インターネットの危険から子供を守るために ~ 保護者の皆様へのガイド

Acronis
Acronis Cyber Protect Home Office
以前は Acronis True Image
他の言語 English

インターネットが私たちの生活に不可欠なものとなった今日では、子供によるインターネットの利用に安全を確保することが最も重要です。子供が直面する危険性のあるオンラインの脅威を親として心配するのは当然のことです。

子供による安全なインターネット利用の重要性

最初に、子供のインターネット安全がなぜこれほど重要な問題なのかを理解することが必要です。インターネットは、勉強、ショッピング、友達とのチャット、ゲームをするための素晴らしい場所です。Pew Research Centerによると、10代の若者の95%がスマートフォンにアクセスしており、45%が 「ほぼ常に」 オンライン状態であると答えています。

残念なことにインターネット上には、個人情報の泥棒やオンライン捕食者をはじめとして、他人に危害を加えようとするダークサイダーがいます。したがって、オンラインで子供の安全を守ることは不可欠であり、さまざまな危険性を認識しておく必要があります。

子供のためにインターネットをできるだけ安全に保つために積極的にできることは、インターネットの使用方法について子供に話し、オンラインには危険なことがあると子供に教え、インターネットを安全に使用する方法に関する最新のトレンドとテクノロジーをアップデートしておくことです。

インターネットの安全性について子供に教えなければ、深刻な被害をもたらし、それが長期的な影響を及ぼす可能性があります。精神的・肉体的双方の健康を害する可能性があります。子供たちがオンラインには何があるのか、どうやって自分を守るのかを知るために、オンラインのリスクや危険性について親子で話し合う必要があります。

詐欺やオンライン捕食者は、新しいテクノロジやツールを使用して、より巧妙になっています。そのため、表面に出てこないことがあります。しかし、適切なツールを導入し、最新の状態にしておけば、インターネット上で子供の安全を守ることができます。

子供が直面する可能性のあるオンライン脅威の種類

子供のインターネットの安全は、従来に増して重要になっています。テクノロジーが進歩し、デジタルフットプリントが拡大するにつれて、子供たちはますます拡大するオンラインの脅威にさらされています。フィッシング、ネット上のいじめ、オンライン捕食者、個人情報窃盗などのサイバー犯罪や脅威について考えてみましょう。

さまざまな種類の脅威が、オンラインにいる子供たちにとって危険です。BCGの調査によると、8歳から17歳の子供の93%がインターネットを利用しています。回答者の4人に3人近くが、少なくとも一度はサイバー脅威を経験したことがあると答え、オンラインで安全だと感じている子供はわずか52%で、これはインターネットにアクセスできる世界中の子供の半分にすぎません。つまり、子供をオンラインで保護し、ティーンエイジャーのインターネットの安全を確保するために何ができるかを知っておく必要があるということです。

これらの統計を見ると、子供のインターネットの安全に注目し、オンラインのリスクや脅威について教育しなければならないことがわかります。私たちは誰もが、すべての子供が危険なく探索し、学び、成長できる安全なオンライン環境を望んでいます。

子供のためのインターネット安全のヒント~保護者向けガイド

子供のインターネットの安全を確保し、進化するデジタル世界に対応できるようにするには、子供がインターネットを閲覧するときに役立つ次のヒントやルールを考慮しましょう。

• 子供を教育し、スクリーンタイムを制限したり、特定のウェブサイトやソーシャルメディアへのアクセスを制限したりするなど、インターネットの使用に関する明確なルールと範囲を設定します。

• 子供に個人情報について教え、詐欺に遭わないように個人情報を非公開にすることの重要性を教えます。

• ペアレンタルコントロールツールとAcronis Cyber Protect Home Office といったセキュリティソフトウェアを使用して、コンテンツを監視およびフィルタリングします。

• オープンなコミュニケーションを奨励し、オンラインで何をしているか、何か危険があるかについての情報を共有していることを確認するために、お子様との信頼関係を確立してください。

• 過度のスクリーンタイムの弊害を示し、オンラインでのやり取りを尊重して親が自ら手本となる行動をします。

• ソフトウェアを定期的に更新して、最新のセキュリティ機能が適用されていることを確認します。

子供のオンラインインターネットの安全に不可欠な要素は他にもあります

• インターネットの安全についての子供の教育

• 子供のデジタルレジリエンスの構築

• ポジティブなデジタルのロールモデルになること

• 安全なオンライン慣行を奨励する

これらの要素は、子供のためのインターネットの安全に関するこのガイドで、個別に説明いたします。

子供たちへのインターネット安全教育

インターネットの利用、知識、安全性は日々進化しており、最新の情報を得るのは難しいことです。しかし、子供たちのオンラインの安全を確保するためには、最新の情報を得る必要があります。インターネットは私たちの生活の中心的な役割を果たしています。幼い頃から子供たちにオンラインの安全性について教育することが重要になっています。デジタルの世界を責任を持ってナビゲートするための知識とスキルを与えることで、子供たちを保護できます。

