すべてのマネージドサービスプロバイダー(MSP)がディザスタリカバリソリューションに投資すべき理由とは?

Cyber Protect Cloud

マネージドサービスプロバイダー(MSP)として、顧客にOS、アプリケーション、データベース、ネットワーク、エンドポイントの管理や、セキュリティ、コンプライアンス、バックアップの確保など、顧客のITインフラの一部または全部をリモートで管理するように様々なITリソースを提供します。多くの企業は、より安価なオプションとして、あるいはより重要な理由として、より複雑でミッションクリティカルなIT機能をサポートするための適切なツール、専門知識、ベストプラクティスを持っているという理由で、貴社のサービスを購入します。

ディザスタリカバリは、企業が理解し、取り組まなければならない新たな課題です。企業のディザスタリカバリとは、災害や事業中断が発生した後、組織を軌道に乗せ、可能な限り迅速に業務を再開するためのプロセスです。企業にとって事業の中断は、特に重要な資産、アプリケーション、または収益を生み出すサービスに影響を与える場合、非常に大きなコストとなります。このような企業にとって、企業の災害復旧計画を策定することは、事業の中断を防ぎ、災害時に中断したアプリケーションを迅速に復旧させるための重要なステップです。しかし、復旧時間目標(RTO)と復旧時点目標(RPO)を定義し、これらの目標を達成するためのプロセスを導入することは、困難な作業となります。だからこそ、 自社の製品ポートフォリオにDRaaS(Disaster Recovery as a Service「ディザスタリカバリ・アズ・ア・サービス」)を加えるべきなのです。現在、36%の企業がDRaaSを利用していますが、この数字は今年中に58%まで上昇すると予想されており、マネージドサービスプロバイダ(MSP)にチャンスをもたらしています。

DRaaSを利用すれば、顧客はハードウェアやソフトウェア、ITの専門知識に投資して、社内でディザスタリカバリ戦略を策定、テスト、実行する必要はありません。その代わりに、お客様のシステムとデータをクラウド・インフラに複製し、フェイルオーバーとフェイルバックのプロセスを指揮するサービスを提供します。

2020年にリモートワークへの移行が進む中、災害の一種であるサイバー攻撃に備えるための十分な資金があると考えている企業は45%に過ぎず、また、攻撃者から適切に身を守るための専門知識を持っているスタッフは39%に過ぎません。DRaaSは、企業がデータを保護するための安価で確実な方法を提供します。

DraaSベンダーにとってのメリット

ディザスタリカバリソリューションプロバイダーとして、災害発生時に顧客のワークロードを保護し、ダウンタイムを制限し、復旧時点目標(RPO)を短縮することができます。しかし、 DRaaSプロバイダーとして組織が実現できるメリットを考えてみましょう。

収益の増加

より多くのサービスを顧客に提供することは、追加の収益を実現し、ユーザー1人当たりの平均収益を向上させることにつながります。

ディザスタリカバリを含むサービスを提供しているマネージドサービスプロバイダー(MSP)は、バックアップサービスのみを提供している場合と比較して、収益が80%増加しています。

あなたはすでに、マネージドバックアップサービスを顧客に提供しています。DRaaSは次の論理的ステップです。実際、既存の顧客に販売する可能性は60~70%高く、新規の見込み客に販売する可能性は5~20%です。つまり、ディザスタリカバリのクロスセルやアップセルをしていなければ、お金を無駄にしていることになります。

顧客定着率の向上

顧客にDRaaSソリューションを提供していなければ、顧客は他に移ってしまうでしょう。バックアップ用のマネージドサービスプロバイダ(MSP)とDRaaS用のマネージドサービスプロバイダを別々に契約しようとする企業はありません。顧客を維持し、新規顧客を獲得するためには、バックアップとディザスタリカバリの両方を含む、エンドツーエンドのデータ保護サービスを提供する必要があります。

競争力の強化

DRaaSをサービスポートフォリオに加えることを検討するのに、収益の増加や顧客維持率の向上だけでは不十分な場合、次のことを考えてみてください。サービス・ポートフォリオを充実させる必要がありますが、DRaaSの提供がなければ、組織は競争に勝つことができません。

お客様のための完全なマネージドITサービスソリューション

DRaaSを製品ポートフォリオに加えると、別の独立したサービスを追加することになり、チームは別のアプリケーションやインターフェイスを管理しなければならないと考えるかもしれません。しかし、マネージドサービスプロバイダー(MSP)向けに開発された最新のデータ保護ソリューションは、バックアップやディザスタリカバリを含む統合されたサイバープロテクションを提供し、Webベースの単一の管理コンソールを使用して顧客のすべてのニーズを満たすことができます。

マネージドサービスプロバイダー(MSP)向けAcronisディザスタリカバリソリューション

アクロニスは、Acronis Cyber Cloudの一部として、顧客のワークロードを保護できるディザスタリカバリソリューションを提供しています。災害が発生したときには、Acronis Cloud で即座にシステムをスピンアップし、顧客のシステムやデータをどこでもリストアすることができます。保証された復旧時間目標(RTO)と復旧時点目標(RPO)のサービス・レベル・ア グリーメント(SLA)を15分以内に達成することができます*。

すでにAcronis Cyber Backup Cloudサービスを提供している場合は、Acronis Cyber Disaster Recovery Cloudを追加するだけで、災害発生時に顧客のデータをすぐに利用できるようになります。他にインストールするものはなく、追加のハードウェアも必要ありませ ん。さらに、お客様のチームは他のプラットフォームやベンダーを追加、学習、管理する必要はありません。ディザスタリカバリは、単一のユーザーインターフェースを必要とする完全なサイバー保護プラットフォームの一部です。

DRaaSプロバイダーであるAcronis Cyber Disaster Recovery Cloudは、お客様のデータ保護サービスを戦略的に強化します。データが保護されているという安心感を顧客に提供することができ、どのような災害に見舞われてもダウンタイムを最小限に抑えてビジネスを継続することができます。

アクロニスのその他の情報