Tutorial

2018年 オンラインバックアップサービス 12の重要な機能

私たちは、フロッピーディスクから、外部ドライブ、CD、Blu-ray、フラッシュドライブ、SSDドライブ、そして現在はクラウドへのバックアップまで、バックアップとデータ保護の長い道のりを歩んできました。現在、オンラインバックアップ(クラウドバックアップとも呼ばれます)は、PCやモバイルデバイスを保護するために急成長しています。

AcronisTrue Image 2019

しかし、多くの消費者はオンラインバックアップサービスの利点や、なぜSSDの外付けUSBディスクドライブなどのローカルバックアップよりもオンラインバックアップを選択するのかについてはっきり理解していません。今回は バックアップ が何を意味するのかを定義し、そしてさらにファイル同期・共有ソリューションがバックアップではないことを理解していきましょう。

バックアップとは何か?

バックアップソフトウェア は、元のデータが損失や破損した場合に備えて、デジタルデバイスに1つ以上のデータコピーを作成します。 異なるバックアップソリューションは、さまざまな種類のデータとさまざまなデバイスの組み合わせを保護します。 たとえば、一部のソリューションはPCやMacなどの特定のデバイスのみをバックアップしますが、モバイルデバイスは保護しません。 別のバックアップソリューションでは、すべてのデバイスを保護することができます。

PCとMac向けのバックアップソリューションの中には、ファイルとフォルダのバックアップしかないものもあれば、ハードディスク全体のスナップショットを取得してバックアップするものもあります。これを フルイメージバックアップ といいます。

フルイメージバックアップを使用すると、オペレーティングシステム、アプリケーション、データ、設定、履歴などをベアメタルコンピューター、つまりオペレーティングシステムがインストールされていないコンピューターにも復元できます。Acronis True Image 2019はフルイメージバックアップなどすべての機能がそろった唯一の包括的なバックアップソリューションです。

オンラインバックアップとは何か?

オンラインまたはクラウドバックアップについて説明する前に、クラウドについて説明しましょう。 クラウドとは、クラウドプロバイダーが所有し運営しているデータセンター内にある、セキュリティで保護されたコンピューターとストレージのネットワークで、物理インフラを表すために使用される包括的な表現です。クラウドにはパブリックとプライベートがあり、AmazonやGoogleなどの大規模クラウド、Acronisなどの中規模プロバイダー、特定の地域の企業や個人ユーザーにクラウドサービスを提供する小規模の組織など、さまざまな規模のクラウドプロバイダーが数多く存在します。

規模にかかわらず、クラウドプロバイダーはインフラを企業や個人ユーザーに有料で提供することができ、アプリケーションを安全に実行し、バックアップデータやデータを保管します。 これらのサービスは、インフラストラクチャ アズ ア サービス(IaaS)、ソフトウェア アズ  ア サービス(SaaS)、プラットフォーム アズ ア サービス(PaaS)などさまざまな種類があります。これらのクラウドサービスを使用する利点の1つは、企業や個人ユーザーがハードウェアの構成、ソフトウェアのロード、データの保護など、独自のハードウェアへの投資や、技術的な問題を管理する必要がないことです。そのため運用にかかる時間とコストを低減できます。

オンラインバックアップでは、バックアップを保存するために外付けハードドライブやフラッシュドライブを購入する必要がなく、ネットワーク接続を介してクラウドインフラにバックアップを保存できます。

オンラインバックアップとは呼べないもの

Dropbox、OneDrive、Google ドライブは、企業と個人ユーザーの両方で広く採用されています。これらは、任意のデバイスとブラウザを使用し、クラウド環境内のドキュメントやファイルを集中管理、共有、コラボレーションできるファイル同期・共有(FSS)ソリューションです。 FSSソリューションは、ドキュメントを共同作業で共有するときや他の人が表示や編集できるようにしたいときに便利です。FSSはメールで送るには大きすぎるファイルを送信するためのより現実的な方法でもあります。

