2021年04月21日 — Acronis

データセキュリティとは?

Cyber Protect

データセキュリティとは、企業のデータを安全に保ち、悪意のある攻撃や内部犯行など、社内外からの不正なアクセスやデータの破損から守るためのプロセス、ポリシー、技術を指す言葉です。デジタル化が進む以前は、玄関を施錠し、紙媒体の機密ファイルは書類棚に保管し、コンピューターはパスワードで保護することで、データセキュリティに対応していました。しかし、デジタル化に伴い、システム、アプリケーション、データのセキュリティを確保するためには、より多くの努力と最新の技術やツール が必要になっています。

なぜデータセキュリティを考慮する必要があるのか?

知的財産の保護について

お客様の組織は、会社、製品、サービスを差別化するための極めて機密性の高いビジネスデータを保有しています。これらのデータには、財務情報、顧客情報、研究開発情報、ブランドシークレット、トレードシークレット、特許、数式、レシピ、デザイン、ソフトウェアコード、検索アルゴリズムなどがあります。これらのデータは、万が一漏洩したり紛失したりすると、企業の成功や市場での競争力に影響を与えるため、安全に保護する必要があります。

規制要件の遵守

貴社のビジネスでは、顧客や見込み客に関する豊富な情報を保持しています。例えば、 BtoCビジネスの場合、PII(個人識別情報)、PCI(カード情報)、PHI(保護された医療情報)など、保有している消費者データの多は非公開であり、その顧客データは詮索されないように保護する必要があります。

EU一般データ保護規則(GDPR)、カリフォルニア州消費者プライバシー法(CCPA)、Payment Card Industry Data Security Standard(PCI DSS)、Health Insurance Portability and Accountability Act(HIPAA)「医療保険の相互運用性と説明責任に関する法律」などの規制要件の対象となっている場合、データ侵害や漏洩が発生すると、コンプライアンス違反の罰金や調査・修復費用が多額になる可能性があります。

ブランドの保護

コンプライアンス違反による罰金や修復費用に加えて、データ漏洩が発生した場合、影響を受けた顧客への補償が必要となり、最悪の場合、顧客が貴社との取引を断念する可能性もあります。これは、ブランドの評判に影響を与え、最終的には将来の収益にも影響します。

様々なデータセキュリティ技術

システム、アプリケーション、データを保護するために使用されるデータ・セキュリティ・テクノロジーは枚挙にいとまがありません。ここでは、そのいくつかの例をご紹介します。

データの暗号化とは、転送中および静止中のデータを符号化するプロセスであり、通常、軍用グレードのAES-256暗号を使用します。

次世代のマルウェア対策では、人工知能(AI)、機械学習(ML)、行動検知などを取り入れた多層的なアプローチにより、既知および未知の脅威を捕捉します。

脆弱性評価は、高度に自動化されたプロセスで、古いソフトウェア、適用されていないパッチ、ネットワーク制御の一般的なギャップ、アプリケーションの弱点など、ターゲットシステムの既知の弱点を検索します。

URLフィルタリングとは、既知の悪意のあるWebサイトへのアクセスをブロックする技術です。主に、認証情報を盗み出そうとするフィッシングサイト、C&C(コマンドアンドコントロールサーバー)として動作するWebサイト、マルウェアをダウンロードするWebサイト、金銭やカード会員データを盗む可能性のある偽のEコマースショップなどにユーザーが到達するのを防ぐために使用されます。

データ損失防止(DLP)とは、ユーザーの過失やデータの誤操作、悪意による企業の機密 データや個人データの流出を防ぐ技術のことです。DLP技術は、事前に定義された一連のセキュリティルールに基づいてデータへのアクセスや転送操作を許可またはブロックすることで、データの使用および処理ポリシーを実施します。

電子メールセキュリティとは、電子メールアカウントと電子メールコミュニケーションの一部である情報を、内部の脅威や悪意のある攻撃などの不正アクセス、破損、データ損失から保護するための多層的なアプローチを表す用語です。

BYOD(Bring Your Own Device)データセキュリティは、従業員が業務で使用する個人所有のデバイスと、そのデバイスが保持するデータを、不正アクセス、破損、またはデータ損失から保護するための一連の技術に関連しています。これには、マルウェア、ランサムウェ ア、暗号解読機からの保護、デバイスの紛失に備えたリモートワイプ機能、BYODデバイスのデータを安全に復元するためのバックアップ機能などが含まれます。 パッチマネジメントとは、システムやアプリケーションを最新かつ安全な状態に保つために、ユーザーがパッチを見つけ、ダウンロードし、テストし、インストールし、検証するプロセスです。パッチの適用は、IT管理者にとって厳密で時間のかかる作業ですが、自動化されたソリューションを使用すれば、はるかに簡単に行うことができます。

ファイル同期・共有ソリューションは、IT部門がデータのセキュリティとコンプライアンスを管理しながら、チームがどこにいても、どんなデバイスでも、コラボレーション、会社のファイルへのアクセス、ドキュメントの共有を可能にします。

バックアップとは、元のデータが失われたり侵害されたりした場合に備えて、復元可能なデータのコピーを作成するプロセスです。バックアップはデータ保護技術であり、定期的なバックアップなしにデータやシステムの安全性を確保することはできません。

ディザスタリカバリ(DR)とは、災害時にバックアップを利用してフェイルオーバーとフェイルバックを編成し、復旧時間目標(RTO)と復旧時点目標(RPO)を最小限に抑える戦略的アプローチです。ディザスタリカバリ(DR)はデータ保護技術であり、ディザスタリカバリ(DR)戦略なしに、データやシステムの安全性を確保することはできません。

異なるデータセキュリティソリューションを統合する価値とは?

