付加価値再販業者 (VAR: Value Added Reseller) とは?

Acronis
Acronis Cyber Protect Cloud
サービスプロバイダー向け

 IT業界において付加価値再販業者(VAR: Value Added Reseller)とは、ハードウェア、ソフトウェア、ネットワークなどのサードパーティ製品を購入し、追加機能、ソフトウェア、インテグレーション、プロフェッショナルサービスを通じて製品に「付加価値」を与え、統合されたターンキーソリューションとしてエンドユーザー組織に再販する企業です。VARは、ディストリビューターやOEM(相手先商標製品製造会社)からサードパーティ製品を購入します。

VARのビジネスモデル

ディストリビューターやOEMは、自社製品をエンドユーザーに届けるための販売チャネルとしてVARを利用しています。VARはサードパーティから製品を割引価格で購入し、VARの利益率を向上させます。VARは、すぐに使える統合機能やソフトウェア、コンサルティング、トレーニング、その他の専門的なサービスなど、新しい機能を追加して追加収益を上げ、その製品をより高い価格でエンドユーザーに販売します。VARの目標は、顧客のすべてのITニーズをサポートする「ワンストップショップ」を提供することであります。

VARの特徴、機能、提供するサービス

VARは通常、以下のような機能やサービスを提供しています。

●       カスタマイズされたハードウェアとソフトウェアシステム。多くのVARは特定の業界に特化しており、高度にカスタマイズされた業界固有のソリューションを提供することができます。

●       インテグレーションとネットワーキングサービス。これらのサービスは、多くの中小企業にとって技術的な性質が強すぎたり、企業にとっても複雑すぎる傾向があります。そのため、エンドユーザーはVARにこれらのサービスを依頼しています。

●       コンサルテーションサービス。中小企業や大企業は、カスタムソリューションの要件を開発するために、VARにビジネスニーズの査定を依頼することができます。

●       インストール、設定、実装。これらのサービスを提供することで、導入のスピードアップを図ることができます。

●       オンボーディングとトレーニング。VARは、これらのサービスも提供することで、導入を迅速に行うことができます。

●       カスタムシステムの継続的なサポート。カスタムシステムまたはソリューションがVARによって開発された場合、多くの顧客はVARにサポートを依頼します。

●       カスタム・ドキュメンテーション。VARがカスタム・アプリケーションのサポートを提供する場合でも、その顧客は常にカスタマイズされたドキュメントを必要とします。

●       技術サポート。多くのエンドユーザーは、ソリューションがカスタマイズされていない場合でも、継続的な技術サポートのためにVARに依頼することを好みます。

●       ハードウェアまたはソフトウェアのアップグレード。アップグレードは非常に複雑であるため、多くのエンドユーザーがVARを利用しています。

どのような企業がVARを利用しているのか、またその理由は?

多くのVARは、金融サービス、ヘルスケア、保険など、さまざまな業界に特化しています。彼らは、業界やテクノロジーのビジネス上の課題を知り、業務の進め方を理解しています。このため、多くの企業やMSP(マネージド・サービス・パートナー)は、VARの業界知識とワンストップショッピングを提供する能力から、VARと契約しています。

 VARの一般的アプリケーション

VARは、多くの場合、以下のようなソリューションを設計します。

●       インターネットとモバイルデータサービス

●       VOIPサービス

●       電子メールおよびオフィス生産性アプリ(例:Office 365やGoogle Appsなど)

●       CRMアプリ

●       財務アプリ

●       ERP/HCMアプリ

●       マーケティングアプリ

●       エンドポイント管理(モバイル、デスクトップまたはラップトップ)

●       WindowsパソコンとMac

●       クラウドソフトウェアとストレージ

●       サイバーセキュリティ

●       データセンター

●       ネットワーク設計

●       モバイルワークスペース

●       販売促進用アプリ

●       プリンター

●       ビッグデータ

VARは、すべてのビジネスが必要とするサイバー保護ソリューションを提供することができます。

多くのVAR組織が、Acronis Cyber Protect Home Office、Acronis Cyber Protect、Acronis Cyber Protect Cloudなどのソリューションを含め、サイバーセキュリティを自社の製品に取り込むよう進化しています。