Dropbox、OneDrive、Google ドライブなどのFSSソリューションは多くの場合に有益ですが、バックアップソリューションではありません。たとえば、Dropboxのクラウドストレージにファイルを置いておくことができ、ファイルは削除するまでそこに残りますが、これらのFSSソリューションにはコンピューターを簡単かつ安全にバックアップするために必要な機能がありません。FSSソリューションは、ユーザーが設定したスケジュールでデータをバックアップしませんし、ライブデータの変更が行われたときにFSSに保存したファイルを継続的に更新もしません、また前述の2019年に「必須」となるオンラインバックアップ機能を提供しません。

オンラインバックアップの利点

ハードウェアの追加に伴うコストの削減に加えて、オンラインバックアップは安全で便利でどこからでもアクセスできます。

オンラインバックアップはコンピューターに近い場所に保存されないため安全です。自然災害などでコンピューターが破壊された場合、ローカルバックアップも破壊される可能性があります。

オンラインバックアップは、インターネットにアクセスするたびに自動的にデータをバックアップすることができ、また復旧することもできるので便利です。これは、あなたが最後にバックアップしたかどうか怪しいときなど、 「やってしまった!」という瞬間をなくします。 オンラインバックアップを使用すると、安全な遠隔地にあなたのコンピューターに保存されたとおりにデータをバックアップできます。

最後に、インターネットに接続している場所であればどこからでも、データのバックアップ、アクセス、復旧ができます。 たとえば、休暇中にノートパソコンが故障したとします。 自宅に戻ってローカルのバックアップドライブに保存されたデータにアクセスするのではなく、別のコンピューターを使用してデータを表示したり、修理されたノートパソコンや交換用のノートパソコンにデータをダウンロードしたりすることもできます。

ハイブリッドバックアップ

しかし、オンラインバックアップには重要な注意点が1つあります。 オンラインバックアップはローカルドライブへのバックアップより安価で安全で便利ですが、バックアップコピーは1つだけです。1つのバックアップコピーが完全な保護を保証するわけではありません。ほとんどのデータ保護専門家は「3-2-1のバックアップルール」を推奨しています。

  1. 3つのデータコピーを維持(実データ×1、バックアップ×2)
  2. 2つのメディアにバックアップ
  3. 1つのバックアップをオフサイト(クラウド)に保存

最高の「オールインワン」バックアップソフトは、オンラインバックアップとローカルバックアップの両方の機能を提供します。これは、「ハイブリッドバックアップ」または「デュアルプロテクション」と呼ばれます。

ハイブリッドバックアップ

2018年のオンラインバックアップ

クラウドバックアップソフト は千差万別です。一部のプロバイダーはオンラインバックアップのみ提供し、別のプロバイダーはオンラインとローカルの両方を個別に提供していますが、その場合、個々に製品を購入する必要があります。ハイブリッドバックアップは、データの保護を保証するために「バックアップの3-2-1ルール」を満たしているだけでなく、データ復旧も簡単にします。たとえば、誤って削除したファイルを1つだけ復旧する必要がある場合は、別の場所にあるバックアップドライブに物理的にアクセスできるようになるまで待つのではなく、クラウドからファイルを復旧する方が速い場合があります。ただし、大量のデータ(またはすべてのデータ)を復旧する必要がある場合は、ローカルバックアップから復旧する方がよい場合もあります。それぞれのバックアップに柔軟性を持たせると便利で安全なものとなります。

Acronis True Image 2019は、データが完全に保護されているだけでなく、常にアクセス可能であることが保証される、ローカルとオンラインのハイブリッドバックアップを提供します。

Acronis True Image 2019: 12の重要なオンラインバックアップ機能

Acronis True Image 2019は、最先端のデータ保護ソフトです。以下の12の重要なオンラインバックアップ機能が含まれており、バックアップが迅速かつ簡単で完全なものになります。

家庭にあるすべてのデバイスを保護

どの世帯にも複数のデバイス(複数のコンピューター、ラップトップ、iPhoneなど複数のデバイスのタイプ)があり、さらにさまざまなブランド(MacやPC、iPhone、Androidなど)の組み合わせもあります。Acronis True Image 2019は、これらのデバイスの種類とブランドをすべて保護します。

