シンプルなライセンス体系 
年額¥ 61,500から 今すぐ購入 今すぐ試用

お問い合わせ 03-4572-2523

販売パートナーを探す
Acronis Backup 12 Advanced

Acronis Backup 12.5

VMware vSphere®

主な機能

企業のIT環境全体を保護

実績豊富な仮想環境の保護

独自機能
サポートされる6つのハイパーバイザー上の仮想マシンやホストに、エージェントレスおよびエージェントベースのバックアップと復元を実行することによって、データ消失リスクを低減します。
さまざまなハイパーバイザーと、物理マシン(P2V、V2V、V2P、P2P)またはクラウドとの間で移行できます。

WAN最適化によるVMware vSphereのレプリケーション


仮想マシンのコピーをセカンダリサイトに保持し、迅速なフェールオーバーとフェールバックを実現することで、VMware の仮想マシンのRTO(目標復旧時間)を短縮します。
WAN最適化機能を使用してネットワークのパフォーマンスを向上させます。

VMwareレプリケーションにおけるレプリカのシーディング


外付けUSBドライブ経由でリモートサイトに仮想マシンの初期レプリカをシーディングすることで、初期設定の複雑さを軽減し、WANの使用率を削減します。

SAN Storage Snapshot

Advanced
VMware® VMバックアップスナップショットをNetApp SANストレージにロードすることで、バックアップ処理による仮想インフラへの負荷を軽減できます。

エージェントレス、エージェントベース、ホストバックアップ


信頼性が高く包括的なVMware vSphere ESXiエージェントレスバックアップで、仮想マシンのすべてのデータを保護します。物理RDM、独立したディスクを使用していたり、iSCSIイニシエーターとなっている仮想マシンの場合は、エージェントをインストールして、ゲストレベルでバックアップを作成できます。
さらに、AcronisではESXiホストもバックアップされるため、仮想インフラの包括的な保護を実現します。

Changed Block Tracking


VMware Changed-Block Tracking(CBT)との統合により、バックアップ時間が大幅に短縮され、ネットワークの使用量や必要なストレージ容量が大幅に減少します。前回のバックアップ以降に行われた変更のみを保存し、高速な増分/差分バックアップを実現します。

業界最速の復元

Acronis Universal Restore


ベアメタルの物理、仮想、クラウド環境といった異なるハードウェアにWindowsおよびLinuxシステムを復元することにより、コストのかかるダウンタイムを最小限に抑えます。

Acronis Instant Restore

独自機能
WindowsまたはLinuxのバックアップをVMwareの仮想マシンとしてストレージから直接起動することで、最短15秒のRTOを達成します。必要に応じて、ダウンタイムなしでこの仮想マシンを本番利用のストレージに移動します。vMotionを使用する必要はありません。

Acronis vmFlashback


Changed Block Tracking(CBT)を利用してVMwareやHyper-Vの仮想マシンを短時間で復元し、前回のバックアップ以降に変更されたデータのみを復元することにより、RTOを短縮します。

VMware ESXiホストのベアメタル復元


ESXiをバックアップし、仮想マシンだけでなくシステム全体をバックアップ元や異なるハードウェアに復元することによって、インフラの復旧対策を強化します。

システム移行


さまざまなハイパーバイザーと、物理マシン(P2V、V2V、V2P、P2P)またはクラウドとの間でシステムを移行することによって、ビジネスの俊敏性を向上させます。

サンドボックス環境でのベリファイの強化

Advanced
標準やカスタムのスクリプトを使用してバックアップコンテンツをチェックサムで検証したり、バックアップを仮想マシンとして実行することで復元性を検証し、復旧を確実に成功させます。

柔軟なストレージオプション

ローカルディスク、NAS、SAN


ローカルおよびネットワーク上のディスクストレージをサポートすることによって、個々のシステムのRTOを短縮し、詳細単位の復元を高速化します。バックアップサーバーやメディアサーバーの構築は必要ありません。

テープドライブ、オートローダー、テープライブラリ

Advanced
メディア管理、テープローテーション、保持ルールをサポート。ローカルや集中管理されたテープデバイスにバックアップを保存できます。

Acronis Cloud Storage


14を超えるセキュアなアクロニスクラウドデータセンターのいずれかにバックアップを保存することにより、あらゆる災害からの復旧を確実にし、データの所在を常に管理できます。

可変長ブロックサイズの重複除外

Advanced
ディスクストレージ容量とネットワーク帯域幅の使用量を低減し、効率的でリソースに負荷をかけないインラインおよびグローバル重複排除を使用して、より多くのシステムを保護します。

直感的でスケーラブルな管理

集中管理コンソール


タッチ操作可能なWebベースのコンソールを使用して、IT部門の運用負荷を軽減します。タブレットなどのさまざまなデバイスからWebコンソールにアクセスできます。

部署や支店単位のバックアップ管理

Advanced
部署や支店単位で管理者を作成し、管理権限を委譲できます。

カスタマイズ可能なダッシュボード

カスタマイズ可能なダッシュボードを使用してインフラ全体の状況を迅速に把握できるため、問題をすばやく解決します。

高度なレポート機能

Advanced
カスタマイズ可能な定期レポートにより、インフラ全体のバックアップ状況を一目で確認できます。

革新的なデータ保護

Acronis Active Protection™

独自機能
データやシステムをランサムウェアによる攻撃から保護し、ファイル、バックアップデータ、バックアップアプリケーションの不正な改変を検知・遮断します。
詳細

Acronis Notary™

Advanced 独自機能
ブロックチェーン技術により、バックアップデータの整合性や非改ざん性を保証します。
詳細

Acronis ASign™

Advanced 独自機能
ユーザー、サプライヤー、顧客との伝達ミスを減らし、ブロックチェーン技術を使用した署名機能によってファイルの信頼性を向上します。

強力な暗号化


バックアップとメタデータをソース側でAES-256暗号化し、ユーザー本人のみが知るパスワードで保護することによって、データのセキュリティを向上させます。

競争の激しい環境に囲まれた当社にとって、あらゆる技術情報を守るためには最新のソフトウェアを使用することが不可欠です。Scuderia Toro Rossoは、Acronis Backup 12の発売を歓迎しています。この製品により、私たちに必要な高レベルのデータ保護と柔軟性が実現するからです。

SCUDERIA TORO ROSSO SCUDERIA TORO ROSSO FORMULA 1レーシングチーム、IT責任者