暗号化されたクラウドストレージと外付けハードディスクドライブの比較

Acronis
Cyber Protect Cloud

手紙を書いたり、表計算をしたりするためだけにパソコンを使っていた時代は終わりました。最近では、予約や友人や家族との会話、税金の申告など、あらゆることをコンピュータまたはスマートフォンさえでも行うようになりました。また、ソーシャルメディアやビデオ・ストリーミングなどのエンターテイメント・ソースとしてシステムを利用している人が多いことも忘れてはいけません。その結果、私たちはこれまで以上に多くのデータをデバイスに保存し、保管しています。あなたがほとんどの人とおなじであれば、そのデータの多くは失いたくないものです。 そこでこの記事では、外付けハードディスク・ドライブ(外付けHDD)と暗号化されたクラウドストレージにデータをバックアップする方法と、それぞれの長所と短所について説明します。   

この記事でわかること: 

  • クラウドストレージと外付けHDDの基本 
  • クラウドストレージと外付けHDDの暗号化・セキュリティ比較 
  • クラウドストレージが最終的に外付けHDDよりも優れた安全なソリューションである理由 
  • Acronis Cyber Protect Home OfficeとAcronis Cloudを使うメリット

外付けHDDの特徴とメリット

技術的な専門用語に馴染みがなくても、その名前だけで外付けHDDとは何か、何をするものなのかを理解するのは比較的簡単なはずです。外付けHDD とは、ケーブル接続を介して外部からコンピュータや他の互換性のあるデバイスに接続するための容器(またはシェル)に封入されたハードドライブのことを指します。 そして、他のハードドライブのように、外付けHDDの主な機能はデータを保存することですが、 唯一の大きな違いは、ユニットがシステムの内部ではな く、外部に存在するということです。 

クラウドストレージの基礎知識 

最近では非常に人気がありますが、「クラウド」という用語は、実際にはリモートサーバーにホストされ、インターネットを介してアクセスするファイルやフォルダを指して、非常にゆるい意味で使われています。つまり、「クラウド」にファイルをアップロードするという話を聞いても、実際にはインターネット接続を使って、どこか別の場所にあるマシンにデータをコピーしたり転送したりしているということになります。 

一般的に「クラウドストレージサーバー」として知られるこれらのリモートサーバーは、ユーザーが所有し管理するシステム(物理的または仮想的)である場合もあり、 大企業やサービスプロバイダーが所有する大規模なサーバーシステムである場合もあります。実際のストレージや転送プロセスには使用している会社、サービス、またはインフラによっていくつかの違いがありますが、クラウドサーバーにファイルを「アップロード」することは、基本的にどの方法やプロバイダーでも同じ(つまりバックアップまたは転送したいファイルを選択して、インターネット経由で送信すること)です。

個人用ファイルストレージとクラウドバックアップの比較 

結局のところ、あなたのデータは、あなたが保持しているバックアップと同じくらい安全です。したがって、どのようなバックアップ方法を使用しても、全くバックアップを取らないよりはマシです。また、外付けHDDとクラウドバックアップのどちらも、効果的なバックアップ戦略を実行するのに役立ちます。それでも、両方のタイプのバックアップストレージには長所と短所があります。そこで、どちらのタイプのバックアップ戦略が最適なのかを判断するために、2つのタイプを比較してみましょ う。 

Acronis

外付けHDDの中でUSBは王様です 

外付けHDDにはいくつかのタイプのコネクタがありますが、大部分は一般的なUSBケーブルを介してホスト・システムやデバイスに接続します。実際、USB以外のコネクタを備えた外付けHDDは、古いレガシーな種類のものでない限り、ますます珍しくなってきています。しかし、使用する接続タイプにかかわらず、すべての外付けHDDは基本的に同じように動作します。

一般的なUSBインターフェイスを使用しているため、外付けHDDは非常にポータブルです。つまりUSB外付けドライブは、ほぼすべての標準的なデスクトップまたはラップトップコンピュータから素早く接続(または切断)することができます。場合によっては、特定のスマートフォンやその他のモバイル機器に接続することもできます。このような迅速な接続性と携帯性により、プライマリ・ホスト・デバイスやシステムが故障したり紛失したりした場合でも、重要なデータにアクセスできるようになります。 

スヌーピングとハッキングの懸念が減少 

クラウドにデータをアップロードするには、サービス・プロバイダーやホスティング会社がデータを安全に保管し、データを見ようとしないという一定の信頼が必要です。また、信頼できるクラウドストレージサービスもありますが、外付けHDDを使用することで、データへのアクセス権を管理できるのは自分だけなのでそのような心配を完全に取り除くことができます。外付けHDDを使用していないときは接続を外しておき、耐火金庫に隠したり、固定したりすることで、盗み見やハッカーからの保護をさらに強化することができます。 

