Сase study

Acronis Files Cloudが最も安全なクラウドファイル共有サービスである理由

「クラウドコンピューティング」が、世界的な語彙となってから10年以上が経ちました。 当時は、クラウドコンピューティング、クラウドストレージ、クラウドサービスなどのアイデアが、ITの流行と未来として、説得力のある使いやすさと手に負えないほど複雑で、ひどく危険で従来のコンピューティングよりも安全でなものとして描かれていました。

AcronisCyber Files Cloud

しかし、こうした意見の変化にかかわらず、クラウドは今や企業がビジネスをする上で不可欠な要素となっています。 今日では、75%の企業がバックアップとストレージをクラウドに依存し、安全なクラウドサービスが普及しているため、これらは成長し続けるでしょう。 MSPとして、この成長は新しい顧客をビジネスポートフォリオに引き付け、追加の安全なクラウドベースのサービスで既存の顧客にも再販する両方の大きな機会があること示しています。

ただし、そのためには、MSPサービスを提供するクラウドサービスが、顧客のニーズを満たしていること、そして顧客の懸念事項への対応を確認する必要があります。

企業は、安全性とセキュリティをITサービスの最も重要な機能と考えているため、最優先課題は、利用可能な最も安全なクラウドサービスを提供することです。 セキュリティを重視するクラウドサービスは、顧客からより多くの関心を引き付けるだけでなく、 セキュリティが不十分なサービスで発生する可能性がある、高いコストがかかる危険性を回避することも保証します。

安全でないクラウドサービスの危険性

安全なクラウドサービスは、顧客に豊富な利益をもたらし、現代のビジネスが要求する、データ保護と簡単なアクセス性の組み合わせを提供することが多いのですが、それらは絶対確実というわけではありません。 安全でないクラウドサービスは、顧客のビジネスデータを無数の脅威(商業、金融、技術、法律など)にさらす可能性があります。 これらの脅威の多くは、顧客が従来のオンプレミスベースのストレージおよびサービスから馴染みのあるものと同じです。 管理アプリケーションプログラミングインターフェイス(API)の問題や、不正なクラウドサービスアクセスなど、その他のものはクラウドの構造とプロビジョニングに固有のものです。

しかし、結局のところ、ほとんどの顧客は「クラウドサービスはどれほど安全なのか」ということに対する疑問を持っていません。 その代わり、顧客らはあなたのチームから受け取るどんなITサービスも信頼し、彼らのビジネスデータは安全に利用でき、確実に十分安全であると信頼しています。その期待に応えられないことは、顧客の混乱を招き、収益を著しく損ねることになります。 それを回避するには、不安定なクラウドサービスに特有のものであれ、偶発的な削除や人的ミスのような普遍的でありふれたものであれ、顧客が直面するあらゆる脅威に対処する必要があります。 これは明らかに疑問を投げかけます:

安全なクラウドサービスを見つける方法

今日では、クラウドファイルの同期と共有、ストレージ(サービスとしてのソフトウェア)からデータベース(サービスとしてのプラットフォーム)、ITインフラストラクチャ全体(サービスとしてのインフラストラクチャ)まで、あらゆるITサービスがクラウドに存在しています。 残念ながら、このクラウドサービスの波によって、サービスごとにセキュリティの性能の幅が出て来ています。 また、ユースケースはサービスごとに異なるため、普遍的に適用可能なベストプラクティスのリストからは、必然的にいくつかの詳細な情報が失われている可能性があります。

それを念頭に置いて、以下では主に、安全なクラウドファイル共有サービスを実現するための要素に焦点を当てます。 Dropboxのようなパブリッククラウドサービスは、現代のビジネスが生き残るために必要なセキュリティを欠く一方で、クラウドファイルの同期と共有がどれほど価値があり便利であるかを企業に示しています。 とは言っても、これらの点の多くは、他の安全なクラウドサービスの調査にもある程度関係しています。

1. 保存中および転送中の完全なデータ暗号化

安全なクラウドサービスの最も信頼できる兆候は、それらのデータ暗号化機能です。最も安全なクラウドサービスプロバイダは、自分たちの物をすぐに宣伝するでしょうが、それほど安全ではない競合他社は可能な限り問題を回避するでしょう。

顧客に安全なクラウドファイル共有を届けるためには、何よりも最高の暗号化を見つけることです。この点で注目しておくべき最も重要な機能は、エンドツーエンドの暗号化で、これはデータがストレージにあるときと、世界中の人々によって共有および編集されるときの両方の場合で、顧客のデータを保護します。安全性が低いクラウドサービスプロバイダの中には、一方の状態では暗号化を含めますが、他方の状態では暗号化しないものもあります。あるプロダイバは、転送中および保存中のファイルとフォルダの両方を暗号化しますが、2つの間で利用可能な暗号化のレベルが異なります。

良いニュースは、さまざまなクラウドファイル同期および共有プロバイダーによって提供されるセキュリティを比較することは、明確で定量化可能なテストだということです。

最も安全なクラウドファイル共有サービスには、FIPS 140-2準拠の暗号化アルゴリズムが必要です。これはクラス最高の米国政府のコンピュータセキュリティ標準であり、AES、Triple-DES、RSAなどの高セキュリティアルゴリズムが含まれています。

