マネージドサービスプロバイダがサイバープロテクションの優位性でクラウドビジネスを差別化する 方法

Acronis
Cyber Protect Cloud

今日、ダウンタイム・コストの上昇、データ・プライバシーへの懸念、 コンプライアンス違反に対する罰則、そして進化し続ける新たなデジタル・セキュリティの脅威は、ビジネスマネージャーやサービスプロ バイダーにとっても同様に重大な問題となっています。顧客は当然のことながら、最新のデータ脅威を懸念しています。 

実際のところ、データ保護とサイバーセキュリティの境界線は曖昧になってきており、データを安全に保つためにはバックアップ以上のものが必要であり、すべてのソリューションが同じように作られているわけではありません。間違ったソリューションを使用すると、顧客のビジネスだけでなく、マネージドサービスプロバイダーのビジネスも左右する可能性があります。 

幸いなことに、明るい兆しがあります。ビジネスを継続的に運営するという約束を果たすMSPは、際立っています。次世代のデータ保護(サイバープロテクション)を活用することで、MSPはそれをより簡単に行うことができるようになります。

Acronis
msp cyber protection

データ保護とサイバープロテクションの違い 

従来のデータ保護がバックアップとリカバリに焦点を当てているのに対し、サイバープロテクションはさらに進んで、データに対するあらゆる現代的な脅威に対処します。サイバープロテクションは、5つの中核的な特徴に対応しています。 

1. 安全性の確保(Safety):ビジネスデータの信頼性の高いコピーを常に利用 きるようにすること  2. アクセシビリティ(Accessibility):ビジネスのデータをいつでもどこからでも簡単に利用できるようにすること  3. プライバシー (Privacy):企業データの可視性とアクセスをコントロールすること 4. 真正性(Authenticity):コピーがオリジナルの正確なレプリカであることを証明する簡単な方法を提供すること 5. セキュリティ(Security):脅威や悪意のあるエージェントからデータを保護すること。

安全性とセキュリティを高めることは、アクセシビリティや生産性を低下させる必要はありません。 

オフサイトの防火金庫にハードドライブを入れておくように、データを非常に安全なものにすることはできますが、まったくアクセスできないようにすることもできま す。またプライバシー設定を増やすこともできますが、同時にセキュリティシステムがデバイスを徹底的に監視することを防ぐこともできます。 

実質的に言えば、このようなトレードオフを受け入れることは不可能です。だからこそ、すべてのベクトルのバランスをとるためには、統合されたサイバープロテクションソリューションが不可欠なのです。

 具体的には、人工知能(AI)のような高度な技術を統合したサイバープロテクションソリューションは、ランサムウェアからデータを守るために積極的に働き、ランサムウェアの攻撃を食い止めることができます。また、AI技術はバックアップファイルだけでなく、バックアップエージェントやシステムも悪意のある攻撃から守ることがで きます。つまり、データは安全で、アクセス可能で、プライベートな状態で、一度に安全な状態にすることができるのです。一方、ブロックチェーンベースのファイル公証ソリューションは、データの真正性を保証し、顧客がコンプライアンスを維持し、 ペナルティを回避するのに役立ちます。  5つのベクトルすべてに焦点を当てたSAPASの頭文字をとって知られるサイバープロ テクションでマネージドサービスプロバイダは、何も妥協することなく、現代の脅威からの保護を確実にするソリューションをシームレスに提供することができます。   

複数のサイバープロテクションソリューションを1つに

Acronis Cyber Cloudは、サービスプロバイダ向けに構築された単一のサイバープロテクションプラットフォームで、バックアップ、ディザスタリカバリ、ファイル同期と共有、公証サービス、電子署名サービスを提供し、すべてを単一のコンソールで管理 ます。 

  • Acronis Cyber Backup Cloudは、サービスプロバイダ向けに信頼性の高いハイブリッドクラウドバックアップソリューションを提供し、20以上のプラットフォームをいつでも、どこでも、誰よりも早く保護します。Acronis Active Protectionを内蔵し、ユーザーは業界で最も高度なAIベースのランサムウェア対策を利用することができます。 
  • Acronis Cyber Disaster Recovery Cloudは、ITシステムやアプリケーションの迅速な復旧を保証します。ターンキーのセルフサービスソリューションであるAcronis Cyber Disaster Recovery Cloudは、顧客のワークロードを保護し、Acronisのクラウドインフラストラクチャを利用してビジネスを継続することを可能にします。
  • Acronis Cyber Files Cloudは、セキュリティを犠牲にすることなく、使いやすいクラウドファイル同期・共有ソリューションを提供することで、プライバシーの懸念に対応しています。 
  • Acronis Cyber Notary Cloudは、ビジネスに不可欠なデータの完全性を保証し、 サービスプロバイダ専用に設計されたファイル公証、電子署名、検証のための唯一のブロックチェーンベースのソリューションです。 

サイバープロテクションは独自の利点を提供しています 

お客様のソリューションがコモディティ化されたデータ保護ソリューションを超えて、現代の課題に対応することができれば、より簡単に目立つことができます。完全 なサイバープロテクションソリューションがあれば、MSPは単純なバックアップ以上のものを提供し、提供するものを差別化して成長するための優位性を得ることができます。 収入を増やし、解約を減らすためには、バックアップの基本と、他の関連サービス (ディザスタリカバリやファイルの同期と共有など)の利点について、顧客に教育するだけです。このプロセスは、専門知識を示すと同時に、顧客の購買意欲を高めます。あなたのMSPビジネスは、これらの貴重なサービスを提供するための設備をすでに備えているため、顧客からの評価と将来の紹介をさらに高めることができます。 

最終的な考え 

データを完全に安全に保つ統合された高度なテクノロジーは、サービスプロバイダが災害に見舞われたときに「その日を救う」のに役立ちます。Acronis Cyber Cloudを使用すると、MSPは簡単かつ効率的に作業して、完全で安全なバックアップを提供することができます。  ニーズと顧客の両方を念頭に置き、今日の課題に対応するように設計された単一のプラットフォームを使用して作業する方法の詳細については、こちらをご覧ください。 

E-Bookをダウンロード

アクロニスのその他の情報