イマイチな側面 

外付けHDDは、コンピュータからファイルをバする簡単で効果的な方法です。また、優れたバックアップ戦略を作成するための素晴らしい第一歩となることができます。しかし、バックアップストレージの主要な形式として外付けHDDに頼る前に、外付けHDDには検討すべき潜在的な落とし穴がいくつかあります。

故障は避けられない 

物理的なハードドライブの任意のタイプで一つの確かなことはある時点でそれは失敗し、動作を停止してしまうというのです。ほとんどの外付けHDDは、単なる物理的な障害や熱などの影響を受けやすい回転するプラッタとその他の要素を備えた機械的なデバイスであることに変わりはありません。また、最新のSSDベースの外付けHDDはより信頼性が高くなっていますが、電気的に不安定な状態やサージによるオーバーライトの失敗や損傷が発生しやすくなっています。重要なデータをバックアップするために使用されている外付けHDDが故障した場合、非常に高価な復旧 サービスで復旧できない限り、ファイルはおそらく消えてしまいます(これはまだ大きな「もしも」ですが)。 

火災やその他の自然災害 

前述したように、外付けHDDを金庫に保管することは、スヌーパーやハッカーからデータを守るための良い方法です。しかし金庫であっても、通常は火災やその他の自然災害からハードドライブを保護することはできません。さらに外付けHDDを耐火金庫に保管していても、洪水などの物理的に破壊される可能性のある事象の被害を受ける可能性があります。 

存在しない、または信頼性の低いセキュリティと暗号化

ほとんどの場合、外付けHDDを接続して使用することは非常に簡単です。しかし、 そのシンプルさは多くの場合、代償を伴っています。それは暗号化やセキュリティの欠如です。 確かに、基本的なパスワード暗号化を提供していないいくつかの外付けドライブがあります。または、確かに、そのようなBitLockerやVeracryptな どのソフトウェア暗号化ツールを使用して外付けHDDを保護することができます。 それにもかかわらず、外付けHDD上の暗号化を設定するには、いくつかの技術的な知識と忍耐が必要です。また、暗号化キーを紛失してしまうと、保存されたデータへのすべてのアクセスを失うことになるため、暗号化キーを紛失しないようにする必要があります。 

Acronis

暗号化されたクラウドストレージのメリットとデメリット 

クラウドは、企業と消費者のコラボレーション、コミュニケーション、データ保護の方法に革命をもたらしました。クラウドにデータを保存することは確かに最近では人気のあるオプションですが、潜在的なデメリットがないわけではありません。そこで、このセクションでは、クラウドバックアップサービスの長所と短所を見ていきましょう。 

データはいつでもどこでも利用可能 

クラウド上のオンラインバックアップの大きな利点は、インターネット接続さえあれば、いつでもどこからでもデータにアクセスできることです。クラウドバックアップ ファイルには、デスクトップPCやラップトップからでもアクセスでき、多くの場合、スマートフォンからもアクセスできます。なので、どこへ行っても外付け HDDのような余分なデバイスを持ち歩く必要がなくなります。

災害や緊急時のために 

一方、外付けHDDは、火災、洪水、その他の危険性などの物理的な脅威がない限り、バックアップデータに適した媒体となります。一方、安全なクラウドストレージ サービスは、重要なファイルをオフサイトに保存することで、お客様とお客様のデータを保護するための追加のレイヤーを提供します。そのため、万が一のことがあっても、クラウド上でファイルを利用することができます。火災や自然災害の後にバックアップファイルを復元する必要が生じた場合でも、この重要な追加保護機能をご利用いただけます(そのようなことが起こらないことを願っています)。 

自分のバックアップのバックアップ 

特にそのような損失を防ぐ簡単な方法がある場合には、どのようなタイプのデータであっても失うことは許されません。クラウドにファイルやデータを保存しておけば、 システムやローカルストレージに何かが起きても、リモートサーバーに重要なファイルのコピーが残っているという安心感を得ることができます。これは一般的に「冗長 性」と呼ばれるもので、この場合は単純にバックアップファイルのコピーを追加しておくことを意味します。さらに、優れたクラウドストレージサービスプロバイダーは、クラウドデータのバックアップを保持しています。また、Acronisなどのような優れたクラウドバックアップおよびストレージプロバイダーは、重要なファイルを複数のサーバーと複数の場所に複数のバックアップを保持しています。重要なのは、常にファイルのコピーを1つ以上保持することに、クラウドストレージプロバイダに頼られなければいけません。

