費用対効果に優れています。顧客は予測可能な一定の月額料金でDRaaSにアクセスできます。 一方、オプトインしない顧客は、1時間あたり最大10万ドルのダウンタイムによる損失がでる可能性があります。これは、組織の98%が報告している平均的な損失です。

コストはまた必要とするDRaaSソリューションの種類にもよります。 主な選択肢は3つあります。

1. セルフサービス - ソリューションを購入して自分で実行します

2. 支援 - 必要に応じてアドバイスや支援を提供できるDRaaSのプロがサポートするソリューションを購入します

3. 管理 - DRaaSを求める計画を考案し、代わりに管理できるエキスパートに外注します

DRaaSを販売してもっと稼ぐ方法

企業が必要とするすべてのデータ保護サービスを提供することは、解約を減らしてサービスプロバイダビジネスを差別化と専門知識を実証し、新しい市場に到達するための簡単な方法です。 これには、いくつかの方法があります。

1. 顧客教育によりアップセルの可能性を高める

このソリューションを売り込むには、バックアップサービスとディザスタリカバリサービスの違い、およびさまざまなDRのユースケースについて顧客に教育する必要があります。 たとえば、今日のクラウドソリューション(Office 365など)の普及に伴い、サービスプロバイダとしてのバックアップとDRの両方の価値について、顧客との関わりを持つことが容易になりました。 ほとんどの顧客は、サードパーティのクラウドソリューションに関しては、そのデータを保護する責任が顧客にあるのか、それともあなたか顧客のサービスプロバイダにあるのかを知りません。

一方、サービスとしてのディザスタリカバリは、自然災害だけにとどまりません。 ヒューマンエラー、ソフトウェアおよびハードウェアの障害などの従来の攻撃からマルウェアなどの現代の脅威まで、さまざまなシナリオについて顧客を教育するサービスプロバイダは、これらのソリューションをすべての顧客に容易にアップセルできます。

2. ディザスタリカバリサービスを中小企業にとって手ごろな価格にする

ディザスタリカバリに関して、予算やITスタッフの専門知識を持たない中小企業の複雑なDRソリューションの実装を支援する独自の機会があります。 適切なソリューションを使えば、手頃な価格のDRaaS代替手段を顧客に提供できるため、最悪の状況に備えて準備できるだけでなく、予算を保護することもできます。

3. すべてのお客様に包括的なサービスを提供

今日では、サービスプロバイダーからのオールインワンサポートに対する需要も高まっています。 ディザスタリカバリはバックアップの自然な拡張であり、特にソリューションを有効にし、予測可能な月額料金がかかる場合とダウンタイムにコストがかかるの場合には、顧客に容易にアップセルできます。

4. コンプライアンスを徹底する

コンプライアンス要件を満たすことは、既存の顧客だけでなく新しい顧客の参入にも不可欠です。 DRaaSの提供で、専門法律事務所や診療所などのニッチ市場をターゲットにすることもできます。