Acronis Cyber Protect Home Office

Acronis Cyber Protect Home Office(旧Acronis True Image)は、コンシューマーとプロシューマーの両方に向けた効率的なオールインワンサイバープロテクションを特徴としています。迅速なバックアップとリカバリ、高度なサイバーセキュリティ、簡単な管理機能を備え、OS、アプリケーション、データなど、ユーザーのコンピュータにあるすべてのものを保護します。

サイバーセキュリティとバックアップを1つのソリューションに統合することで、保護をよりシンプルかつ安価に実現するだけでなく、ランサムウェア攻撃で破損したデータの自動復元など、スタンドアロンソリューションでは実現できない高度な機能を提供します。その高度なマルウェア対策は、これまで見られなかったゼロデイ攻撃など、最新のサイバー脅威をリアルタイムで検知し、阻止することが実証されています。ZoomやMicrosoft Teamsなどのビデオ会議アプリケーションを含む一般的なソフトウェアにも保護機能を拡張し、攻撃者が転送中のデータにアクセスするのを防ぎます。

Acronis Cyber Protect

アクロニスは、サイバーセキュリティ、データ保護、管理をネイティブに統合し、エンドポイント、システム、およびデータを保護するサイバー保護ソリューションをVAR(付加価値再販業者)に提供します。

Acronis Cyber Protectは、顧客の特定のニーズに合わせてカスタマイズ可能なソリューションをVARに提供し、それらは以下の内容を含みます。

●       ビジネスサイバーセキュリティとエンドポイント保護管理、脆弱性評価とパッチ管理、リモートデスクトップとドライブヘルス

●       URLフィルタリングや自動バックアップスキャンなど、フルスタックの次世代マシンインテリジェンス(MI)ベースによるマルウェア対策

●       あらゆるデバイスで、あらゆるインシデントから、アプリ、システム、データを迅速かつ確実にリカバリ

Acronis Cyber Protectは、サイバー保護に対する革新的なアプローチを採用しています。データ保護とサイバーセキュリティを統合することで、これらのソリューションは複雑さを解消し、今日の脅威に対するより良い保護を提供し、時間と費用を節約することで効率を最大化します。

Acronis Cyber Protect Cloud

Acronis Cyber Protect Cloudは、バックアップ、ディザスタリカバリ、次世代アンチマルウェア、メールセキュリティ、エンドポイント保護管理、脆弱性評価、パッチ管理機能を統合し、組織環境にダメージを与える前に脅威を検知・排除する機能を提供します。また、サイバーセキュリティ、データ保護、エンドポイント保護管理をネイティブに統合し、エンドポイント、システム、データを保護する唯一のマネージド・サービス・ソリューションです。この相乗効果により、コストを抑えながら、VARの顧客のリスクをより良く軽減/除去するための複雑さが解消されます。以下のようなメリットを提供します。

●       フルイメージとファイルレベルのバックアップとリカバリにより、20以上のワークロードのデータをほぼゼロの復旧時点目標(RPO)と復旧時点目標(RTO)で保護する業界最高水準のバックアップとリカバリ。

●       マルウェア、ランサムウェア、ゼロデイ攻撃を阻止する次世代行動検知エンジンにより、追加コストなしで本質的なサイバー保護が可能です。

●       インシデント発生後の徹底的な調査と適切な修復を可能にする保護管理ができます。                                         

ビジネス指標を改善し、中長期的な視点で成長したいと考えるVARは、マネージドクラウドサービスのポートフォリオを増やし、アクロニスのCyber Protect Cloudのようなマネージドサービスを含むビジネスモデルへと進化させています。サービス管理プラットフォームの構築は複雑で大変なソフトウェア開発作業です。そのため、VARはAcronis Cyber Protect Cloudのような堅牢でテスト済みのソリューションを提供するテクノロジーパートナーと協力したほうがよいのです。

また、VARはMSP(マネージドサービスプロバイダー)や企業に代わってAcronis Cyber Protect Cloudを購入し、必要に応じてパートナーや企業にサービスの管理を委ねるということも行っています。

お客様のビジネスニーズが何であれ、多くのVARはそのニーズに応え、お客様のシステム、アプリケーション、データを保護し、安全に保つためのサイバー保護を含むソリューションを提供することが可能です。

※このブログは2021年11月22日付英文ブログWhat is a Value-Added Reseller (VAR)?の抄訳です。

アクロニスのその他の情報