自社のシステム、アプリケーション、データを安全かつ徹底的に保護するためには、上述した多くの技術を導入する必要があります。しかし多くの場合、これらの技術は単独のポイントソリューションとして提供されています。以下にその例を挙げてみます。

  • エンドポイントプロテクション(EPP)にはバックアップは含まれません。情報漏えい対策のデータ・ロス・プリベンション(DLP)技術は、通常スタンドアローンで提供されるか、暗号化などの他のコンプライアンス関連技術とパッケージ化されています。
  • 電子メールセキュリティは、多くの場合、スタンドアローンのソリューションとして、またはエンドポイントプロテクション(EPP)ソリューションのアドオンとして提供されます。
  • ファイルの同期と共有は、通常、スタンドアロン型のソリューションです。
  • 脆弱性評価とパッチマネジメントのソリューションは、エンドポイントプロテクション( EPP)やリモートモニタリング・マネジメント(RMM)ソリューションのアドオンとしてパッケージ化されていることがほとんどです。

この時点であなたは、データを徹底的に保護するために、どのスタンドアロンソリューションを購入しなければならないのか、どうやって最も重要なものを選べばよいのか、疑問に思っているはずです。ありがたいことに、あなたのデータ保護、そしておそらくあなたの人生を非常に楽にしてくれる良いニュースがあります。Acronisが、他にはないセキュリティソリュー ションを提供していることをご存知でしょうか?このオンリーワンのセキュリティソリューションでできることは以下の通りです。

  • セキュリティ技術を統合し、悪意のある攻撃、インサイダーの脅威、人為的なミスによるデータの破損や削除などのリスクを最小限に抑えるための複数の保護層を提供します。 (図1参照)
  • ポイントソリューションが連携する際に生じる不整合、矛盾、セキュリティギャップを解消します。
  • IT部門の時間を大幅に節約し、手作業によるエラーを削減します。
Acronis

Acronis Cyber Protect - 1つのソリューションであらゆることに対応します。

Acronis Cyber Protectは、バックアップとデータ保護、次世代のAIベースのアンチマルウェア、保護管理を単一の統合されたソリューションにまとめ、現代のサイバー脅威に対する完全なサイバー保護を実現する唯一のソリューションです。このソリューションは、バックアッ プ、アンチウイルス、パッチ管理、リモートアクセス、ワークロード管理、監視・レポートツールなど、セキュリティツールやテクノロジーをバンドルしただけの他のセキュリティソリューションや、従来の孤立したポイントソリューションとは異なります。

Acronis

主な特徴は以下の通りです。

  • 単一のエージェント、単一のユーザーインターフェース、単一のプラットフォームによるシンプルな管理ができます。
  • ゼロデイマルウェアやランサムウェアを含む既知および未知の脅威に対抗するために、AI ベースの静的および行動検知、エクスプロイト防止、URLフィルタリングを組み合わせた次世代型アンチマルウェア
  • マシンへの安全なリモートアクセス、リモートワイプ、優先的なパッチ適用、コラボレーションツールなどの悪用からの保護など、リモートワーカーの生産性と保護を維持するリモートワークプロテクション
  • パッチを当てる前に脆弱性を特定し、重要度に応じてパッチ管理の優先順位を決めることができる脆弱性評価とパッチ管理機能を提供します。
  • 不良パッチによりシステムが使用不能になるリスクを排除するフェイルセーフ・パッチ機能。 最新のパッチが実装される前に、自動的にイメージのバックアップが実行され、パッチに問題があった場合には、簡単に復元して動作可能な状態にロールバックすることができます。
  • すべての主要ファイルを保護するアクロニスの包括的なデータ保護マップにより、マシンに保存されているデータの詳細情報(分類、場所、保護ステータス、その他の情報)を提供し、データが保護されているかどうかを検出し、修復オプションを提供します。
  • 重要な文書をリアルタイムで保護する継続的データ保護機能により、バックアップの間であっても重要なファイルへのすべての変更を直ちに保存し、復旧時点目標(RPO) をほぼゼロにすることが可能です。
  • 統合されたアンチマルウェアスキャンとバックアップのパッチ更新によるマルウェア攻撃後のリカバリーが可能です。
  • Acronis Cyber Protection Operation Center(アクロニス・サイバープロテクション・オペレー ション・センター)からのリアルタイムのアラートに基づいて、新たな脅威に自動対応します。
  • バックアップ内に保存されたデジタル証拠に基づいてフォレンジック調査を実施します。

企業のデータ保護を実現する能力に不安がある場合、Acronis Cyber Protectは、バックアップ、ウイルス対策、管理などの時代遅れの混乱をアップグレードし、運用コストを削減しながらアップグレードされたセキュリティと生産性を実現する、簡単で効率的かつ安全なソリューションを得るための最良の選択です。

また、アクロニスはAcronis DeviceLock DLPを提供しています。Acronis DeviceLock DLP は、ビジネスのエンドポイントに包括的なデータ損失防止(DLP)を提供し、インサイダー脅威の最小化、データ保護の可視化、プロセスコンプライアンスの実施を実現します。Acronis Cyber Protectと組み合わせることで、セキュリティ態勢を強化し、データ漏洩を防ぐことができます。

まだまだあります!アクロニスは、組織の人材、プロセス、テクノロジーに焦点を当てた最上級のサイバーセキュリティサービスで、サイバー保護のための総合的なアプローチを提供しています。中小企業であろうと企業であろうと、インフラストラクチャからアプリケーション、人材に至るまで、あらゆるレベルで準備をしておくことで、組織のサイバーセキュリティの態勢は大きく改善されます。

アクロニスのその他の情報