子供とインターネットの安全について話し合うときは、子供の年齢と発達に合わせて会話や話題を調整することが重要です。幼い子供は複雑な専門用語を理解できないかもしれませんが、年長の子供はオンラインでの人間関係や脅威についてより深く話し合う必要があるかもしれません。

責任を持って大人の監督の下でデバイスを使用することの重要性を強調することが重要です。親として、あなたはこのデジタル世界で彼らを助け、導く必要があります。子供が成長するにつれて、オンラインプライバシー、ネットいじめ、個人情報を共有するリスクなど、より具体的なトピックを紹介することができます。オープンにコミュニケーションをとり、経験を共有し、子供たちが快適に過ごせるオープンな環境を重視するようにしましょう。

子供たちにオンラインの脅威を説明するときは、共感できる例や適切な言葉を使うことが、特に複雑な概念を理解しやすくするのに役立ちます。子供たちが質問できる 「安全な場所」 を作り、オンラインの脅威について自分の気持ちを表現できる場所を作るようにしましょう。子供たちの話に耳を傾け、いつでもあなたの指導や支援を求めることができることを伝えましょう。

これに役立つリソースやウェブサイトがいくつかあります。

• BrainPOP - インターネットの安全性を含む様々なトピックに関する教育ビデオを提供しています。

• National Cyber Security AllianceのStay Safe Online - インターネットの安全性とサイバーセキュリティに関する子供、ティーン、親、教育者向けのリソースとヒントを提供しています。

• Be Internet Awesome-インタラクティブなゲームやアクティビティを通じて子供たちにオンラインの安全性を教えるGoogleのプログラム

デジタルレジリエンスの構築

子供たちは、さまざまなオンライン上の脅威や課題にさらされています。デジタルレジリエンスは、子供たちが安全に、責任を持って、自信を持ってオンラインの世界をナビゲートするのに役立つ概念です。デジタルレジリエンスは、子供たちがオンラインのリスクや課題に対処し、十分な情報に基づいて意思決定を行い、それらを克服するのに役立ちます。

それには以下のように子供たちに役立ちます。

• オンラインのリスクと有害なコンテンツを認識し、対応する

• 正しい意思決定を行うためのクリティカルシンキングを身につける

• オンラインの課題に直面したときに、信頼できる大人に助けを求め、サポートを求める

以下に、子供がデジタルレジリエンスを身につけるのに役立つ要素をいくつか示します。

• 明確な範囲を設定すること。インターネットの使用状況とスクリーンタイムに関する明確なガイドラインを持つ

• オープンなコミュニケーション。オンライン体験について、子供とオープンで正直なコミュニケーションを保つようにする

• クリティカルシンキングのスキルを教える。オンライン情報を批判的に評価することの重要性を教育する (情報源の確認、見出しへの疑問、情報共有への慎重さなど)

• 支援的なネットワークを確立する。同じような価値観を共有する友人のネットワークを持つことが不可欠であり、それが課題や経験について話し合う安全な空間を作るのに役立つことを説明する

• 問題解決を促進する。オンライン上の紛争や課題に対処するのに役立つ

• 健全なコピーメカニズム。ネガティブなオンライン体験や感情に対処する方法を説明する

これらの方法で、子供のデジタルレジリエンスとオンラインの安全性を育む上で重要な役割を果たすことができます。

ポジティブなデジタルのロールモデルになる

子供たちは手本を見て学び、あなたの行動は彼らのオンライン習慣を形成する上で重要な役割を果たします。ポジティブなロールモデルになるには、さまざまな方法があります。

• 電子メール、ソーシャルメディアへの投稿、その他のコメントを通じて、オンラインでのやり取りで適切な行動を示すことで、オンラインを尊重しましょう。

• スクリーンタイムのバランスを取るようにしましょう。オンラインで活動する一方で、屋外で活動したり本を読んだりするなど、他のことをするというバランスの取れたアプローチが重要です。

• 個人情報保護の重要性を強調してプライバシーを実践することも重要です。

安全なオンラインプラクティスの奨励

子供たちにオンラインの安全を奨励するもう1つの方法は、強力なパスワードを使用することの重要性を説明し、未知のリンクをクリックしたり不審なファイルをダウンロードしたりしないように注意すること、ネットいじめや不審なオンライン行動が発生したら報告することです。

強力なパスワードは次のとおりです。

  • 一意つまり同じパスワードを2回使用しない
  • 10文字以上 (ランダム)
  • 文字、数字、特殊文字、大文字と小文字の組み合わせ。種類が多ければ多いほど良い
  • パスワードマネージャーは、管理を維持し、管理しやすくするのに役立ちます。