2. 透明ファイルとフォルダの監査証跡

安全なクラウドサービスがいかに安全であるかのそれほど明白でない尺度とは、ファイルが共有されるときに提供する透明性です。顧客が、クラウドファイルの同期と共有サービスを使用して世界中の従業員とコラボレーションしている場合、誰がいつそのコンテンツにアクセスしたかを見失いがちです。

これは、安全性の低いクラウドファイル共有サービスにおける、一般的なパフォーマンスのギャップであり、これらのアクションがいつ、どこで行われたのかを判断する方法がなく、悪意のあるユーザーが利用できる特権情報、不要なコピーの作成、および未承認の編集などが行われる可能性があります。 MSPが使用中のクラウドファイルの同期および共有サービスを提供しているため、これらの未承認のアクションが発生したことを検出できず(またこれらのイベントについて顧客に報告できない)、確実に反映されません。

最も安全なクラウドサービスプロバイダは、誰がコンテンツにアクセスできるか、誰にアクセスを提供したか、データに対して何が行われたかの詳細な監査証跡への完全なアクセスを提供する機能でリスクから保護します。提供するクラウドファイル同期と共有ソフトウェアを確実にすることは、安全なクラウドサービスを残業に提供するための鍵です。

3. 既存のリソースとの詳細な統合

世界で最も安全なクラウドサービスは、使いにくい場合、データのセキュリティを確保できません。顧客に提供するセキュアクラウドサービスで、運用に余分な時間、トレーニング、または手順が必要な場合、常に合理化された(多くの場合セキュリティが低い)回避策が見つかるでしょう。

投資する安全なクラウドファイル共有サービスが、チームと顧客によって確実に使われるようにするための最善の方法は、既存のビジネスオートメーションシステムと、顧客の最も人気のあるアプリケーションとの統合を要求することです。 Microsoft、ConnectWise、およびその他の注目を集めるサービスのツールとの統合により、顧客は共有や保存できるファイルの種類に制限されなくなります。

MSPビジネスが成長するためには、ネイティブまたはAPIベースの他のインフラストラクチャとの統合が特徴のセキュアクラウドサービスが大きな利点となります。それらは会社既存の課金およびプロビジョニングソリューションへのシームレスな接続で、円滑な顧客関係を可能にし、そして顧客のより早いサービスの利用を助けます。

4. プラットフォームのアグノスティクとモバイル・フレンドリー

同様に、安全なクラウドファイル共有は、それを必要とするすべての人が利用できるのであれば、本当に価値あるサービスです。前述のように、ソフトウェアと顧客のアプリケーションへの組み込み統合による安全なクラウドサービスは、回避策によって引き起こされるセキュリティギャップの予防に役立ちます。 AndroidやiOSなどの、モバイルプラットフォームを含む多様なプラットフォームに対応する機能は、もう1つの潜在的なセキュリティギャップに対処します。

仕事場に、自分の機器を持ち込んでもいいとするビジネスポリシーの台頭により、プラットフォームにとらわれずに、モバイルに優しい安全なクラウドサービスに対する需要は、かつてないほど高くなっています。とはいえ、すべてのクラウドファイル同期および共有ソリューションが、現代のビジネス環境で、使用されているすべてのプラットフォームに追いついているわけではありません。

独自のデジタルニーズのポートフォリオが増えているMSPとして、プラットフォームベースの障害を防ぐための最善の方法は、すべてのスマートフォン、タブレット、ラップトップ、PC、Mac、およびWebブラウザをサポートする安全なクラウドファイル共有サービスを見つけることで、顧客はおそらくそれを必要としています。これにより、顧客は、今日あるいは将来拡大しても、提供している可能性のあるあらゆるユースケースで、提供しているセキュアクラウドサービスを確実に使用できます。

最も安全なクラウドファイル同期および共有サービス:Acronis Cyber Files Cloud

Acronis Cyber Files Cloudは、サービスプロバイダ専用に設計されています。Acronis Cyber Files Cloudは、業界をリードするクラウドファイルの同期と共有の機能を備えており、これを使用すれば顧客に可能な限り最も安全なクラウドサービスを提供しながら、独自の生産性と収益性を維持できます。

Acronis Cyber Files Cloudは、Acronis Cyber Cloudの一部です。これは、サービスプロバイダが簡単で効率的かつ安全な方法で、サイバー保護の提供を可能にするプラットフォームです。

提供するサービスにAcronis Cyber Files Cloudを追加することで、データの転送中または保存中にFIPS 140-2認定の暗号化を提供しながら、あらゆるデバイス、ブラウザ、またはプラットフォームのユーザーをサポートする、包括的で安全なクラウドサービスを利用できます。顧客のポートフォリオが依存する、すべてのデバイスのサポート、およびマイクロソフトの最も人気のあるビジネス用アプリケーションとの統合により、すべての顧客は、成長と競争に必要な信頼性の高い、安全なクラウドファイル同期と共有サービスを見つけられます。それは顧客の目標達成を助け、MSPビジネスの評判、顧客基盤、そして収益性を高めるのを援護します。