Сase study

マネージド・サービス・プロバイダ(MSP)とは何ですか?

マネージド・サービス・プロバイダー(MSP)は、他のビジネスに複数のマネージド情報技術(IT)サービスを提供するビジネスです。今日のMSPは、オンサイトサポートを必要とするその他の収益源を維持しているかもしれませんが、大部分は自社のサービスをネットワーク経由でリモートで提供しています。

AcronisCyber Backup Cloud

過去では管理されたITサービスプロバイダーは中小企業にサービスを提供していましたが、今や中堅企業や大企業と仕事をしている人々を含むようになりつつあります。つまり、MSPが提供するサービスは、サービスを提供する顧客によって異なるということです。例えば、SMBは、基本的な ITニーズ(例えば、電子メールソリューション、データストレージ、ハードウェア修理、ソフトウェア更新)および/またはデータ保護のような特別なサービスの提供のためにマネージドサービスプロバイダをはめ込みが可能で、成長している会社や大規模な会社の場合、MSPは、ニッチソリューションの事前調査から、社内ITのニーズや容量の見直しまで、社内の専門知識を強化するために採用されることがあります。

もちろん、MSPも特化でき - サイバーセキュリティのようなニッチなサービスのみの提供もします

Managed service providers

マネージドサービスプロバイダー(MSP)のビジネスモデルとは?

マネージドサービスの概念を理解するための良い方法として、サービスの中断/修正と比較があります。

 中断/修正マネージドサービス
 中断/修正マネージドサービス
システムを稼働させ続けるためのアプローチ反応性:問題が発生したときに修正する予防的:定期的なメンテナンスに関する問題を回避する
システム稼働時間の責任顧客MSP
請求1時間あたり/プロジェクトあたり契約内のサービスの定額月額+特別作業のための1時間あたりの料金

「1回限りの」サービス料金制のアプローチでのブレーク/フィックスモデルではなく、今日のほとんどのMSPは定期購読モデルを利用して定期的な収入源を確立し、解約を減らすのに役立つ顧客関係を深めています。

サブスクリプションサービスを使用すると、MSPは特定のシステムに対して責任を負い、運用を続けることができます。 MSPは、定額料金で顧客と契約した後、毎月継続的にITサービス(サービスレベル契約、またはSLAに詳述)を維持します。 月額料金は通常、次のいずれかの方法で決まります。

  • デバイスごと MSPは、管理に役立つデバイスごとに定額料金を請求します。
  • ユーザーごと MSPは、管理するITニーズがある各ユーザーに対して定額料金を請求します。
  • llを含むもの MSPは提供されるすべてのサービスに対して定額料金を請求します。

さらに、SLAを料金に結び付けることができます。 たとえば、よりカスタマイズされたサービスやより実践的なサービスの場合では、MSPの価格はより低い階層のSLAでカバーされた基本的なサービスよりも高くなる可能性が出てきます。

どの企業がトップ10のマネージドサービスプロバイダですか?

世界でも有数のマネージドサービスプロバイダの中には、IBM、Accenture、Cognizantなどの有名なアメリカの会社があります。 インドもマネージドサービスプロバイダのリーダーで、Tata Consultancy Services、Infosys、Wipro、HCL Technologiesなどが10億ドルの収益を上げています。

米国には多くのマネージドサービスプロバイダがありますか?

米国には約3,500のマネージドサービスプロバイダがあります。

Enterprise Management 360のマガジン(2018)によると、グローバルプロバイダーのトップ10は次のとおりです。

  1. IBM
  2. Atos
  3. InfoSys
  4. Cognizant
  5. Wipro
  6. Tata Consultancy Services
  7. HCL Technologies
  8. Capgemini
  9. Datapipe
  10. Accenture

マネージドサービスプロバイダのツールはありますか?

はい。マネージドサービスプロバイダは、ビジネスを継続させる多数の需要のあるサービスを提供する必要があり、そのためには堅牢なMSPソフトウェアが必要です。 MSPツールを使用すると、プロバイダはシステムのリモートでの監視と管理から、システムの安全性の維持、および提供されたサービスに対する請求書の送信まで、あらゆることを実行できます。

ユースケースはさまざまですが、今日すべてのMSPには以下をサポートするツールが不可欠です。

  1. QuickBooks、Microsoft Dynamics GP、Freshbooksなどの財務/会計ツール
  2. 自動タスク、ConnectWise Manage、およびKaseya BMSなどのプロフィールサービス自動化(PSA)ツール
  3. ConnectWise AutomateやAutotask Endpoint Managementなどのリモートモニタリングと管理(RMM)ツール

これらの各カテゴリの中で最も人気のあるツールは、当然、高レベルの自動化も遂行します。 この機能は、マネージドサービスプロバイダがより効率的に作業できることを意味します。

もちろん、このGo-ToツールのリストはMSPビジネスの管理に不可欠ですが、もう1つの重要なMSPツールは、MSPビジネスを継続的に運営するためのものです。 つまり、世界がデジタル化されるにつれて、MSPの87%が顧客にバックアップおよび復元サービスを提供しています。 これは、MSPがバックアップと災害復旧(DR)を有益なアドオンサービスと見なさなくなったことを意味します。 それどころか、これらのソリューションはビジネスの継続性にとってかなり重要です。独自のインフラストラクチャを持つMSPは、バックアップと障害回復にもMSPソフトウェアを活用するのが賢明です。 そうでなければ、すべてのデータが危険にさらされてしまい - マネージドサービスプロバイダのシステムがダウンした場合、その顧客のビジネスも無防備となります。

プロのヒント: MSPは、重要な基準を満たすバックアップとDRソリューションを優先させる必要があります。システム、バックアップやバックアップエージェント自体を攻撃から保護するランサムウェア対策テクノロジの統合が必要です。

マネージドサービスプロバイダープログラムとは?

単に「パートナープログラム」と呼ばれることもありますが、マネージドサービスプロバイダープログラムは、チャネルパートナー(MSP)のビジネスの構築と成長を支援するために、ソフトウェアおよびハードウェアベンダによって提供されます。 利点は、マーケティング、販売、およびマーケティング開発資金(MDF)から、研究開発プロジェクトおよび製品固有のトレーニングまで、ビジネスの利益を高めるプロモーションの機会にまで及ぶ、幅広い技術サポートが含まれる - MSPがサービスを正常に提供するために必要なもの全てです。

プロのヒント: 顧客に主要なオンデマンドサービスの提供を可能にするソリューションの事前調査時に、強力なパートナープログラムが提供する価値を過小評価しないでください。 MSPのニーズを理解しているベンダーは、サービスを提供と、ビジネスの成長をより簡単にします。

Related articles

How toサイバーセキュリティの条件を満たしたMSPを見つける