Acronis Cyber Protect CloudがJamf Proと統合

Acronis
Acronis Cyber Protect Cloud
サービスプロバイダー向け
他の言語 English

アクロニスでは、サービスプロバイダーのパートナーの皆様に、当社の包括的なサイバープロテクションソリューションを、既に利用しているツールと併せて最大限に活用していただけることを目指しています。このたび、Acronis Cyber Protect Cloudが、Apple社のエコシステム向けの包括的なエンタープライズ管理ソリューションであるJamf Proと統合したことを発表いたします。この統合によって、MSPの皆様は、顧客のmacOSデバイスに対するサイバープロテクションサービスを強化しながら、内部の処理を簡素化することが可能になります。

今回の取り組みは、アクロニスの主要なRMM/PSAベンダーとのシームレスな統合リストに新たに加わったもので、Acronis Cyber Protect Cloudとしては、macOS環境のみに特化したサードパーティベンダーとの初の統合となります。

今日のサイバー脅威からmacOSデバイスを保護する

「Macはウイルスに感染しない」という古い格言を覚えていますか?そんな簡単な話ではありません。

かつてサービスプロバイダーにとってはは、市場で圧倒的な強さを持つWindowsデバイスに注力することが容易だった時期があったかもしれません。しかしながら、今日のビジネス環境では、macOSの存在感がますます高まっています。小規模および中規模企業の半数以上 が、macOSデバイスを支給する、あるいは、macOSデバイスの使用を許可するといったかたちで、Macを導入しています。昨年からのリモートワークへの移行に伴い、macOSに目を向けるサイバー犯罪者がかつてないほど増えており、新たなサイバー脅威が次々と発生しています。

MSPとしては、顧客のmacOSシステムを、できるだけ迅速かつ効果的に監視および保護できる適切なツールが必要です。そこで、Acronis Cyber Protect CloudとJamf Proの出番となります。

Acronis Cyber Protect CloudとJamf Pro:より良い連携

macOSデバイスの保護以外で、サービスプロバイダーにとって大きな課題となっていることの1つが、特に、急速に進化するサイバー脅威の猛威に直面する中で、複数のソリューションや管理ツールを使いこなそうとすることです。

MSPの70 %が、2~5社のセキュリティベンダーのソリューションを利用しています。そのような状況は、非効率的でセキュリティ体制の弱体化につながりかねない複雑さを生み出します。管理者は、複数の製品を異なるインターフェイスで操作するトレーニングを受けなければならず、このようなIT環境では、アラートを見逃してしまったり、ソフトウェアの深刻な互換性の問題が生じたりする可能性があります。

今回の統合により、Jamf Proを使用しているMSPは、効率とセキュリティ強化のためのさまざまな機能を利用することができるようになります。

  • 簡単な設定、標準的な登録作業と統合: Jamf Proとの統合では、macOSデバイスの標準の登録と管理方法を活用します。静的グループやダイナミックグループをインストールキューに割り当てると、キューにあるシステムにAcronis Cyber Protect Cloudが自動的に展開されます。IntelまたはM1のチップを搭載したシステムに対してのデプロイがサポートされています。
  • 複数のJamf Proアカウントの管理を効率化: 複数のインスタンスに対して複数のJamf Proアカウントを管理しているMSPの場合、この統合を使用すれば、アクロニスアカウント1つで、全顧客に対応することができます。すべての統合設定を1か所で構成することで、制御された、安全なプロセスを確保します。
  • サイバープロテクション計画のプロビジョニング: Jamf Proアカウント1つで、すべてのmacOSコンピューターに、デフォルトの保護計画を設定します。特に指定がない限り、Acronis Cyber Protect CloudをmacOSコンピューターに展開すると、この計画が自動的に適用されます。
  • 保護状態の監視: 適用している保護計画のステータスを、Jamf Proのインターフェイス内で確認できます。バックアップと保護のステータスは、Jamf Proでは拡張属性として使用でき、高度な検索やダイナミックグループで使用できます。
  • macOSデバイスへの保護エージェントのリモートインストール:任意のmacOSコンピューターを手動または、新しいマシンの標準的な登録手順の一環として、定義する静的または動的グループに割り当てることができます。

Acronis Cyber Protect CloudとJamf Proの統合の詳細については、当社Webサイトでご覧いただけます。

最後に

Acronis Cyber Protect CloudとJamf Proの新たな統合により、MSPはバックアップ、サイバーセキュリティ、エンドポイント保護を包括的に管理できる、アクロニスの単一エージェントソリューションを、顧客のmacOSデバイス上に簡単に一括で展開し、管理することができます。サイバープロテクションの状態の監視や問題への迅速な対応も、Jamf Proインターフェイス内で実行できます。アクロニスのアカウント1つで、1つ以上のJamf Proアカウントを管理できるため、かつてないほど簡単に日々の業務を効率化することができます。

Acronis Cyber Protect CloudとJamf Proの統合を今すぐに導入する方法など、このリリースのさらなる詳細については、Acronis Cyber Protect Cloudソリューションポータルにアクセスしてください。

アクロニスのその他の情報