最近では、メールやコミュニティ、友人間でリンクが共有されています。中には本物のように見えるものもあるので、安全なはずですよね?パソコンや携帯電話、スマートテレビでも、見知らぬウェブサイトにつながるリンクをランダムにクリックすると、マルウェアやランサムウェアが含まれている可能性があるため、子供や自分自身、家族を危険にさらす可能性があります。リンクをクリックするときは慎重に行い、送信者が実在し、よく知られており、事前にリンクを共有することを教えてもらうようにしてください。

通信回線を開いておくことは不可欠なので、何かが起こったときには、ネットいじめや奇妙なオンライン行動の事件から情報が共有されるようにしてください。子供は、起こったことを共有するときに、安全で安心できるはずです。これが信頼を生むので、あなたも気づいて、必要に応じて助けられるようになります。

要約すると、次のことを確認してください。

• 定期的にチェックインしましょう。オンラインでの経験について話し合うことで、アドバイスを提供したり、懸念に対処したりすることができます。

• 最新のオンライントレンドと安全対策を把握することで、情報を共有しましょう。

テクノロジーが私たちの生活にシームレスに統合されている世界では、子供たちのインターネットの安全を保証することは、親と子の間で共有された責任です。潜在的なリスクを理解し、オンラインの安全性について教え、デジタルレジリエンスを育み、模範を示すことで、子供が自信を持って安全にデジタルの世界をナビゲートできるようにすることができます。家族のためにオンラインの安全性の強固な基盤を構築するには、オープンなコミュニケーションと継続的な関与が不可欠です。学習、接続、福利を促進するデジタル環境を作成し、デジタル世界を安全にナビゲートできるようにすることができます。

子供のインターネットの安全に関するFAQ

1.子供にとってのオンラインの安全性の重要性は何ですか?

インターネットは、ネットいじめ、オンライン捕食者、不適切なコンテンツ、個人情報の盗難など、さまざまな潜在的なリスクに子供たちをさらしているため、オンラインの安全性は非常に重要です。子供たちにオンラインの安全性について教えることは、デジタル世界を責任を持ってナビゲートし、個人情報を保護し、精神的・感情的な健康を維持し、成長するにつれて利益をもたらす健全なオンライン習慣を身につけるのに役立ちます。

2.親はどのようにして家庭で子供たちのインターネットの安全性を促進できますか?

以下の方法で家庭でのインターネット安全を促進しましょう。

  • インターネット使用に関する明確なガイドラインとルールを設定する。
  • オンラインの潜在的な危険性について教育する。
  • ペアレンタルコントロールソフトウェアを使用してコンテンツをフィルタリングし、制限時間を設定する。
  • 子供たちがオンラインでの経験や悩みを気軽に相談できるよう、オープンなコミュニケーションを奨励する。
  • 子供たちがオンライン情報を評価できるよう、批判的思考スキルを教える。

3.子供が守るべき5つのインターネット安全ルールとは?

以下のルールに従うことが必要です。

i 個人情報をオンラインで共有しない。

ii 強力なパスワードを使用する。子供には、アカウントごとに強力で一意のパスワードを作成し、信頼できる大人以外の誰にも共有しないように教えます。

iii 知らない人には注意する。実生活で知らない人に付いていかないのと同様に、知らない人からの友達申請やメッセージを受け取らないようにアドバイスします。

iv 投稿する前に考える。オンライン投稿の潜在的な影響について考え、不適切なコンテンツや機密性の高いコンテンツを共有しないように教えます。

v. 報告とブロック。疑わしいコンテンツや有害なコンテンツがあれば報告し、オンラインで不快な思いをさせる人をブロックするように子供たちに指示します。

4.今日のデジタル時代に、なぜ子供のインターネット安全教育が重要なのでしょうか?

子供のインターネット安全教育が重要なのは、子供たちがデジタル時代に成長し、オンラインでのやりとりが生活の一部になっているからです。適切な教育がなければ、子供たちはネットいじめ、嫌がらせ、詐欺、不適切なコンテンツに脆弱になる可能性があります。オンラインの安全性について教えることで、子供たちは情報に基づいた意思決定を行い、プライバシーを保護し、前向きなオンライン行動を身につけることができます。

5.子供たちのオンラインでの安全を守るための効果的な戦略は何でしょうか?

オープンなコミュニケーション、教育、ペアレンタルコントロール、プライバシー設定。

6.ソーシャルメディアを利用する子供たちに実践的な安全のためのヒントを提供できますか?

プライバシー設定を設定し、友達申請を厳選し、コミュニケーションを取る際には注意を払い、シェアする前に考え、報告とブロックを行い、開く前に情報を確認するようにしてください。

アクロニスのその他の情報