Acronis

暗号化とセキュリティ 

少しでもテック業界のニュースを見ていれば、大手企業やサービスプロバイダのウェ サイトやサーバーがハッキングされたり、危険にさらされたりしているという話を聞いたことがあるでしょう。クラウド上の貴重なデータを信頼するかどうかを決める際には、これは確かに有効な懸念事項です。しかし、一般的に言えば、ほとんどの正規のクラウドストレージプロバイダーは、他のタイプのオンライン企業や組織よりも、ユーザーデータの安全性に優れた仕事をしています。 

マルチレイヤー暗号化 

最高のクラウドストレージプロバイダーは、インターネット接続でファイルが送信された瞬間から強力な暗号化を使用したマルチレイヤーなセキュリティ・アプローチを採用しています。また、最も安全性の高いプロバイダーでは、軍事及び政府級の暗号化を使用して、サーバーに保存されている間もファイルを保護しています。このように暗号化を強化することで、リモートサーバーへの転送中のファイルの安全性が確保されるだけでなく、仮にハッカーがサーバーマシンにアクセスできたとしても、ファ イルデータを見ることができないようにします(最高のクラウドストレージプロバイダーでは事実上不可能のことです)。 

なぜ選ぶのか?両方のソリューションを使用する

これで、バックアップに外付けHDDを使用する場合とクラウドストレージを使用する場合の主な違いを基本的に理解していただけたと思います。上記の情報を読んだ後、どちらか一方のタイプのバックアップストレージを好むかもしれません。しかし、大切なデータや機密ファイルを保護するためには、両方のバックアップ方法を使用することをお勧めします。外付けHDDとクラウドストレージの両方を使用して バックアップするのは面倒で時間がかかることは事実ですが、それはあなたが適切なバックアップソリューションを持っていない場合だけです。 

ベストなバックアップ方法 オールイ ンワンソリューション : Acronis True Image 

Acronis True Imageがあれば、単一の最適なバックアップソリューションを見つけることに悩む必要はありません。Acronis True Imageのソフトウェアでは、他に類を見ないデュアルプロテクション(クラウドとローカルの互換性)が得られ、事実上あらゆる媒体に迅速かつ容易にバックアップすることができます。外付けHDDのバックアップ、ネットワーク接続ストレージ(NAS)のバックアップ、USBフラッシュドライブのバックアップ、そしてもちろん、最高のクラウドバックアップソリュー ションであるAcronis Cloudのバックアップも可能です。

必要とされる唯一のバックアップソリューション 

Acronis Cyber Protect Home Office を使用すると、あらゆるタイプのデータを、事実上あらゆるタイプのストレージデバイスや環境に簡単にバックアップすることができます。 実際、マウスを 2 回クリックするだけで、選択したデータセットまたはシステム全体のバックアップを作成し、データをローカルまたはクラウドに保存することができます。しかし、Acronis True Imageには、迅速かつ簡単なバックアップ作成以外にも、信頼性、安心性、安全性を確保するためのクラス最高の機能が多数搭載されています。ここでは、True Image 2021で利用できる機能のほんの一部をご紹介します。 

Acronis

フール イメージ バックアップまたはミラー イメージ バックアップ - Acronis Cyber Protect Home Officeを使用すると、システム上のあらゆるものを保護することができ、特定のファイルやフォルダのみの小規模なバックアップを作成することもできます。すべてのバックアップイメージは、システムディスクまたはファイルの正確なレプリカです。また、バックアップからの復元が必要になった場合でも、システム全体または単一のファイルだけを簡単に復元することができます。 

Acronis

アクティブディスククローニング - 新しいハードドライブやシステムを購入されましたか?Acronis True Imageは、オペレーティングシステム、設定、プログラム、 ファイル、すべてのものを新しいシステムまたはディスクに移行するのに役立ちます。これは、数回クリックするだけで、システムを再起動することなく行うことができます。 

Acronis

アクティブランサムウェアプロテクション - Acronis True Imageは、ファイルやシステムのバックアップを簡単に行えるだけでなく、ランサムウェアからファイルを保護するワールドクラスの保護機能も備えています。アクロニスアクティブプロテクションは人工知能を使用して、ランサムウェアを検出して停止し、暗号化されたバック アップファイルからファイルのクリーンコピーで自動的にその影響を逆転させます。 

さらなる機能 

上記の機能は、Acronis Cyber Protect Home Officeがお客様の重要なデータやファイルを紛失や盗難から保護するために使用する多くの機能のほんの一部に過ぎません。Acronis Cyber Protect Home Officeの詳細や、すべてのファイルやデータを安全に保つ方法については、当社ウェブサイトの Acronis Cyber Protect Home Officeの機能ページをご覧ください。

アクロニスのその他の情報