すべてのデバイスからWebアクセス

どのデバイスからでもクラウドにバックアップするファイルにいつでもアクセスできます。ファイル、フォルダ、写真、またはその他のデータにアクセスするために家やオフィスに戻る必要はもうありません。

フルイメージバックアップ・復元

Acronis True Image 2019はフルイメージバックアップを提供するバックアップ・復元ソフトウェアです。オペレーティングシステム、アプリケーション、履歴、環境設定、写真、ファイル、ビデオ、ブックマーク、ライセンスキーやパスワードを含むすべての設定とカスタマイズがバックアップされます。そのため、コンピューターに障害が発生した場合や、盗難にあった場合、またはマルウェアやランサムウェアの被害にあった場合に容易に復旧できます。すべてがバックアップされているため、素早く簡単に起動可能な状態に復旧できます。

フルイメージバックアップ

ファイルとフォルダのバックアップ・復元

Acronis True Image 2019はディスク全体をバックアップしますが、1つのファイルまたはフォルダを復元することもできます。ファイルを保存した場所を覚えていない場合でもAcronisは、ローカルバックアップとクラウドバックアップを検索して、必要なものをすばやく見つけて復元できます。

ファイル回復

ローカルドライブ上のバックアップを検索

 

 

クラウド上のバックアップを検索

モバイルデバイスのWindowsへのワイヤレスバックアップ

モバイルデバイスがPCと同じWi-Fiネットワークに接続されている場合、バックアップは自動的に開始されます。コンピューターの画面でAcronis True ImageのQRコードをスキャンするだけで、すべての設定が完了します。

3-2-1バックアップ戦略

遠隔バックアップ管理

いつでもどこからでも、どのコンピューターまたはモバイルデバイスからでもバックアップのステータスを確認できます。

リモートバックアップ

SNSの増分バックアップ

偶発的な削除やSNSのエラーは、あなたの思い出や写真をFacebookから永久に削除してしまいます。Acronis True Image 2019は自動的にFacebookとInstagramをバックアップします。Acronis True Image 2019はフィードの変更のみをバックアップして1回のバックアップサイズを縮小し、バックグラウンドで動作します。

ソーシャルバックアップ

クラウドへのアーカイブ

Acronis True Image 2019は、古いファイルをクラウド(およびローカルドライブ)に安全にアーカイブすることでスペースを節約できるため、より簡単に作業できます。アーカイブされた後も、Windows エクスプローラー、Mac Finder、またはWebブラウザ経由でこれらのファイルに簡単にアクセスできます。

中断なしでバックアップ

Acronis True Image 2019は、システムの稼働中にバックグラウンドでバックアップを実行します。パフォーマンスへの影響はなく、バックアップ中も引き続き作業できます。

複数のバックアップ設定

必要に応じて、さまざまなバックアップスケジュールを設定できます。毎日または毎週のフルバックアップをスケジュールする一方で、特定のフォルダをより頻繁にバックアップすることもできます。より良い保護のために、複数の保存先へのバックアップを設定できます。

暗号化とパスワード

安全なクラウドにデータを転送する前に、コンピューター上のデータを暗号化することは重要です。 これによりプライバシーを最大限に確保し、データを安全に保ちます。

世代管理

Acronis True Image 2019では、保存するファイルのバージョン数と保存期間を選択できます(デフォルトは6ヵ月、20バージョン)。他のソリューションの場合、バージョンや保存期間が制限されます。

オンラインとローカルバックアップが必要な理由

ローカルバックアップのみの時代は終わりました。家庭や小規模オフィスでお使いのコンピューターとモバイルデバイスを確実に保護するには、ローカルとオンラインのバックアップ、Acronis True Image 2019のような簡単・高速のハイブリッドバックアップソリューションが必要です。Acronis True Image 2019をお試しになるには 無料トライアル版 をダウンロードしてください。

Related articles

Tutorialオンラインデータ復旧ソフト